スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスが憎い!

あんな可愛らしい小動物相手に、こんなどす黒い感情がわき起こるとは。

risu01.jpg


自分でもびっくり。


でもアイツら、ワタシの大事な水菜の鉢を掘り返してはわけのわからないモノ埋めていくんですよ。

食べようと思って大事に育ててるのにー

(#`Д´)ノ ムキーッ!


夏の間に実がなった、イチゴ、リンゴもかじられた!

risu05.jpg
収穫をくわえて走り去る図

こんな写真撮ってないで追っかけてって脅したれ、とTには言われますが

でもあんまり人を怖がらないんだよね

risu04.jpg

下手すると、足下まで寄ってきたりするの。


たぶんどこかでナッツとかもらって、人に慣れてそう。

だからいっつもピーナッツやらブラジリアンナッツやらくわえてうちの庭に来ては、掘り返して埋めてくんだよね。

risu03.jpg
こころなしか、最近来るリス太った気がするもん


この間珍しく、手ぶらでやって来たリスが地面に埋めたナッツを掘り返して持っていったので

「へー、ちゃんと埋めたとこ覚えてるんだねー」

とTに言ったら

「そら、100個埋めておけば2、3個くらいは回収してるんじゃないの?」

そうだね。埋めたまま忘れちゃってるのとか、いっぱいありそうだね。



うちの庭の植木鉢には、普段から住人が思い立っては別々に何か植えたり種をまいたりしてるので、ただでさえひとつの鉢からローズマリーとトマトが一緒に出てきちゃったりしてるのに

そこにリスが埋めてったピーナッツの芽が出てきて、もうぐちゃぐちゃです。


でも楽しみにしていた収穫を前に、かじられたり根こそぎ掘り返されたりするのはやはり許せん!


先日再びリスが庭にやって来たのが見えたので

出て行って追っかけたら、横の植え込みからさらに3匹飛び出してきた!


えー、4匹もいたの (゚Д゚ノ)ノ

そら庭も荒らされるわ・・・



話はちょっとかわって

この間公園のカフェの野外ベンチでTとお茶を飲みながら周りをチョロチョロするリスを見ていたら、隣に座ってたおじいさんが話しかけてきた。

「リスは美味いぞ」

「えっ、リスって食べられるんすか?」

「もちろんじゃ。」

と言ってそのおじいさんリスの味についてひとしきり語り、最後に

「ま、わしは食べたことないけどね。」

と言って去っていきました。



でも庭に来るリスを見ていると、ナッツや果物ばっかり食べてるし

案外美味しいのかも・・・



↓あんな可愛い動物になんてこと!と思った方も、言われてみれば美味しそうと思った方もポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お気持ち、わかります。私が庭仕事を手伝っているおばあちゃんの庭では、リスが球根を掘り返しちゃって迷惑してます。おばあちゃんは「リスがグリーンハウスのカバーを破っているのを見たわ」といっていました。
リスって意外に凶暴らしいですよ。
去年だったか、ニュースで、リスにいたずらされて困っている人が唐辛子をまぶしたナッツを庭に置いておいたところ、それを食べてしまったリスが硬直しているのをみました(笑)。そのあとも動きが超スローになって、リスには申し訳ないですが爆笑ものでしたよ。
その後、リスが来なくなったかどうかは不明ですが。

Re: yarnmaruさん

やはり、庭いじりをしているとリスに迷惑することありますよね。しかしグリーンハウスのカバーまで破っちゃうとは、恐るべし!
初めて庭にリスが来てるの見たときは単純に「わぁ、可愛い!庭でリスが見られるなんて、イギリスならでは!」とか思ってたんですけどね・・・甘かった。
今でも公園で見てる分には可愛いなぁと思うんですけど。
でも唐辛子ナッツとはいろいろ考える人もいるんですね。被害に遭ってる人たちはきっと切実だと思いますが。そのスローになったリス映像見てみたいです。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。