カテゴリ:自分のこと の記事一覧

| |


自営業はじめました

去年の2月にロンドン来てから1年ちょっと。
結婚を機に日本で退職して来たのですが専業主婦になるつもりはなく、家賃なども夫婦できっちり折半なので衣食住を確保するためにも働かねばならぬのですが、イギリスでの就活に大苦戦。

日本ではずっと技術系の専門職だったので、同じような職種でイギリスでも探してるんだけど。
やはり日本とは勝手が違うし、言葉の壁が・・・(ため息)
特に書くのが苦手なワタシはCVやカバーレターも毎回悪戦苦闘。

こんな時こそ頼りにしたいTは、最初こそ英語のチェックやいろんな相談をしていたのだけど、予想以上に厳しいダメ出しや応募する仕事へのダメ出し(日系の会社では働いて欲しくない、イギリス系の会社を選べとか、給与待遇が低いからこんな仕事に応募するな、とか)が出て、結局最後はケンカになって険悪になって終わることが多いので、最近は出来る限り相談しなくなった。

バイトや日本で貯めた貯金の切り崩しでなんとかやって来たけど、こんなのいつまでも続かないので、なんとかしなければ!
と去年はずーっと焦ってたのですが、最近になってフリーランスの仕事が来るようになってフリーランスとしての収入が出てきたのでのでHM Revenue&Customs(英国歳入関税庁)にSelf-employed登録しました。
イギリスで自営業するにはこの登録が必要で、ここから所得税みたいなのとか払ってくシステムらしいです。

National Insurance Numberを取っていれば、登録自体はオンラインでわりと簡単に出来るようになっててすぐに出来たのですが。

でもそれに伴って、今度は年金とかも自営業用の年金とか払ったり、日本でいう確定申告みたいなのしたりしなければならなくなって、また苦手な英語のドキュメントと挌闘することになりそうです。。。

夫のTも自営業(仕事の分野は全然違う)なので相談してみましたが、何しろTもこういうめんどうな書類仕事には出来れば関わりたくないようで、非協力的。
結局双方ケンカ腰で険悪な空気が漂ったので、泣く泣く自分で調べることになりそうです。

まぁ、日本の年金や税金や社会保険などの各種手続きだってめんどうだったりするし、関わりたくない気持ちもわからなくもないけど。
でも来年のビザの更新の時の収入証明などにも響いてくるので、もう少し協力してくれても良いのに。。。

現在のワタシの配偶者ビザを申請した時も、イギリスに住んでる自営業のTの収入証明の書類とか税金の書類とか、会社勤めの人に比べると煩雑な必要書類がいろいろあって、そのやり取りを巡ってTとワタシは当時イギリスと日本でスカイプをしながら険悪になったものですが。
アレをまた繰り返すのかと思うとホント悪夢のようなのです。

それを考えると、自営業登録したけど引き続き正社員の道も諦めてない今日この頃。

ふぃー・・・
年金とか社会保険とか税金とか自国(日本)のでも手続きとか煩わしいと思うけど、それに加えてビザとかなんとか。
こういう時つくづく外国に住むってめんどくさいと思う。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

猫バカの血

きっかけは、かれこれ18年ほど前に実家に猫がやって来た事です。

それまでそんなに猫には興味がなかったのに、我が家に猫がやってきてワタシもうメロメロ。

うちにきた猫は、弟の友人宅の床下で生まれ、生まれて間もなく犬に襲われ母と兄弟を亡くしたという可哀想な身の上で、甘やかして育てたら大変に我が儘で気性の荒い凶暴猫になってしまいました。

neko03.jpg
寝てるとこんなにかわゆいのに。

さらに猫にとっては不幸な事に、我が家にきた時点であまりに小さかったので性別がよくわからず、女の子らしい可愛い名前をつけてあげたところ、半年ほどして
「これオスじゃね?」
という疑惑がもちあがり、疑惑は確証になり。

かくして、名前を付け直す事になったのですが。
上の弟(猫貰ってきた本人)は「ロドリゲスとかゴンザレスとか、なんか強そうなのがいい。」と主張。
下の弟は「ねこさん」と呼び
父は「ミーコさん」と呼び
母は「みーちゃん」、ワタシは尊敬をこめて「にゃんこ先生」と呼んで今に至ります。
ネーミングセンスのない家族。

neko01.jpg
キャット空中1回転ばりの猫キックも繰り出せるぞなもし。
来月には御年19になりますが、まだまだ健在。

neko02.jpg
正月実家に帰った時は、Tの膝が気に入ったようでここが定位置。
ワタシがどんなに気を引こうとしても見向きもされず。
ニャンコ先生とワタシの蜜月終了。
ワタシ、Tに対してどす黒い嫉妬がメラメラ。

しかし我が家に猫がきて、ワタシ以上に猫バカになったのが父。

それまで「猫は何考えてるかわからなくて気持ち悪い」と言ってたのが、今ではすっかり骨抜きになり
ニャンコ先生だけでは飽き足らず、今では近所の猫にも勝手に名前付けては「最近◯◯ちゃん見てない」とか「今日はチビとクロちゃんに会った」とか「△△は最近痩せたみたいだけど、ご飯ちゃんと食べてるのかねぇ」などと一喜一憂してる。

母はちょっと呆れてますが、ワタシはその気持ちよくワカリマス。
血は争えないものですね。
ワタシもイギリスで近所の猫にかまけて一喜一憂してます。



先日、そんな父の誕生日だったのでカードを送りました。

猫バカの父へ、猫バカの娘より
bdcard.jpg






↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

再びロンドン

2012年10月に2年間の遠距離の末、Tと入籍しました。

入籍の手続きはすべて日本で。

Tは一時来日で2週間ほど滞在してイギリスに帰ったので、入籍したけど再び遠距離。


その後日本で、すーーーーっごい苦労(主に書類集めとそれに伴う気苦労とそれに伴うTとのケンカ)の末

2012年の暮れに無事にイギリスの配偶者ビザがとました。

。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪




仕事も年内で退職し、年明けから実家で荷物整理するといいつつ

実家に置いてあった、弟の『20世紀少年』とか一気読みしたりしてだらだら過ごしてしまい・・・

2月に入ってバッタバタで荷造りして、なんとかロンドンに引っ越してきました。



来てすぐの週末にロンドンの郊外にスノードロップを見に行ってきました。

一面スノードロップの花で、まるで雪が積もったよう。

snowdrops01.jpg

自分のこと

こちらのブログに訪問いただきありがとうございます。

このブログでは、イギリスに暮らしてみて感じた日々の驚き(良いことも、悪いことも)、主にバックパッカースタイルで旅をしてみたいろいろな国のことを書いて行こうと思っています。

私とイギリスとの関わりは
2003年から1年ワーホリでイギリスに滞在、翌年帰国
2007年からはイギリス、バーミンガムの大学院に留学しバーミンガムには2年滞在。
その後就職活動でロンドンに移り仕事をするも、ビザの切れた2011年に帰国。

昔から特にイギリスに憧れたり、イギリスに住みたい!とか強く願っていたわけではないですが、縁あって何度滞在することになった国です。

また、現在も進行形ながらちょっと雲行きの怪しい、イギリス人の彼氏との遠距離恋愛なども折に触れて書いてみようと思います。


ー追記ー

なんやかんやあってイギリス人の彼氏Tと2012年に結婚しました。
日本でビザを取って2013年から再びロンドンに住んでます。

イギリス滞在、留学中は日本にいつか帰ること前提で楽しかったけど、ずっと住むとなると話は別。
年金とか、年々厳しくなる外国人(ビザ)対策とか、日常でのイギリス人の適当っぷりに一抹の不安をかんじてます。

でも、これからしばらく住むことになりそうなので、腹くくってがんばります。

現在、求職中。
イギリスでの心折れそうな就職活動で引きこもり気味の日々をブログに逃避してます。


テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR