スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のハギスはベジタリアンで

1月25日はスコットランドの詩人ロバート・バーンズにちなんだバーンズナイト。
スコットランドではこの日、伝統的にハギスを食べるらしい。
ということを聞きかじって、去年の1月25日に初めてハギスを食べてみたのです。
その時の記事☆

ハギスはなんぞや、というと一言でいえば羊の臓物料理。

ところがそんなハギスのベジタリアンバージョンがあるという。
数日前に義母から「ベジタリアンのハギスが意外に美味しかった」という話を聞いて、今年のバーンズナイトにはこのベジタリアンのハギスを頂いてみました。

さっそくWaitroseで入手
Veghaggis02.jpg
ラベルについてるように『Great Taste gold 2011』を受賞。

ちなみにこのGreat Tasteというのはイギリスで言うところの食のアカデミー賞のようなもの!?
で、このGreat Tasteの受賞ラベルのついてるものは、あんまりハズレることがない気がする。
今回も期待が持てます。

さて気になるのは、羊の臓物のベジタリアンバージョンとは何ぞや、というところですが。
原材料を見ると、メインにオーツ麦、水、植物性マーガリン、とあり、その後に豆類や野菜やキノコがポツポツと入っているもよう。

調理方法は、水を張ったトレイに入れてオーブンで70分、もしくはレンジで10分。
ということで、レンジでチンしました。

そういえば去年は家にレンジがなくて、ハギスをひたすら2時間くらい茹でた気がする。
電子レンジ万歳。

出来上がりはこんなかんじ
Veghaggis01.jpg
見た目に、すっごく美味しそう、というものではないのだけど。

オーツ麦がプチプチのモチモチ食感で、かなりしっかり味もついてて。
なかなか美味しかったです。
しかも腹持ちしそう。

去年のハギスは1kgくらいあって、1日では食べきれず、残ったものは翌日の弁当になったり、翌々日にジャガイモと混ぜてコロッケにしたりしてなんとか消費したけど。

今回は3人分のハギスを買ってきたので。
残った分は、翌日付け合わせのジャガイモや野菜と一緒にバブル&スクイークにして消費。
このBubble & Squeak というのは、ロースト料理をしたときの残り物をぎゅっとまとめてお焼きみたいにした、イギリス版の残り物レシピ代表みたいなものです。

見た目はたしかにハギスそっくりで、でもベジタリアンということで味は全く別物だけど。
なかなか美味しく頂きまして。
これはこれでアリかな、と。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

年末年始と1年後のポインセチア

明けましておめでとうございます。
というにはちょっと遅い出だしですが、2017年最初のブログ書き初め。

去年のクリスマスは、恒例のT家族と過ごし。
クリスマスイブには、珍しく家族勢揃い。
うちの娘のよっちゃんも加わって、義両親、義長姉家族4人、義次姉家族4人、義三姉家族4人、ワタシ達3人、義弟夫婦2人の19人。

翌クリスマス当日も、ユダヤ教で夫家族と過ごす義三姉家族を除いた15名で義次姉の家で七面鳥をかこみました。
もう子供たちは朝からテンションMAX。
プレゼントにもらったおもちゃ持って家中走り回り。

うちは昨年はよっちゃんがいてなかなかクリスマスショッピングにもいけず。
こんな時に頼りにしたいTがグダグダで、ワタシのストレス急上昇。
あんたの家族と過ごすからこっちは気ぃ使ってんのに、なんじゃアンタのその態度!!!
と、切れかけてたのですが。

直前でバタバタとプレゼントをそろえて、フタを開けてみたらなんとかなった。

まだ物心ついてないよっちゃんも家族からプレゼントを頂いたのですが。

義両親からもらった人形が、ちょっと不気味でワタシ申し訳ないけども引いてしまいまして。
大きさはよっちゃんとほぼ等身大かちょっと大きいくらいで。
なんて言うか・・・ちょっと愛嬌とそばかすのあるチャッキーみたいな・・・

義父がプレゼント開けてもらうのを心待ちにしてたようだったんだけど。
あけてワタシ、ちょっとギョッとしてしまって。
悪い冗談かと思ったんだけど、T曰く、両親世代はおもちゃって言ったら人形とかで、本気で良いと思って用意したんだと思うよ、ってことだったけど。

義兄たちが不気味だ不気味だっていいながらそばかすチャッキー使って子供たちをけしかけて。
最後は6歳の甥っ子が、プレゼントにもらったエアガンの的にしてて。

夜、おいとまする時に故意に忘れたふりして義次姉の家に置いていこうと思ったら、「これ、忘れないようにね。」って義次姉から笑顔で手渡しされました。

よっちゃんが遊ぶにもよっちゃんよりデカいし、当分は出番もなさそうで。
持て余し気味に、現在家の隅の椅子に納まってるけど。
夜とかマジ怖いっす。

大晦日から元旦にかけては風邪で喉をやられて、元旦は高見山みたいな声で過ごした。

よっちゃんの寝かしつけに歌ってた子守唄も歌えず、かわりにiPhoneに子守唄をダウンロードしてリピートで流してたらTからは「ロボット・マミー」と揶揄されたけど、よっちゃんが寝たので文明の利器に感謝。

そんなこんなで、気がつけば今日は1月6日。
クリスマスから数えて十二夜と呼ばれる公現祭。

この日を境にクリスマスの飾り付けをはずすところが多いですが。
今夜はTが友達と飲みに行ってしまい、ワタシも面倒くさいので、家のクリスマスツリーはもう数日放置されそう。

CIMG7553_s.jpg
今年のツリーはちょっとずんぐり。
しかも微妙に傾いてる。

それから、クリスマス時によく出回ってるポインセチア。
去年のクリスマス前に義三姉に鉢を頂いたんだけど。

あれから1年で、今こんな
CIMG7617_s.jpg

うまく育てたら毎年のクリスマス気分を盛り上げてくれるのかと思いきや
あれ?ポインセチアってこんな植物だったっけ!?
ってな状態。

思いのほかうまく育ってしまって、先日遊びにきた義三姉に
「この植物、何?」
って聞かれた。

アナタから頂いた、ポインセチアですよー。


2016年は、20年近く家族の一員だったニャンコ先生が逝去され、一方でよっちゃんが新たに家族に加わり。
いろいろありましたけど。

2017年、ワタシ達家族にとって、そしてブログを見に来てくれた皆様にとっても、良い一年になりますように。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。