子連れで一時帰国 〜復路〜

気がついたら前回のブログから1ヶ月以上も経ってました。

楽しかった日本への一時帰国も終了し、後ろ髪を引かれる思い出イギリスに戻ってまいりました。。。

前回往路の飛行機のバシネットについて書いてみましたが、帰りは同じブリティッシュ・エアウェイズですがバシネットの位置に取り付けるタイプのベビーチェア(?)を用意してもらいました。

こんなの
BA_carrycot03.jpg
ただしこれは足元のバーが少し浮いてて、本来あるべき位置よりもリクライニングしてしまってる状態です。

この状態でよっちゃん昼寝してくれたんだけど。
後で気がついて本来あるべき位置に座面を戻したら、よっちゃん全然寝てくれず母ちゃんは苦労しました(涙)

一番座面を起こすとこんな感じ
BA_carrycot04.jpg

でも行きの箱形バシネットよりは、こちらの方が子供の出し入れはしやすかったです。
ベビーチェアについてるハーネスの留め金のプラスチックが少し割れてて、とっても止めにくかったですけども。


さて今回の一時帰国は、4月上旬まで日本にいられるたので期待したのは桜の花。
ちょうど満開が見られることを期待してたのですが。。。

3月22日に東京が開花宣言したにもかかわらず、それから寒くて全然桜が開かない。
4月に入っても3分咲き行くかどうかという微妙なところで。

帰る前日も近所はこんなかんじ
2017blossoms01.jpg

ワタシはもっとこういうのが見たかったんですよ
2017blossom03.jpg
(数年前の千鳥ヶ淵)

しかも。
イギリスに戻って来てみれば、イギリスは3月がポカポカ陽気だったみたいで既に葉桜になりかけてる。
どちらも満開を見逃したのです。

ワタシ、昔から花見には人一倍気合い入れて参戦するタイプでして。
誠に無念。

あとは、今回の一時帰国は初めての乳児連れということで、思わぬ粗相等に備えてスーツケースの半分くらいが子供の着替え。
しかもイギリス帰国の数日前におむつパックを使い切って新しいパックを購入したので、大量のおむつが余っており。
これを実家に置いておいてもしかたがないので、帰りのスーツケースは子供の着替え&おむつでスーツケースがほぼいっぱいという展開。

貴重な日本食がほとんど持って帰って来れなかった。。。

2017spring02.jpg
誰も見たくないかもしれませんが、クッション材がわりにおむつを敷き詰めたスーツケースの写真も載せておきます。

夫のTは仕事の都合で3月の後半からワタシ達に合流したのですが、帰りの飛行機は同じ便の値段がべらぼうに高かったので別便にて一日早く帰国して、ワタシ達の帰国便に合わせて空港に向かえに来てくれました。

ということで、結局行きも帰りもよっちゃんと2人で飛行機搭乗となったのですが、客室乗務員の方々がかなりいろいろと気を使ってくれたのと、よっちゃんがまあまあ良い子でいてくれたので、なんとかなりました。
しかも帰りの便では、少し空席があったので3人掛けの中央にワタシの席を取って両隣を空席にしてくれるという粋な計らい。
バシネット取り付け可能な席は足元に荷物が置けないので、隣を空席にしてもらったのはすごい助かりました。


余談ですが、今回の来日でTがブルボンのルマンドを大変気に入り、ワタシが帰る時の荷物にルマンドを持てる限り買って来て欲しい、との要望があり。(Tの荷物にもすでにルマンド入ってマス)
スーツケースは既にパンパンで、ルマンド詰め込んだら粉々になりそうな様子だったので、仕方なく手荷物でルマンド持ち帰り。
だもんで、機内持ち込み手荷物の中身はほぼおむつとルマンドという異例の事態。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ハコ入り娘 〜子連れで一時帰国〜

ただいま日本に滞在中。

5ヶ月半のよっちゃんを連れての里帰り。
よっちゃんにとっては初めての飛行機&外国へ。

と言ってもよっちゃん本人はよく分かってないですが、母ちゃんはもう準備段階からドキドキ。
今回は1ヶ月程になる里帰りなので、Tは後半の2週間程合流する予定。
ということは、行きはワタシとよっちゃんの2人で12時間近くのフライトを過ごすのです。

