洗礼式にお呼ばれ

日曜日に、4ヶ月になるTの長姉の甥っ子ちゃんの洗礼式に招待されてカソリックの教会に行ってきました。

Tの一家はご両親がかなり敬虔なカトリックなのです。

ちなみにうちの実家は浄土真宗で、ワタシ自身キリスト教とは無縁ですが参列には問題なし。

実は甥っ子ちゃんのパパ(義兄)もカソリックではないので

義兄側の親戚も「何すればいいのかしらー」とソワソワ

よかった、自分だけアウェーなわけじゃなさそう



当日は甥っ子ちゃんの他にも2人のベビーちゃんが洗礼を受けました。

まずは神父さんがお祈りをして、参列者も時々唱和。

次に、子供の両親と子供のゴッド・ペアレンツとなるカップルと神父さんの間で何やら問答のようなやり取りが続きます。

このゴッド・ペアレンツは両親に何かあった時には子供の後見人になったりするようです。

そして洗礼式のハイライト

ゴッド・ペアレンツが見守るなか両親が赤ちゃんを抱いて

神父さんが聖水とおもわれる水を赤ちゃんの頭に3回ほどかけるのですが

洗礼受けた3人とも急に頭に水をかけられてギャン泣き。

でも、これで無事に儀式が終了。

あとはそれぞれ参列した家族と記念写真など撮ってお開きとなります。


その後は近くのパブに移動して、貸し切りビュッフェで親戚や友人達一同での会食会。

久しぶりの遠い親戚とか、遠方から駆けつけた旧知の友人とか一堂に会してにぎやかです。

ここには、Tのゴッド・ペアレンツとか、Tを生まれたときから知ってるような方から

「あらT、結婚したの?おめでとう。」

と、ずいぶんワタシ達のお祝いの言葉も頂きました。


結婚の報告は最低限しかしなかった不精者の外国人の嫁は

とりあえずニコニコと愛想を振りまいておきました。


本日主役の甥っ子ちゃんも頭に水をかけられて泣いたあとは

いろんな人にだっこされてほとんど寝てました。いい子。


お宮参りみたいなモノかしら、くらいにしか理解してなかったワタシの予想を遥かに越えてたくさんの人が集まっていました。

宗教的な意味とかはよくわからないけど、甥っ子ちゃん大きく健やかに育ちますように。


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
私も9月に甥っ子の洗礼式に行きました!
アウェー感どころか、どうしていいのかわからずとりあえず立ったり座ったり、何か失礼なことしてないかなぁとそればかり気になってたような・・。
うちの甥っ子の洗礼式は聖水を頭にかけるのではなく、聖水の泉みたいなところにざぶざぶ頭を突っ込まれていましたよ(笑)
こういう宗教的なイベントがあるとあぁイギリスにいるなと感じますよね。
でも子供に健康に育って欲しいという願いは万国共通ですね☆

Re: Aさん

こんにちわ!
実はコレに先立つこと数ヶ月前に、知人の子供(8歳くらい)のFirst Communionと言うモノにお呼ばれしまして。その時はまさに、とりあえず周りを見ながら立ったり座ったりで、終始挙動不審だったと思います(汗
今回はカンペのようなモノを渡され、神父さんの台詞とか全員で唱和する台詞がすべて書いてあったので、事なきを得ました。
しかし頭ざぶざぶとなると、赤ちゃんもびっくり!いろいろあるんですね。
確かにイギリスに来て異文化での冠婚葬祭などの機会が急に増えました。一応失礼のないように心がけてはいますが、困ったときは「ワタシ外国人デ、ヨクワカリマセン」的な開き直りで挑んでます(笑
でも根底にある子供の成長を願う気持ちとかは確かに万国共通ですね。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR