スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗礼式にお呼ばれ

日曜日に、4ヶ月になるTの長姉の甥っ子ちゃんの洗礼式に招待されてカソリックの教会に行ってきました。

Tの一家はご両親がかなり敬虔なカトリックなのです。

ちなみにうちの実家は浄土真宗で、ワタシ自身キリスト教とは無縁ですが参列には問題なし。

実は甥っ子ちゃんのパパ(義兄)もカソリックではないので

義兄側の親戚も「何すればいいのかしらー」とソワソワ

よかった、自分だけアウェーなわけじゃなさそう



当日は甥っ子ちゃんの他にも2人のベビーちゃんが洗礼を受けました。

まずは神父さんがお祈りをして、参列者も時々唱和。

次に、子供の両親と子供のゴッド・ペアレンツとなるカップルと神父さんの間で何やら問答のようなやり取りが続きます。

このゴッド・ペアレンツは両親に何かあった時には子供の後見人になったりするようです。

そして洗礼式のハイライト

ゴッド・ペアレンツが見守るなか両親が赤ちゃんを抱いて

神父さんが聖水とおもわれる水を赤ちゃんの頭に3回ほどかけるのですが

洗礼受けた3人とも急に頭に水をかけられてギャン泣き。

でも、これで無事に儀式が終了。

あとはそれぞれ参列した家族と記念写真など撮ってお開きとなります。


その後は近くのパブに移動して、貸し切りビュッフェで親戚や友人達一同での会食会。

久しぶりの遠い親戚とか、遠方から駆けつけた旧知の友人とか一堂に会してにぎやかです。

ここには、Tのゴッド・ペアレンツとか、Tを生まれたときから知ってるような方から

「あらT、結婚したの?おめでとう。」

と、ずいぶんワタシ達のお祝いの言葉も頂きました。


結婚の報告は最低限しかしなかった不精者の外国人の嫁は

とりあえずニコニコと愛想を振りまいておきました。


本日主役の甥っ子ちゃんも頭に水をかけられて泣いたあとは

いろんな人にだっこされてほとんど寝てました。いい子。


お宮参りみたいなモノかしら、くらいにしか理解してなかったワタシの予想を遥かに越えてたくさんの人が集まっていました。

宗教的な意味とかはよくわからないけど、甥っ子ちゃん大きく健やかに育ちますように。


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

リスが憎い!

あんな可愛らしい小動物相手に、こんなどす黒い感情がわき起こるとは。

risu01.jpg


自分でもびっくり。


でもアイツら、ワタシの大事な水菜の鉢を掘り返してはわけのわからないモノ埋めていくんですよ。

食べようと思って大事に育ててるのにー

(#`Д´)ノ ムキーッ!


夏の間に実がなった、イチゴ、リンゴもかじられた!

risu05.jpg
収穫をくわえて走り去る図

こんな写真撮ってないで追っかけてって脅したれ、とTには言われますが

でもあんまり人を怖がらないんだよね

risu04.jpg

下手すると、足下まで寄ってきたりするの。


たぶんどこかでナッツとかもらって、人に慣れてそう。

だからいっつもピーナッツやらブラジリアンナッツやらくわえてうちの庭に来ては、掘り返して埋めてくんだよね。

risu03.jpg
こころなしか、最近来るリス太った気がするもん


この間珍しく、手ぶらでやって来たリスが地面に埋めたナッツを掘り返して持っていったので

「へー、ちゃんと埋めたとこ覚えてるんだねー」

とTに言ったら

「そら、100個埋めておけば2、3個くらいは回収してるんじゃないの?」

そうだね。埋めたまま忘れちゃってるのとか、いっぱいありそうだね。



うちの庭の植木鉢には、普段から住人が思い立っては別々に何か植えたり種をまいたりしてるので、ただでさえひとつの鉢からローズマリーとトマトが一緒に出てきちゃったりしてるのに

そこにリスが埋めてったピーナッツの芽が出てきて、もうぐちゃぐちゃです。


でも楽しみにしていた収穫を前に、かじられたり根こそぎ掘り返されたりするのはやはり許せん!


先日再びリスが庭にやって来たのが見えたので

出て行って追っかけたら、横の植え込みからさらに3匹飛び出してきた!


えー、4匹もいたの (゚Д゚ノ)ノ

そら庭も荒らされるわ・・・



話はちょっとかわって

この間公園のカフェの野外ベンチでTとお茶を飲みながら周りをチョロチョロするリスを見ていたら、隣に座ってたおじいさんが話しかけてきた。

「リスは美味いぞ」

「えっ、リスって食べられるんすか?」

「もちろんじゃ。」

と言ってそのおじいさんリスの味についてひとしきり語り、最後に

「ま、わしは食べたことないけどね。」

と言って去っていきました。



でも庭に来るリスを見ていると、ナッツや果物ばっかり食べてるし

案外美味しいのかも・・・



↓あんな可愛い動物になんてこと!と思った方も、言われてみれば美味しそうと思った方もポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

セロリアックに挑戦

イギリスに来て初めて食べた野菜がいくつかあるのですが、そのうちのひとつがセロリアック。

先日スーパーでふと思い立ってセロリアックを買ってみました。


買ってきたセロリアック、こんなかんじ
celeriac01.jpg

セリ科の植物でセロリの仲間ですが、食するのは根っこの部分です。

あとで調べたら日本でも買えるけどすっごい高い!
一個1000円とか2000円とかする〜 Σ(゚ロ゚;)

ワタシが買ったのは1ポンド(現在160円くらい)しなかったと思う・・・

2ポンド越えたらたぶん買わなかったわ。


とりあえず、買ってみたけど食べ方が分からないのでレシピをググってみる

出てきたのは、サラダやスープのレシピが多い


とりあえず、一番簡単そうなサラダを作ってみました。

celeriac03.jpg
冷蔵庫にあったもので作ったサラダに、刻んだセロリアックを入れてみたっていう
これだったら別にレシピ見なくってもねぇ・・・っていうレベルですが

火は通さず生です。
酸化しやすくすぐに断面が茶色くなるので切ってすぐレモン汁ふってあります。

味の方は、ほのかなセロリの風味がします
食感も、根菜食べてるなってかんじ

ボキャブラリーが少ないので、伝わりにくい下手なコメントで申し訳ないです。


続いてこちらは、きんぴらです

celeriac02.jpg
火を通すと、セロリアックの甘みが増します

ごぼうの入手が困難(高価)なロンドンで、このきんぴら使えるかも。


残ったセロリアックを後日Tがオーブンでローストしてまして

ローストすると、甘みにくわえて食感がホクホクになって

ちょうどパースニップのローストにそっくり


ちなみにパースニップもイギリスで初めて食べた野菜です
parsnip01.jpg
白い人参みたいなの


さらにTがソーセージ&マッシュを作った時に、マッシュの半分をセロリアックで作ってまして。

皮剥いたジャガイモとセロリアック同量を一緒に茹でて、そのままバターとか入れてマッシュポテト作る要領でマッシュにしてたんだけど。

これがなかなか美味しい!

今のところ一番のお気に入りのセロリアックの食べ方は、このセロリアック入りマッシュポテトです。

自分で作ってないけど。


意気揚々と未知の野菜セロリアックに挑んだつもりが、結果はだいぶ他力本願。




↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

ケンカの原因

全く持ってつまらないことで、よその痴話げんかなんか誰も興味ないと思うんですけど。

最近Tとケンカして、髪の毛が逆立つくらい頭にきたことがありまして。


ケンカの原因は一言でいえば、某テレビ番組を一緒に見たか見てないか、というホントにどーでもいいつまらないことなのです。

でも一緒に某番組を見てたって言い張るTが

「夕ご飯の後一緒にリビングのTVで見ながら、コメントしてたじゃん。
えっホントに覚えてないの?
実ははだんだん思い出してきたけど、今更思い出したって言うのきまりが悪いから忘れたふりしてるんじゃないの?
思い出せないってマジでいってるの?
頭大丈夫?」

って言うの聞いてたら、だんだんムカムカ、しまいにカッチーン L(゚皿゚メ)」

見とらんわ!しつこい!!!!


そこまで言うなら、見てない証拠をだしてやろう!

と、Tに「いつその番組見た?」と聞くと「先週」というので

番組の放送日時を再放送も含めて調べて

メールや携帯、パソコンの履歴とかから、その番組の放送時間帯の自分の行動とか出来るとこまで洗い出してみたよ。

こういう躍起になって白黒つけようとするとこ、冷静になって考えると稚拙だなって自分でも思うけど。


そしたらその番組放送日はよりによって、Tが友達と飲みに行ってて深夜帰宅。
こっちは夕食作ってたのに連絡なしで、帰ってきてから「ご飯いらない」とかほざいて一悶着あった日でした。

一緒にテレビ見る見ない以前に、その日おまえ家におらんかったやん!