ちょっと高いけど飛行機は直行便で。
だって乳児連れで乗り継ぎなんて、なんだかハードル高くて。

使ったのはBritish Airways。
座席の予約時にバシネットが付けられる席を予約。
バシネット自体は搭乗時に客室乗務員にいうと、離陸後に取り付けてくれました。

BAのバシネット、こんな感じです。
BA_carrycot01.jpg
ベビーベッドっていうよりは箱ってかんじ。

この写真は座席に座った状態で撮ったんだけど。
見ての通り、位置が高いので座席からは中が見えない。

ワタシのように160cmもない小柄な人には、赤ちゃんを中に入れるのも、よっこらしょっと持ち上げないと入れられない。

中に入ったよっちゃんは
BA_carrycot02.jpg
こんな状態です。
この箱を固定するベルトが顔のところにかかってて、邪魔&赤ちゃんを入れにくい作りになってます。

とは言え12時間近いフライトで、よっちゃんは半分ぐらいはこのバシネットの中で寝てくれたのでだいぶ助かりました。
このバシネット、航空会社によって規定は違うようだけどBAでは12kgくらいまでの赤ちゃんだったら入れられるようにはなってますが、5ヶ月半のよっちゃんが入って上下パツパツ。

もう少し大きい赤ちゃんにはチャイルドシートの貸し出しがあるようなので、よっちゃんも帰りはそちらにしようかと考えてます。

今回空港まではTが送ってくれて荷物のチェックインも手伝ってくれたし、搭乗口までベビーカーを持ち込めたし(ただし畳んだ時に航空会社指定のサイズに収まる大きさのもの)、日本の空港には両親が向かえに来てくれたので、荷物はそれほど苦にならなかったのですが。

到着荷物を受け取ってから到着ロビーにでるまでの、ベビーカーとスーツケースを両方引いてた短い期間にちょっと無理をしたようで、出産後から煩っていた手首の腱鞘炎が悪化してしまいました。。。

それにしてもよっちゃん、生後半年経たずに海外旅行かぁ。
ワタシの初海外旅行は19歳、初飛行機は20歳の時だったのになぁ。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

春の先駆け

何やらやたらと風が強いと思ったら、嵐が吹き抜けて行ったイギリス。

でもここ最近は寒さが和らいで、ちょっとずつ春の気配を感じる。

先日散歩してたらクロッカスの群生
2017spring01.jpg

まだ2月だけど、だんだん日が長くなってくるのを感じるし。
もうすぐ春だなぁ。

なんて思ってると、また急に冷え込んだりするかもしれないけど。

最近1日は長く感じるのだけど、1ヶ月経つのは何だか早い。
気がつけば、よっちゃんが家族に加わってからもうすぐ半年。

ヤバい。
保育園探しとか全然してない(←だいぶ出遅れてる)
仕事復帰のプランも考えておかなくちゃ。

と内心焦ってる部分もあるのですが。


取りあえずこんなに長い休みが次にいつ取れるか分からないので、来月から1ヶ月くらい日本へ帰国します。
日本で桜がみたいなぁ。
まだ物心ついてないけど、よっちゃんにも生まれて初めての春に日本の桜を見せてあげたい。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

身長測定、体重測定

よっちゃんが生まれてすでに5ヶ月。

3.5kg越えで生まれてきた大きめベイビーだったのに、気がつけば5ヶ月経つ今はようやく6kgいくかどうかという、かなり小さめベイビーなよっちゃん。

未だに3ヶ月用の赤ちゃん服を着てたりします。

そんなよっちゃんの小粒っぷりが気になる母ちゃんは、2週間に1回くらい体重測定に行ってしまいます。

イギリス全土で同じサービスがあるのかは分からないけど、うちの近所では週に1度チルドレンセンター(児童館のようなもの?)に保健師さんが来て赤ちゃん用のクリニック及び体重測定をしてくれるのです。

特にいつ来て下さいとは言われないので、赤ちゃんの体重測りたくなったら、自主的に行くシステム。

よっちゃんの体重の伸び率はスローペースだけど、保健師さんには毎回「小ちゃいけど肉付きもしっかりしてるし。骨格がもともと小さい子なのよ。ほら、お母さんも小さいし」と、とくにミルクを増やしたりする必要もないとは言われるので、そんなものかとは思ってますが。

気になるのは、体重測定は毎週でもしてくれるけど、身長の測定は全然しない。

よっちゃんが身長を測ったのはGPでの8週目の検診の時に1度きり。
でも、そもそも生まれた時の身長がわからないので、どれくらい伸びてるのかさっぱりわからない。

出産に立ち会ったTは、生まれた直後によっちゃんが身長も測定されてるのを見たと言うのだけれど。
手元のイギリス版母子手帳ともいうべきノートの出生時の身長は無記入。

子供の発育具合とかって、身長と体重の比率でみたりしないのかな。
という疑問の残るイギリスの子供の健康診断。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

大胆なプラウマンズランチ

先日ワタクシの誕生日がありまして。

今年は義両親が気をきかせて、週末の昼間によっちゃんのベビーシッターをしてあげるから、Tと2人でゆっくりとランチでもしてきたら?
ということで、お言葉に甘えて久しぶりにTと2人で外食。

とは言っても、遠出するのは面倒だし、下調べも予約も何もしてないので。
先日発見した、ちょっと田舎の丘の上から湖を見渡す眺めの良いガストロパブみたいなところに行ってきました。

発見したときは、ちょっと飲んで帰ったので食事をするのは初めてなのですが。
パブからの眺めが最高で、スタッフの接客もとても良かったし、メニューを見る限り料理も美味しそう。

ランチ当日になって、義父が風邪で寝込んだので急遽義母が1人でベビーシッターを引き受けてくれ、初めてよっちゃんを残しての外出。
よっちゃん、数時間でいいからいい子でいてくれ!と念じながら家を出ます。

さて、車で15分ぐらい走ってパブに到着。
12時くらいと早めだったけど、すでに予約席なども含めてほぼ満席。

予約なしだったワタシ達はギリギリでドアのすぐ横だけど席に通してもらえました。

早速前菜から。
Tはバジルのパンナコッタ、ワタシはパンフライの帆立とBorage(ルリジサ)のリゾット添えを注文。
お洒落な響きのわりには、なんか普通だったというか。
ちょっとリゾットがドライなかんじで、Borageの風味はよく分からず。

でメインに、ワタシは魚料理を。
Tはプラウマンズを注文。

プラウマンズランチ(Ploughman's)というのは訳すと農夫のランチとなるのかな。
パンにチーズやハムやピクルスなどが付く、温めなくても食べられるようなコールドミールで、パブのメニューなんかでもよく見かけるんだけど。

こちらのパブのメニューには以下のような内容
Ploughman's - Butler's Secret Cheddar and Smoked Oakwood Cheddar with ham, bread, apple, pickled onion, celery and chutney


出てきたら、盛りつけが思いのほか大胆
ploughmans01.jpg

裏から見ると
ploughmans02.jpg

主役はリンゴかと思った。
メニューには書いてなかったトマトの存在感も大きい。
でも、パンの厚みに対してチーズが薄い気も。
これだったらいっそリンゴは切らずに丸ごとでも良かったよね、とT。

T曰く「ハムは美味しかった」そうだけど。
盛り盛りの玉ねぎのチャツネはかなり甘いし、そのうえTが「スモークチーズが実は苦手」というので(じゃあなんで注文した)と思いながらもスモークチーズ半分以上ワタシが食べたし。
そうなると、リンゴとトマトとセロリをひたすらかじるランチ。

あれ、プラウマンズランチってこんなのだったっけ?

10ポンド近く取るんだったら、もうちょっとお肉とチーズのっけてあげて下さいよ。
というのがワタシの感想です。

まぁでも久しぶりに2人で外食したね、ということで早々と帰宅。

「ずいぶん早いランチだったわねぇ。」と義母には言われましたが、それなりに気分転換になったし、よっちゃんもいい子にしてたようで、まぁいいや。


と、ランチの話はここまでなのですが。


ここで話はまったくかわって。

先週用があって、Tが以前に住んでいた東ロンドンの家に立ち寄ったらパブ猫パッチに遭遇。
相変わらず庭をパトロールして、ちょっと入りたそうな様子でドアの前にしばらく座ってた、と。

pubcat26.jpg
(過去の写真)

あー、パッチィィィィーーーーー!!!
結局シッポ踏みの弁明を聞いてもらえず、そのまま引っ越して会えなくなっちゃったけど(涙)
元気でやってるんなら、ワタシは嬉しいデス。
pubcat14.jpg
(懐いてた頃のパッチ)

久しぶりにパッチの近況が知れてよかった。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR