4年目

東日本大震災から4年。
今回は思うところもあってちょっと長くなりそうだし、内容も硬いです。

この地震は4年経った今でもワタシの中に実感としてある。

例えば、規模で言ったらスマトラ沖の地震やハイチの地震などもっと被害が出た自然災害もたくさんあったけど。
悪い言い方だけど、正直に言えばそういうのはどこか「対岸の火事」みたいなところがあった。
実感としては薄いのです。

それは、20年前の阪神淡路大震災だってそうで。
ワタシの父方の親戚は神戸や大阪に多いけれど、親戚にはそこまで被害がなかった事もあって、メディアをとおして甚大な被害を見て心を痛めたり悲しみに共感しても、そこにあった『怖さ』にまでは思い至らなかった。

3年目の時に書いたけど、東日本大震災では、地震を体感し帰宅難民になり家族との連絡もままならず、実感としての災害があった。

さらには立て続けに水素爆発を起こして、何がどうなってるのか実状が分からない原発。
何か起ってから逃げても遅い、と思いながら不安の中で日常の体裁を整えて過ごしてたけどホントはとっても怖かった。

毎日ネットで外国(日本でそういった情報を出してる機関がなかったので)のサイトの放射線拡散予測を確認して、放射性物質が多くなりそうな日には厳重に家の窓を閉め、マスクをして通勤したし、当時(今もしてるのかな)公開してた福島第一原発それぞれの炉内の温度を表すグラフも毎日チェックして、高温で推移する1〜3号機に不安を募らせたりしてた。
それに対して関係機関は「すぐに人体に影響のないレベル」を繰り返すだけ。

ワタシの住んでた市町村でも、授乳中のお母さんの母乳から放射性物質が検出されたりして小さくニュースになってたけど、すべては「すぐには人体に影響のないレベル」。
こうなると、かえって不信感と不安が増す。

園子温監督の原発事故をモデルにした映画『希望の国』の中に、放射能恐怖症となって近所のスーパーへの買い物にも防護服を来て行く主婦が出てくる。
実際にはそんな行動に出ないけど、その気持ちはよくわかる。

ワタシみたいな、首都圏に住んでてたいした被害がなくてもこんなに不安だったんだから、被災地で津波に巻き込まれ、家族をなくし、生活基盤の全てをなくした方、原発事故で避難を余儀なくされた方など被災地の方達の事を思うとかける言葉が見つからないし、一触即発の原発で作業にあたってた作業員や自衛隊の方には心から感謝して頭が上がらない。


4年経った今、被災地のインフラのほとんどは復旧したけども、去年3%程だった災害公営住宅の整備は今も20%に満たないまま、来年で『集中復興期間』が終了する。

地震や津波などの自然災害は、これは避けて通るのは難しいとも思いますが。
その後に起った原発事故は人災だと思うし、それに対して政府や東電がベストの対応を尽くしたのかと言ったら、疑問は残るとは思う。

先の見通しが全く立たない原発の事故処理を抱えて、「全てはコントロール出来てる」と海外に向けて発信する首相にも、つい先日も1年近く港湾外に高濃度の汚染水が流れてるのを知りながら公表してなかった事が発覚した東電にも不信感はいっぱい。

いまや日本から遠く離れた外国に住んでるワタシが言うのもナンですが。


安倍首相は2020年の東京オリンピックは復興五輪として被災地復興のアピールをしたいと公言しているし、前出の「全てコントロール出来てる」も五輪招致の際の発言だったと記憶してますが。

こうなったら、ここはひとつ是非とも有言実行でお願いしたい。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

久しぶりの日本にて

ちょっと放置気味で久しぶりのブログになってしまいましたが、3週間の日本滞在を終えてイギリスに戻ってきました。

日本での3週間はあっという間でしたが、戻ってきてみたらロンドンも年末に比べてだいぶ日が長くなった気がする。
気温はまだまだ寒いですけどね。

久しぶりの一時帰国では、毎度のことながら最初のうちは赤信号を無視して渡って白い目で見られたり、エスカレーターで逆に立ってたり(東京近郊)、お店で店員さんに話しかけられて返す敬語がぎこちなかったりするわけですが。
帰る頃には、まだまだやり残したこといっぱい。
未練タラタラのままスーツケースの半分以上に食べ物をギュウギュウに詰め込んで戻ってきました。