思い出しムカつきも加わって、思いつく限りの嫌みを言って、あとは終始無言。


結局アリバイの洗い出しが効いたのか、飲んで深夜帰宅の思い出し罪悪感からか、普段ワタシに輪をかけたくらい意固地なTが珍しく折れて、冷戦終結。



でも今までにもケンカはしょっちゅう勃発


大概はくだらない理由で、例えば

歩くのが遅い(ワタシ)とか

ベロベロに酔っぱらって帰ってきて絡む(T)とか・・・


結婚前に一緒にインドを旅行した時には、3週間、朝、昼、晩と3食カレーを食べる生活に疲れ、カレー以外が食べたいと主張したワタシと

インドに来てカレー食べないなんてアホだ!と主張するカレー好きのTが真っ向から衝突

ホテルで怒鳴りあいのケンカに発展したり。


そしてケンカになると、ワタシもTも相当に頑固で意固地なので、自分に120%の非がない限りは自分から謝らない。

で、些細なこともこじれて長引いたりしてしまうのです。


そして、こんな時に自分の母国語でケンカ出来ないことをつくづく不自由にかんじるー!

くっそー!!!! 悔しー!!!

もっといろいろ言いたいぞー!!! ε=ε=ε=(((怒゚Д゚)ノノ




でもその前に、もっと大人な対応が出来る、寛容な心がほしい。

ケンカに負けても人生に勝つ、みたいなの・・・



スミマセン、犬も食わない話でした。


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

Lord Mayor's Show

先週の土曜日、ロンドンのシティーでLord Mayor's Showという大きなパレードがあって見に行ってきました。



Lord Mayorがなんなのか知らなかったワタシは、てっきりあのロンドンの名物市長
boris-on-a-bike_s.jpg
ボリス・ジョンソンのことかと思ったら全然違いました・・・
(写真はInside Croydonより)

Lord Mayor はロンドンの金融で有名な自治体City of Londonの首班、つまりLord Mayor of the City of Londonということで、Mayor of Londonのボリス・ジョンソン氏とは全く関係ないんですね (≡ε≡;A)…

パレードは11時にMansion Houseを出発し、Templeのあたりで折り返して再びMansion Houseに戻ってくるというルートは下調べで確認済みでしたが。

当日朝11時の時点で現地は激しく雨

一緒に行く約束をしてたNちゃんとは、ランチでも食べながら天気をうかがうことに


Bankの近くでランチしながら、午後1時過まで降り続く雨見てたら外に出るのが億劫になってきて

どうしようかぁ。。。とグダグダしてたら


1時半くらいになって、奇跡的に陽が射してきた!


時間的にも、パレードの先頭はすでにBankに戻ってきているので、とりあえずBankの駅前へ

mansionhouse01.jpg
こちらがLord Mayorの公邸Mansion House

procession01.jpg
この日のために貴賓席が設置されてました

パレードにはこんなごっつい戦車も
procession03.jpg

その他にも軍事関係の団体がたくさんありました
procession06.jpg

procession12.jpg


この日はパレードの通過する道路は全面封鎖でこんなかんじで警察官が待機
police01.jpg
騎馬なんですね。かっこいい。


あとはいろいろ協賛企業らしいランダムな格好の人たちとか
procession04.jpg

procession07.jpg

procession14.jpg

いろんな古風な服装の人たち
procession08.jpg

procession11.jpg

procession09.jpg

馬車もいろいろ
procession16.jpg

騎馬隊
procession10.jpg

procession20.jpg

楽隊
procession13.jpg

procession17.jpg

騎馬の楽隊
procession19.jpg

とかもう、いろいろな団体がパレードに参加してて、見てておもしろいです

でも、最初にも書いたようにパレード開始時にはかなり雨が降っていたので、パレード参加者にはかわいそうなぐらいぐっしょり濡れそぼってる人も多かったです。

楽隊の楽譜とかも濡れて滲んでたり・・・


ワタシとNちゃんはBankからQueen Victoria Streetをパレードと逆行するようにBrackfriarsに向かって歩きながら見学してたんですが、沿道の人出もそこまでぎゅうぎゅうじゃなくて、結構よく見えました。

そしていよいよパレード終盤

procession21.jpg
この人たちに先導されて

procession22.jpg
6頭立ての金ぴかの馬車がやって来ました

こちらがLord MayorがのってるState Coachと呼ばれる馬車です

なんと1757年に作られて以来、毎年このLord Mayor's Showで使われてきているそうで、普段はロンドン博物館に展示してあります。

今の時代に同じような馬車を作るとしたら総額200万ポンド(3億5千万円くらい)するようです。

Lord Mayor自体はさかのぼること11世紀くらいから存在している役職みたいで、任期は1年なのだそうです

statecoach01.jpg
写真では分かりづらいですが、馬車の中で手をふる新しく就任した今度のLord Mayorは史上2人目となる女性です



さて、パレードの後は夕方5時からLord Mayor's Showの花火がテムズ川に上がるので、花火を見るために川沿いに移動します。

が、とにかく寒い!

花火まであと2時間。

出来ることなら、花火があがる5時ギリギリまでどこかの室内でぬくぬくしていたい

そう思ってテムズ川沿いの複合施設Southbankにむかったわけですが、混んでる!

みんな考えることは一緒ってことかしら。

とりあえず相席でお茶を1杯飲んでから、対岸のSomerset Houseのテラスを狙っていったところ、イベント用に貸し切りになっていて入れず 。・゚・(ノε`)・゚・。

Waterlooの橋の上から花火を見ることも考えたけど、川風が冷たすぎて耐えられる自信がなかったのでフラフラとTemple方面へ

でもぬくぬく出来るような場所はなく・・・

仕方ないので、川沿いに出てみるとそろそろ人が花火待ちのスタンバイを始めているようなので、まだ花火まで40分もありますが私達も川沿いで待つことに。

こうなったら最前列がっちり確保で花火みてやる!

30分前になって、仕事終わりのTが駆けつけてきて差し入れに小瓶のウィスキー

小瓶をまわし飲みしてたら、ちょっとぽかぽかしてきました。ナイス差し入れ。

でも実際の花火がどこから上がるのかわからないので、きょろきょろしてたら開始5分くらい前になって2艘の小型ボートに牽引された船がすーっと目の前に停泊。

これは、もしや花火の打ち上げ用の船では!?っと思ってたら

LMS_fireworks01.jpg
きゃー!ビンゴー!

目の前でどーんと花火が上がって、私達のテンションもがーんと上がった!

LMS_fireworks03.jpg
隅田川とかに比べたら全然小規模だけども、目の前でみる花火は最高!
待った甲斐もありました

LMS_fireworks04.jpg
対岸のSouthbankやLondon Eye、その奥にビックベンも見えるし、良い眺めです

LMS_fireworks05.jpg
そして怒濤のラストで花火終了。

5時にはじまった花火、5時10分に終了です。

まぁ、イギリスの花火ってこんなもんだよね。

真っ正面の最前列で見られたので大満足です。


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

帆立のヒモ

イギリスに来てからずっと不思議だったことなのですが

ホタテ貝にヒモがない。

hotate01.jpg
味菜館HPより

日本だったら、このヒモだけで干物にしたり、バター醤油でジューッとと焼いてみたりして、お酒の当てにしたりしてそれだけでも美味しいのに。

子供の頃から、帆立のバター焼きとかしたら、貝柱よりもヒモが好きだったのに。


イギリスには帆立のヒモがない!


うちの近所の鮮魚のそろう魚屋さんでも

fishmonger02.jpg
貝柱とえらは付いてるのに・・・ヒモがない

先日行ったバラ・マーケットでも

fishmonger01.jpg
帆立にヒモはない

たまに貝殻にのって売ってる帆立も、わざわざきれいにヒモが取ってあるー。

そして、ちょうどバラ・マーケットの魚屋さんの裏でせっせとホタテ貝を開けて、ヒモを取り作業している魚屋さんを見かけました。


そのことをイギリス人のTに聞いてみたところ、やはり帆立のヒモの存在を知らなかった。


そりゃそうだよね。

たぶん生まれたときから、ヒモのない帆立しか見て来てないもの。


でも、オイスターとか殻付きで売ってて自分でこじ開けるようなのもあるのに、なぜ帆立はそのまま売ってないのかしら。
(殻付きで売ってる帆立は大抵すでにヒモがきれいに取ってある)


日本に帰った時に、おつまみ用の帆立のヒモのスナックとかヒモの佃煮みたいなのを買ってTにあげてみたところ

「美味しいねぇ」とのこと。

でしょー!



そしたら先日、Tが魚屋さん行った時に聞いてみたようで、帰って来て

「魚屋さんに聞いたら、あのヒモ全部捨ててるんだって。


わーん、なんともったいない!

捨てるんなら下さい、魚屋さん!





↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

イギリスの花火大会

インドの祭りDiwali当日、もしくはガイ・フォークス・デイを2日後に控えた日曜日の夜

近所の公園で花火大会がありました。

11月5日のガイ・フォークス・デイ前後には花火大会が各地で開催されるイギリスですが、この時期の夜の野外イベントはかなり寒い。

夜の6時半からはじまる花火に備えて、とりあえず防寒はバッチリで。


日本の花火大会のような気合いを入れた場所取りは、イギリスの花火大会ではたぶん稀

ワタシ達は花火開始予定の15分くらい前に会場付近についたら、会場の公園はまだまだ空きスペースがありました。


でも、直前10分ぐらいで急に人の密度がぎゅっと詰まったかんじに。

わりとみんな時間ギリギリにきます

そして、開始予定時刻を5分ほど過ぎたところで


ジャーンと音楽が鳴って

fireworks02.jpg
ひゅるるるー、と打ち上がりました。


そう、イギリスの花火大会って音楽をかけて、それに合わせて花火を演出したものが多い

その時のよって、テーマがあったりするんだけど


今回も、テーマはよくわからないながらかなりゴキゲンなかんじの音楽で、それに合わせて
fireworks04.jpg
ドドドドーン、みたいな

日本的に、大玉を見上げて
「たーまやー、かーぎやー」的な風情や間合いはありませぬ

そもそも、すぐそこに住宅地がある公園での花火大会なので尺玉みたいなのはあがりません

fireworks03.jpg
でもそのぶん、花火までの距離は近いです

かなり間近で花火が上がります

fireworks05.jpg
そして、やっぱり花火大会のお約束

最後は派手にドドーンと上がって終了


この、花火がはじまってから終わるまで、だいたい15分くらい

今回の花火大会では、ボンファイヤーとか大きな焚き火もなく、移動遊園地もなく、屋台とかもほとんど出てないので、なんだか物足りなさを感じながらも群衆の流れにのって、真っ暗な公園内を出口に向かいます。


今までにも、いくつかこの時期のイギリスの花火大会を見に行きましたが、ひとつ言えることは

防寒はしっかりと

ついでに、公園での花火大会は天気によって足下がぬかるんでたりするので、足下の装備もそれなりにあった方がよろしいかと。


以上ガイ・フォークス・デイ直前、花火レポートでした


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

電車が来ないー

週末はどこかで必ずといっていいほど電車が運休しているロンドンですが

今週末はうちの沿線も一部区間が運休してまして

ギリギリで、うちの最寄り駅までは市街地から地下鉄がきてるハズなのですが

駅に行ったら上り線(西方面行き)のホームはこんなかんじで

station01.jpg
ペタペタっとテープで適当に封鎖してあって、行き先表示の変更がマジックでちょいちょいと書いてあるので

普段は下り線(東方面行き)のホームで上り線を待つことに。


ロンドンの地下鉄では日本みたいな時刻表はないかわりに、次の列車到着までの時間が表示されてることが多いのですが

私がホームに出た時点で、先発列車が6分後、次発の列車が11分後って表示してあったのですが

しばらーーーく待っても、全然分数が減っていかない。


ようやく先発が4分後と表示され

まだ2分しか経ってないの!?時間の流れがやたらに遅い、と思いながら・・・


再びしばらーく待って、先発の表示をみたら

あれっ、先発5分後になってる!?

いやいや、さっきは、あと4分だったよね。

時間、延びてるー


その後も電光掲示板の表示が、2分になったり3分になったり。

もう、ホームにきてから軽く10分は経ってるんですけど。


そしてついにこうなった
station02.jpg

電車いつ来るのー? ヾ(`ε´)ノ

と思ってみても、こんなのロンドンでは日常茶飯事

今の私に出来ることは、電車が一刻も早く到着するように祈ることぐらい。

完璧に遅刻です。



関係ないけど、もう11月に入ってしまったのにまだこの週末は遅めの(?)ハロウィンを楽しむ人たちを結構見かけました。

ようやく遅れてやってきた電車にゾンビが3人くらい乗ってました。


↓待ち時間の表示延ばすのは反則だよねと思った方、ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。