スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lord Mayor's Show

先週の土曜日、ロンドンのシティーでLord Mayor's Showという大きなパレードがあって見に行ってきました。



Lord Mayorがなんなのか知らなかったワタシは、てっきりあのロンドンの名物市長
boris-on-a-bike_s.jpg
ボリス・ジョンソンのことかと思ったら全然違いました・・・
(写真はInside Croydonより)

Lord Mayor はロンドンの金融で有名な自治体City of Londonの首班、つまりLord Mayor of the City of Londonということで、Mayor of Londonのボリス・ジョンソン氏とは全く関係ないんですね (≡ε≡;A)…

パレードは11時にMansion Houseを出発し、Templeのあたりで折り返して再びMansion Houseに戻ってくるというルートは下調べで確認済みでしたが。

当日朝11時の時点で現地は激しく雨

一緒に行く約束をしてたNちゃんとは、ランチでも食べながら天気をうかがうことに


Bankの近くでランチしながら、午後1時過まで降り続く雨見てたら外に出るのが億劫になってきて

どうしようかぁ。。。とグダグダしてたら


1時半くらいになって、奇跡的に陽が射してきた!


時間的にも、パレードの先頭はすでにBankに戻ってきているので、とりあえずBankの駅前へ

mansionhouse01.jpg
こちらがLord Mayorの公邸Mansion House

procession01.jpg
この日のために貴賓席が設置されてました

パレードにはこんなごっつい戦車も
procession03.jpg

その他にも軍事関係の団体がたくさんありました
procession06.jpg

procession12.jpg


この日はパレードの通過する道路は全面封鎖でこんなかんじで警察官が待機
police01.jpg
騎馬なんですね。かっこいい。


あとはいろいろ協賛企業らしいランダムな格好の人たちとか
procession04.jpg

procession07.jpg

procession14.jpg

いろんな古風な服装の人たち
procession08.jpg

procession11.jpg

procession09.jpg

馬車もいろいろ
procession16.jpg

騎馬隊
procession10.jpg

procession20.jpg

楽隊
procession13.jpg

procession17.jpg

騎馬の楽隊
procession19.jpg

とかもう、いろいろな団体がパレードに参加してて、見てておもしろいです

でも、最初にも書いたようにパレード開始時にはかなり雨が降っていたので、パレード参加者にはかわいそうなぐらいぐっしょり濡れそぼってる人も多かったです。

楽隊の楽譜とかも濡れて滲んでたり・・・


ワタシとNちゃんはBankからQueen Victoria Streetをパレードと逆行するようにBrackfriarsに向かって歩きながら見学してたんですが、沿道の人出もそこまでぎゅうぎゅうじゃなくて、結構よく見えました。

そしていよいよパレード終盤

procession21.jpg
この人たちに先導されて

procession22.jpg
6頭立ての金ぴかの馬車がやって来ました

こちらがLord MayorがのってるState Coachと呼ばれる馬車です

なんと1757年に作られて以来、毎年このLord Mayor's Showで使われてきているそうで、普段はロンドン博物館に展示してあります。

今の時代に同じような馬車を作るとしたら総額200万ポンド(3億5千万円くらい)するようです。

Lord Mayor自体はさかのぼること11世紀くらいから存在している役職みたいで、任期は1年なのだそうです

statecoach01.jpg
写真では分かりづらいですが、馬車の中で手をふる新しく就任した今度のLord Mayorは史上2人目となる女性です



さて、パレードの後は夕方5時からLord Mayor's Showの花火がテムズ川に上がるので、花火を見るために川沿いに移動します。

が、とにかく寒い!

花火まであと2時間。

出来ることなら、花火があがる5時ギリギリまでどこかの室内でぬくぬくしていたい

そう思ってテムズ川沿いの複合施設Southbankにむかったわけですが、混んでる!

みんな考えることは一緒ってことかしら。

とりあえず相席でお茶を1杯飲んでから、対岸のSomerset Houseのテラスを狙っていったところ、イベント用に貸し切りになっていて入れず 。・゚・(ノε`)・゚・。

Waterlooの橋の上から花火を見ることも考えたけど、川風が冷たすぎて耐えられる自信がなかったのでフラフラとTemple方面へ

でもぬくぬく出来るような場所はなく・・・

仕方ないので、川沿いに出てみるとそろそろ人が花火待ちのスタンバイを始めているようなので、まだ花火まで40分もありますが私達も川沿いで待つことに。

こうなったら最前列がっちり確保で花火みてやる!

30分前になって、仕事終わりのTが駆けつけてきて差し入れに小瓶のウィスキー

小瓶をまわし飲みしてたら、ちょっとぽかぽかしてきました。ナイス差し入れ。

でも実際の花火がどこから上がるのかわからないので、きょろきょろしてたら開始5分くらい前になって2艘の小型ボートに牽引された船がすーっと目の前に停泊。

これは、もしや花火の打ち上げ用の船では!?っと思ってたら

LMS_fireworks01.jpg
きゃー!ビンゴー!

目の前でどーんと花火が上がって、私達のテンションもがーんと上がった!

LMS_fireworks03.jpg
隅田川とかに比べたら全然小規模だけども、目の前でみる花火は最高!
待った甲斐もありました

LMS_fireworks04.jpg
対岸のSouthbankやLondon Eye、その奥にビックベンも見えるし、良い眺めです

LMS_fireworks05.jpg
そして怒濤のラストで花火終了。

5時にはじまった花火、5時10分に終了です。

まぁ、イギリスの花火ってこんなもんだよね。

真っ正面の最前列で見られたので大満足です。


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。