実はワタクシ、今年は厄年。
正月の三箇日は厄払いにご利益のありそうな寺社仏閣を渡り歩こうかとも思ったのですが、友人の提案で「あそこに行けば国宝級の仏像がたくさんある」ということで。
年明け早々、東京の国立博物館に初詣(?)に。

気合いも入れて、着物で出陣。
数ある仏様に手を合わせて拝んできました。

JPNY02.jpg
こちらは、たしか国宝にもなってた十二神将。
迫力あります。

特に商売繁盛の神様、大黒様には念入りに手を合わせてきました。

でも周りを見ると、どんなに神々しい仏様でも博物館で拝んでる人ってあんまりいないですね。
一説には、博物館などの仏像は魂を抜いてあるそうですが、長いこと信仰の対象になってきたのだからやっぱり何か宿ってそうな気はするのです。


さらに久しぶりに行ってみた場所。
水族館。
JPNY01.jpg

ロンドンにもロンドン水族館なるものがあるのですが、入場料26.50ポンド(2015年1月現在。日本円で5000円弱くらい)とびっくりのお値段。
値段を確認しただけで、ワタシは未だ入ったことのない場所です。

しかし日本の水族館で魚を見ていると、聞こえてくるのは
「この魚たべられる?」とか
「この魚、煮付けにすると美味しいよね。唐揚げもいいなぁ」とか。
伊勢エビの水槽を前に「美味しそー」と声をあげてる方もいました。

前にロンドンで、熱帯魚や観賞用の魚などを置くペットショップに行った際。
ウニを見て「美味しそう!」とコメントしたワタシに、夫のTからは「これだから日本人は・・・」と返されましたが。
今回水族館に行ってみて実感。
ワタシの感性は120%日本人ですとも。

でも後日ニュースで、ここの目玉でもあるマグロやカツオの回遊する大水槽の魚が、去年12月のアタマには165匹もいたのに、今月20日の時点で7匹に激減。
原因不明の魚の大量死ということで、いろいろ心配です。


後はもう、久しぶりに会う友人達と夜な夜な飲み歩いたり。
居酒屋最高。
楽しかったなぁ(遠い目)

そして、そんな友人と入った串カツ屋にて、珍妙な食べ物発見。
JPNY04.jpg

見た目はシイタケの串揚げのようにも見えるこちら、オレオの串揚げ。

お品書きに肉や野菜に混じって『オレオ』とあったので、何が出てくるんだろう、と頼んでみたところホントにオレオが揚がってきた。

お味の方は、思った程悪くはなかったけど。
とても甘い。
香りも甘い。

でもなんていうか、その『オレオに衣つけて揚げてみようか』というチャレンジ精神がすごいな・・・と。
恐るべし、ジャパニーズB級(C級?)グルメ。


しかし厄年とはいいつつも、特に厄払いもしないまま今のところ今年の出だしは快調。

祖母がわざわざイギリスに出してくれた、たった一枚のお年玉付き年賀はがきで見事切手シートが当たった。
くじ運のないワタシにしては上出来。
あとはこのハガキをどうやって7月の期限までに引き換えようか。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

バースデーBBQ

ちょっと前の事ですが、7月末に義母と義次姉の夫の誕生日があり(同日)週末にまとめてお祝いをかねて義両親と義姉家族と一緒にバーベキューしてきました。

このところ、こちらのブログでBBQネタが多くなってますが。。。

いいんです。
出来る時にしておかないと、あっという間に寒くなって、どんより雨ばかりになってしまうのでね。


土曜の朝からBBQの買い出しに、義両親宅の近くのMorrisonsへ。
Morrisons、普段は全然利用しないんだけど、ここ魚介類がなかなか充実。
生のタコとか丸々一匹売ってるのね。

いいなぁ。
ウチの近くにもないかなぁ、と思ってあとで調べたら、最寄りのMorrisonsまで5kmくらい。
ちょっと遠いなぁ。。。残念。

前回、お家BBQで美味しかったので味をしめた焼き鳥と焼きイカ再び、ということで鶏もも肉とイカを購入。
ついでにちょっと奮発して大きなブラックタイガーも購入。
義母宅に大きな鱒も1匹あるというので、魚介系の多いBBQ。

あとはサラダやグリル用の野菜なども用意。


bdaybbq01.jpg
今回も焼き鳥ダレを作りました。
特に焼きイカにタレを絡めたものが、Tの絶妙な焼き加減もあって義母と義姉には大好評。

先日作ったレモン胡椒(詳しい記事はこちら)を増量して持参したのですが、これも義母には大好評。


この日はあいにく来られなかったけど、前日に義弟から義母にプレゼントされたスパークリングワイン。
bdaybbq02.jpg
イギリスはケント産のワインです。
ちょっとお相伴にあずかりましたが、美味しかったのであとで調べたら結構いいお値段!


と、書いてるとこのBBQなかなかうまく行ったようですが、実はもう1人のバースデーボーイでもある義兄の反応がイマイチ。
というのも、この人極端な野菜ぎらいで。
サラダや野菜のグリルには一切手をつけず。

せっかくのブラックタイガーもちょっと身をかじって、あまり好きではなかったらしく。
(ワタシにとっては、身もぷりぷりで、エビ味噌も詰まってて、なんてもったいないとおもうのですが)

イカも最初から「苦手だから・・・」ということで。
焼き鳥を少々と、ホイル焼きにした鱒を少々食べただけ。

以前に義姉が「カップルでベジタリアンの友人宅で一緒に夕食をする事になったんだけど、この人(義兄)が一切なにも口にしなくて、すごく気まずくなった」とぼやいてたので、筋金入りの野菜嫌いだとはわかってたのですが。

うーん。
ベジタリアンの人がいる時はメニューに気を使うけど、野菜嫌いの人がいる時もなかなか難しい。
何しろ自分は野菜も食べたいので。

以前に友達と集まってやったBBQはこんなかんじで
meatybbq01.jpg
種類はいろいろあるけど、とりあえず肉オンリー。
でも、イギリスのバーベキュー、ワタシの周囲ではだいたい毎回こんな感じ。

さすが狩猟系民族だ。。。
と感心しながらも、ワタシの胃にはちょいとオモい。

けど、これしか食べられないのだったら仕方ない。

義兄が野菜も嫌いだけど魚介も苦手とわかったので、次回は肉と、彼の唯一食べられる野菜=ジャガイモを用意しておきます。


こんな風に、たまに会う人だったら自分が相手に合わせればよいけど。
でも、ワタシは食べ物の好みが合わない人とは結婚どころかお付き合いも無理。

と、改めてなんでも食べるTがありがたいと思った次第。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

日本のこと

先日特に用事もなく1人で週末を過ごすことがあって、ヒマだったけど友達の少ないワタシはTの次姉の家に遊びに行きました。

ちょうどTの長姉も甥っ子2人連れて遊びに来ていて、昼間は子供連れて公園に遊びに行ったりしたのだけれど、夜は子供達を寝かしつけてから、長姉、次姉、次姉の夫と晩ご飯。

その時、次姉の夫から「日本人である君に聞きたいことがあるんだけど」と改まって質問。
さらに「もしかしたら、PCじゃないかもしれないんだけど」と言う。
横にいる長姉、次姉から「だったら聞かなけりゃいいじゃないのー!」とヤジが飛ぶ。
このPCってPolitical Correctness、もしくはPolitically Correctのことで要は偏見や差別のない公平な、ということ。

日本人のワタシに対して、偏見もしくは差別になるかも、な質問?
なんでしょう?
と、ちょっと構えてしまいましたが。

「カミカゼについてどう思う?日本人はカミカゼについてどう思ってるのか聞いてみたいと思って。」

この次姉の旦那さんは40代だけど数年前に退役した元軍人で、そういう職業的な興味もあって聞いてるのかな、と思ったのですが、逆に気になったのは『カミカゼ』が偏見や差別的なことなのかな、ということ。

たしかに「KAMIKAZE」という単語自体がそのまま外国でも通用するくらい認知度のある単語だとおもうけど、使われてる意味としては侮蔑が含まれてることも多い気がする。

だから義兄も「Politically correctじゃないかもしれないけど」と前置きしてたし、
長姉も次姉も「まやちゃん、答えたくなかったらそんなの答えなくていいんだからね」といって義兄を責めてる。

でもそれが差別や偏見だという認識はワタシにはないし、出来ることなら、日本人として日本の事には答えたい。
とは言え、ワタシの神風に対する知識だって昔学校で習った社会科の教科書と、太平洋戦争を扱ったテレビドラマや映画くらいのもの。

当時の国策プロパガンダとか、戦争末期の学徒出陣で多くの若者も特攻に参加してたこととか、それに対して自分の思うところとか話してみたけど。
日本人がみんな同じように思ってるかは、正直よくわからない。

そしてそういうことが英語でちゃんと伝えられたのかも、どうだろう。



海外に出てから、日中や日韓の関係とか、日本の宗教に関してとかも聞かれることが多い。
仏教とか神道とか、日本人の宗教観とか、いざ説明してみようと思うと結構わからない。


最近聞かれてうまく説明出来なかったのは、日本の国債のシステム。

やはりT家族と集まって団らんしてた時のこと。
ヨーロッパの金融危機とかギリシャの財政破綻とか、なんだか堅いトピックで話題が進行していて、その中にいた銀行員の長姉の夫が「そういえば日本の負債総額ってすごい額だよね」と言われ。

うぐっ・・・
学生時代から、政治経済は苦手で日本語で説明出来る自信もない。

「じゃあ、どうして破綻しないの?」と他の人にも聞かれ、
「えーっと、日本の国債はほとんど国内で保有してるから・・・かな」
としどろもどろで答えてみたけど、ホントのところどうなんでしょう。

後で調べてみたところ、2013年に日本の負債総額が1000兆円越えたそうですね。
額が大きすぎて見当がつかないんだけど。


以外に知らない日本のいろいろ。
海外に住んでるからこそちゃんと知っておこう、と思った次第です。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

3年目

もう3年も経ったんだな。
と感じた東日本大震災。

ワタシは当時働いてた東京の職場で大きな揺れを感じました。

当日は帰宅困難となって、真夜中の東京を帰宅困難者の大勢の人の流れにのって歩きながら、現実がなんだか非現実的。
地震直後にテレビで見る津波が家を飲み込んでいく光景も、映画の中の出来事みたいですぐにはピンと来なかったというか、事態が大きすぎてよく飲み込めなかったというか。

地震のあともしばらく余震が続いて、立ちくらみなのか地震なのかわからないような常にゆらゆらしてる変な感覚。
それまで全然知らなかった、携帯の緊急地震速報という機能。
一度電車に乗ってたら、みんなの携帯の緊急地震速報が一斉に鳴りだした時、怖かった。

頻繁に続く余震も、中で何が起きてるのかわからない原発事故も、目に見えない放射能も不安だったし、
テレビで楽観的なことを言う原発御用学者も、情報をはっきり出さない政府にも不信感はいっぱいだし、
計画停電で信号も街灯もない真っ暗な駅前も、飲食料棚ががらんとしたスーパーも異様でした。
なんか悪い夢を見てるような。

テレビでも特別報道番組ばかりで、CMも一切なし。
それがなんだか、さらに緊急異常事態という雰囲気で。

久しぶりに普通のテレビCMが流れた時、ちょっと日常が戻ってきたみたいでホッとしたのを覚えてます。
普通に暮らせるって、すごく贅沢なことなんだなぁ、ってしみじみ。


しかし現実問題、震災の復興は思うようにはなかなか進んでないようです。
3年経った今でも、復興住宅の建設は3%程度。

そしてまったく目処の立たない原発の処理。
未だ原子炉内部がどうなってるのかもわからない状況で、溢れる汚染水の処理さえままならないのに「コントロール出来ている。」といった安倍首相の発言はびっくり。

うちの実家は原発から200km近く離れてますが、ホットスポットと呼ばれる放射線量の高い地域で、市がだいぶ力を入れて除染をしています。
おかげで放射線量はだいぶ低くなってますが、取り除いた高濃度の汚染土は結局有効な処理方法もないまま、穴を掘って埋めたり、人気のない空き地に盛り土してビニールシートをかけて放置されている状態。

今年の正月に帰省したときも、そんな盛り土をいくつか見ました。


まだまだ長期戦になりそうな被災地の復興。
現在日本から離れて暮らしてるからこそよけいに、気休めや希望的観測ではなく
正しい情報として、今後とも被災地の現状、原発の実際の現状が知りたいと思います。


最後に、ニュースで見つけたビートたけしさんのインタビュー記事

「今まさに苦しみの渦中にある人を笑いで励まそうなんてのは、戯れ言でしかない。しっかりメシが食えて、安らかに眠れる場所があって、人間は初めて心から笑えるんだ。」


震災で傷ついた人たちが、心から笑える日が早く来ますように。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR