裏技

あらかじめ断っておきますが、ほとんどの方には役に立たない情報かと思いますのであしからず。

ロンドンはBoroughと言われる自治区に分かれてて、ワタシの中ではこれが東京でいう23区の区みたいなものだと認識してるのですが、ワタシの現在住んでるのはTower Hamletsという区になります。

このTower Hamlets、なかなか範囲は広いんだけど中心部に近いところではロンドン名所のタワーブリッジやロンドン塔がある。

で、先日発見したのですが、地元Tower Hamuletsの図書館カードと、自分の住所を証明するための公共料金の領収書などを持って行くとロンドン塔が割引になるらしい。

どれだけの値引率なのかというと、通常22ポンド(現在のレートで4000円強)の入場料が1ポンド(180円ちょっと)になるという。

これは!
入場料の高さで敬遠していたロンドン塔だけど、1ポンドならフラッと行ってみようかという気にもなる。

というわけで混雑を避けて、とある晴れた日に朝イチで。
チケット売り場で、「ホントにそんなに値引きしてくれるの?」と内心疑いつつも図書カードと銀行からの明細を提示したところ、窓口のお姉さんが
「はい、じゃ1人1ポンド10ペンスになります。」
ちなみにこの10ペンスはチャリティーへの寄付金らしいけども、有無をいわせず徴収された。
だったらはじめから1.1ポンドにしとけばいいのでは?
とは思いつつ、ホントに実質1ポンドでロンドン塔へ。

TOL01.jpg

今回は入場したらまずは「偉大なアフリカの星」の別名もあるダイヤモンドのあるThe Crown Jewelsへ。
朝早かったので、ほとんど並ばずに入場出来て、目玉のダイヤモンドの前もガラガラだったので、混雑緩和のための動く歩道も3往復ぐらいしたのですが。

そのうちにどんどん人が増えてきて。

このあと、お昼前にはこのThe Crown Jewelsには長蛇の列。
推定1時間以上待ちとも思われたので、ゆっくり王冠や宝石が見たかったら、朝イチバンがオススメです。

でこの後も城壁を歩いてみたり、血なまぐさい話の残るいくつかの塔の内部を見たり。

TOL02.jpg
ロンドン塔のカラスは有名

でも実際に飼われてるのはワタリガラスという普通より一回り大きいカラス
TOL04.jpg
こちらは、羽を切られてて飛べないようで、移動もすべてピョンピョン飛び。
鳥として生まれたのに飛べないなんて、ちょっと可哀想な気もするけど。

でも『カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れ、そこから英国が滅びるという』予言があってから大事に飼われてるカラスなので、待遇自体は良さそう。

ロンドン塔自体は監獄や処刑場として機能してた部分もあり、血なまぐさい舞台になったり、幽霊話もあるとこだけど、珍しいくらい爽快に晴れてたせいか、そこまでのオドロオドロしさはなし。
TOL03.jpg

ただ20世紀に入ってからも11人がここで処刑されたというのが、意外にもそんな近代まで・・・
と思ったらやっぱりちょっとコワイ。

歴史にちょっと思いを馳せる空間です。


地元割引にも感謝。

地元割引と言えば、以前インドのタージ・マハルで、インド人は20ルピー、外国人は750ルピーという暴利とも言える値段設定に憤慨した事がある。
憤慨しつつ、多少ごねつつも仕方ないので払って入った。

今回ワタシは逆の立場である。
正規の値段でロンドン塔に行った方、気を悪くされたらスミマセン。

正規料金を払って入った前回の方が、みっちりじっくり入場料の元が取れるくらいしっかり鑑賞してたような気もするけど。
やっぱ22ポンドは高い。
半額どころか1ポンドになるという、その値引率も極端だけども。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

たらこ

うちの近くにホワイトチャペルという駅がある。

ホワイトチャペルといえば、19世紀には切り裂きジャックの犯行現場になったことでも有名なんですが、現在はバングラディッシュなどを中心に南アジア系のイスラム教徒の多く住む町でもあります。

ホワイトチャペルの名前とは裏腹に駅の近くには大きなモスクなどがあり、行き交う人達の挨拶も
「アッサラーム・アレイクム」
みたいなのが多く、ロンドンに居ながらに異国情緒の漂うエリアなのです。

で、ここの駅前にはいつもいろんな屋台みたいなのが軒を連ねてる。
キラキラのビーズやスパンコールの付いた民族衣装から携帯電話に腕時計、スーツケースやカバン、靴を売る店もあれば、何やら甘そうな砂糖菓子の店、八百屋、魚屋、まぁいろいろ。

WCmarket01.jpg
こんな感じで。
バングラディッシュには行ったことないけど
モロッコに行った時に見たスークとかを連想させます。

そんな駅前通りを歩いていた先日、魚屋で気になるものを発見。
WCcodroe02.jpg

この辺の魚屋、屋台とあって品質管理とか雑な感じでとても鮮魚を買おうという気にはならないのでいつもは素通りなのですが。
でも、あの店先に並んでるのは・・・

タ・ラ・コ!?
WCcodroe01.jpg
ですよね。

生のタラコが売ってる!

以前にも他のマーケットでタラコを売ってるのは見たことある。
ragmarket06.jpg
でもこの写真の奥にあるような、巨大な茹でタラコがほとんど。

日本サイズの生タラコは短い冬季限定の季節もので入手が困難、とイギリス在住の方で自分で明太子を作った方のブログで拝見したことがある。


もう10年近く前の話だけど、ワタシがワーホリでイギリスに滞在してたとき半年程全く和食を口にしてない時期があった。
しかしイタリアに住む日本人の知り合いを訪ねた際に、博多出身の彼女が実家から持ってきたという貴重な辛子明太子を炊きたての白いご飯にのせて頂いた時、涙が出る程美味しくて感動したことがある。
もう、比喩とか大げさとかじゃなくて、ホントにホントに泣きそうなくらい美味しかった。

思い出したら、無性に辛子明太子が食べたくなった。
この際、漬け込む労力は厭わない。

でもしかし・・・
冬とは言え、保冷状態も怪しく、おそらく吹きさらしで1日さらされたタラコ達。

生食は厳しい、と判断。

それでも、未練がましくしばらくタラコを眺め、ちょっと写真など撮ってみたりしてその場を離れた。


あぁ、でも見てしまったことで無性にタラコが食べたい!
もうちょっと品質管理が行き届いてそうな魚屋に置いてないかな・・・

あぁ、辛子明太子が食べたいよぅ。

白いご飯に明太子、を想像して悶々としながら書いてみました。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

二十数年ぶりに・・・

日本にいた頃は、バレンタイン・デーはチョコレート業界の陰謀だと親に吹き込まれ、いつも斜に構えて過ごしていたような気がするのです。

そもそも日本では、女性から男性へという風潮なので、女性であるワタシが何もしなければそれで済んでたのであります。

イギリスではバレンタインデーはカップルの行事。
一応パートナーがいたりすると、勝手に自分だけこの日をスルーするわけにも行かず。
何かしなくては、せめてカードくらいは、というような気分になるのですが。


今年のワタシはちょっと違った。
バレンタインデー当日、朝8時から張り切って手作りチョコとか作ってしまいました。
エヘ。
何がワタシを駆り立てたのか。

原因はこれです。
vd021501.jpg

お正月に日本に帰った時に買ってきた、無印のシリコン製の猫型。
この型を使ってみたくて機会をうかがってたところに、バレンタインデー。
「よっしゃ、猫チョコ作っちゃろ」
という発想です。

ちなみにイギリスでバレンタインデーに女性が男性にチョコを贈るという習慣は特にないけど、こんな時だけ日本式に便乗。
チョコレートを贈りたい、というよりは猫チョコが作ってみたい方が強いんですけどね。

とは言え、手作りチョコなんて小学校以来。
当時、バレンタインデーに好きな子に手作りチョコをあげたいという友人に便乗して、自分用のチョコ作りのつもりで参加したのだけど。
残念なことに、当時のワタシ達はチョコレートに対してあまりにも無知で。

湯せんというものを知らず、板チョコをフライパンにのせて直火にかけた結果、目も当てられないものが出来た。
そこで、異臭に気づいた母からチョコレートは湯せんで溶かすのだと教わったが、以来一度も試してない。


今回は万全を期して、日本のチョコレート会社数社のホームページで、溶かして固めるだけの基本の手順を確認。
温度計とかないので、その辺は自分の感覚を頼りに。

途中で冷めて固まってきたり、あちこちにチョコが垂れたり、気泡が入ったり。
苦戦しましたが、こちらが出来上がり。
vd021502.jpg
これが可愛く見えたなら、それはすべて無印の猫型のおかげです。

今回、ダークチョコとホワイトチョコの2種類を使ったのですが、ダークチョコが途中で少し足りなくなってしまい。

ちょっと残ったダークチョコにホワイトチョコを加えて薄茶をつくり、三毛にしてしまおう!
と、行き当たりばったりで作った結果
vd021503.jpg
数匹、妙な色のドラえもんみたいになってしまった。

でも、少しコツは掴んだ気がする。
近いうちに、またチャレンジしてみようか。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

野菜のような?

昨日スーパーマーケットに寄ったら、スーパーの入り口近くにある生花コーナーにいつもよりも多くの赤い薔薇の花束が置いてあって。
「そうだ、明日はバレンタインデーでしたな」
と思いつつ、そういえば今日は『13日の金曜日』だな・・・と気づいたんですが。
まぁ、そんなことはどうでもよくて。

この時期スーパーの生花コーナーには、よく水仙が売っている。

水仙を売り始めるとなんとなく「春が近いな」という気分になるし、花の香りも何となく春を連想させるのでワタシもわりと好きで時々買ったりしてるのです。

spring201403.jpg


でも先日ラジオを聞いてたら
水仙を野菜と間違えて買って食べようとする人がいるので、Public Health England (イングランド公衆衛生サービス)はスーパーマーケットに
「水仙を食べ物と間違える人がいるので、青果売り場から離れたところに置くように」
促してる、ということを言ってた。

水仙にはアルカロイド系の毒があって、食べるとひどい吐き気などがするらしい。

ホントに?
そんなの間違える人いるんかいな!?

と思ったけど、去年だけでも27件の水仙関連の食中毒があったらしい。
(ニュースの元はこちらのBBC

なんでも球根を玉ねぎと間違えたり、切り花を中華系の野菜と勘違いしたり・・・するらしい。


水仙なんて珍しい花じゃないし、その辺の公園にだっていくらでも咲いてる。
スーパーでも、毎年この季節には水仙を売ってるし。

どういう人が間違えて食べようとするのか、ちょっと不思議なのです。

daffordil01.jpg
実際、こんな感じで売られてるんですけどね。


あるいは、ワタシにとって未知の野菜などがたくさん置いてある、トルコや南アジアやアフリカ系の八百屋で野菜に混じって売ってたら、もしかして野菜と勘違い・・・するかなぁ。
・・・それでもしない気がするなぁ。

まぁ今回、水仙には毒がある、ということを初めて知ったので興味本位でも食べたらイカン。
ってことですね。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

旅の絵日記

今年の正月に実家に帰省したおり、実家に残してある荷物を少し整理してたところ、旅行などの際に携帯して行ってちょっとした記録やメモなどを記していた旅ノートが出てきた。

こういうものって、数年ぶりに見つけちゃうとついつい読み直しちゃったりして。
で、改めて気づいたのだけど。
記録してある主な内容は、ほぼ食べ物。

毎日、わりと詳細にその日何を食べたかが記録してあるのでけど、逆に言えばそれ以外の記録がほとんどない。

例えばフランスに行った時のある日のページ
tripnoteFR01.jpg
朝昼晩と3食が詳細に書かれてるのだけど、その日の行動記録などはナシ。


こちらは中国に行ったときのある日の記録
tripnoteCN01.jpg
買ったお土産情報が若干記載


こちらはインドに行った時のある日の流れ
tripnoteIDA03.jpg
たった1行、列車のチケットを予約した情報以外は食事情報のみ

丁寧に書いてある時もあれば、走り書きみたいな時もあり。
絵だけ見てもわからないモノや、自分の時が汚すぎて読めないところもあるのですが。

つくづくワタシって食べ物に執着してるなぁ、と改めて気づきました。

ちなみにインドでタージマハールに行った時の記録はこちら
tripnoteIDA01.jpg
タージマハールそのものよりも、その日の昼食の方が情報量としては多い。

たまに断片的に行動記録もあったりするけど。
例えばこんな感じ
tripnoteIDA04.jpg
インドのダラムサラに行った時

散歩に出て、イタチみたいな動物を見たらしいけど、この絵の動物?
『散歩の途中で小さい鹿を見る』とあるけど、横の絵が意味不明。
などなど、断片すぎてよくわからず。

ナンギャム寺のお坊さんの問答はこちらが実際の写真ですが
IND_note01.jpg
絵日記もわりとイイセン行ってるのでは、と自分では思ってます。


なんで急にこんな絵日記の話を出したのかと言うと、
誰も知らないと思うのですが、このブログを始めた頃インドの旅行記を少し書いたのですが、それが旅行の前半およびその旅のメインイベントでもあった友人の結婚式に出たところで中途半端に放置してあって。

旅の内容もすっかり忘れかけてたんだけど、この絵日記とデジカメで撮った写真から、旅の後半のことも出来る範囲で一応記録してみようかな、と思った次第なのです。

インドに行ったのは2011年の秋で、一緒に旅行した現夫のTとはまだ結婚どころか結婚の話も出てなかったので、だいぶ時差があるのですが。

せっかくなので近いうちにサックリとインド旅行の話を完結しようかな、と。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ジョエル・ロブションでランチを

ただいまワタクシ、開店休業というか、無職のような状態で・・・
就活に励んでいるわけなのですが。

そんな、本来ならば切り詰めるべき時ではありますが、1月の末に毎年やってくる自分の誕生日がありまして。
ありがたいことに、夫が休みをとってくれ素敵なランチをご馳走してくれました。

まぁ、その前に私が「今年の誕生日には美味しいモノが食べたい!」と、ことあるごとに言ってたのです。
誕生日が迫ってきて、私も食べたいものなどを考えてはレストランのリサーチなどしてて、眺めの良さそうなシャード内のレストランなんかも考えてたのですが。

Tが「そんな雰囲気に2割増くらいの値段を払うよりも、確実に料理が美味い店がいい」などと言い出しまして。

うちの近所でわりとレビューの良かったモダンブリティッシュのレストランも、「メニューにグッと来ない」とダメ出しされたので、悩んでおりましたところ。

「知り合いに勧めてもらったけど、ここどう?」
とTが提案してきたのがジョエル・ロブションの『L'atelier』。

ジョエル・ロブションの名前は日本でも聞いたことあるな、なんだっけ?
と思ったら、あの恵比寿のガーデンプレイスの横にあるフランスの城みたいなところ!

joel_s_000o.jpg
画像はホームページよりお借りしました

wikipwdiaによればあのミシュランガイドで総数28個と世界一星をもつシェフとしても知られてるらしいジョエル・ロブション。
結構いいお値段なのでは、とドキドキ。

で、ロンドンのコベントガーデンの近くにあるL'atelierのサンプルメニューを確認してみたわけですが。
ランチや夕方早い時間だとプリフィックスのセットメニューなどもあり。

こんなお店、めったに行くこともないので2つ返事で賛成!


で、平日のお昼にお店にお邪魔したのですが。
行った日はそれほど混んでおらず、2階の席に通されました。

2階は白と黒を基調としたインテリアで、奥にオープンキッチンがあって料理人が作業してるところが見えます。

メニューは、アラカルトも含めてかなりのページ数。
超悩む。。。
素敵な響きの食材が凝ったかんじで調理された、気になるものが目白押し。

迷いに迷って、結局セットメニューから選ぶことに。
とりあえず前菜とメインとワインを頼み、デザートは様子見ながら。

アミューズは写真がないですが
フォアグラのムースにポルトワインのリダクション、パルメザンのフォームがショットグラスのような器に入ったものが出てきました。

続いて前菜
latelier02.jpg
サーモンのタルタルにクリスピーなポテト、なにかの葉っぱ(なんて色気のナイ表現)と、アクセントにバジルのソース

いろんな食感が楽しめて、美味しい。

Tは海老のつくねとちりめんキャベツに出汁がかかって紫蘇のトッピングがのったなんとも和風な一品をチョイス。
英語メニューでは
Tiger prawn tsukune, dashi broth and shiso みたいな風に書いてありました。

つくねとあったけど、味見させてもらったら海老しんじょにちょっと濃いお出汁がかかったような感じ。

続いてメインは
latelier03.jpg
牛のランプ肉のステーキ。
肉も柔らかくて美味しいのだけど、下に敷いてあるホースラディッシュの効いたソースのかかったケールと食べるとなお美味し!

さらにウェイトレスのお姉さん絶賛の付け合わせのマッシュポテト(写真左上のボール)が滑らかクリーミーでこれまた美味しい!

お料理に合わせて選んでもらったワインも存在感のあるアルゼンチンのワインで、名前が全然覚えられなかったけど美味しかったです。
しかし、庶民の感覚ではワイン一杯で19ポンドは・・・お高いなぁ。

良いワインなのだろうけども、特にワタシのような安いものでもそこそこ美味しいと思って飲んでる、ワインの味をあまりわかってない人間には、猫に小判な気もします (´ε`;)ゝ…

前菜、メインと食べて、量も程よく。
こりゃ、デザートも行けますな。
ということで。

latelier01.jpg
パリブレスト。
美味しかったです(しみじみ)

刺さりそうな飴細工なんかも、どうしてよいかよくわからないのでそのままポリポリ。

Tはポーチした洋梨にラベンダーアイスクリームという、ワタシも気になったデザートをチョイス。

ラベンダーのアイスが・・・キツすぎることもなく絶妙に、でもしっかりと花の香りがして、程よい甘さの洋梨ともよく合って、これまた美味しかったです。


おかげさまで、とても幸せなひと時が過ごせました。

ご馳走さまです。


お店の情報やサンプルメニューはこちらから☆




これだけ食べたので、気合い入れて仕事を探さねば!


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR