イーリーの大聖堂

もう全然嬉しくないんだけど、先週またひとつ年をとってしまいまして。

その慰めかどうかは分かりませんが、誕生日前日
Tが「誕生日に何がしたい?」
と聞くので、ちょうど日曜だった事もあり
「遠出がしたい」
「どこ行きたいの」
「・・・」

何も考えてなかったので、急遽行き先を考えて、思いついたのがイーリーの大聖堂。

むかーし読んだイギリスの児童文学『トムは真夜中の庭で』にイーリーの大聖堂が出てきて
一度行ってみたいと思ってたのです。

ちなみにイーリーはケンブリッジの近くで、ウナギの採れる島だった事からElyの名前がついたようです。
今は周りが干上がっちゃって島じゃないけど、グレートウーズという川沿いにあります。

車で行くとケンブリッジを過ぎた辺りから、ひたすら凹凸のない平地が続きます。
Ely01.jpg

この辺り、イースト・アングリアは海抜が低くてとにかく平坦
360度地平線です。

そして、そんな平坦な土地だから遠くからでもよく見える
Ely02.jpg
こちらが大聖堂の遠景

お気づきだとは思いますが、この日の天気は見事な曇天。
時折雨が激しく降ってます。。。

でも見学は屋内だからきっと大丈夫。

Ely03.jpg
こちら本日のメイン、イーリーの大聖堂
近くで見ると迫力です

1083年から1351年まで300年近くかけて建てられたそうです。

入り口は
Ely04.jpg
最初どこから入ったらいいのか分からなかったけど、よく見たら小さい扉が。

Ely05.jpg
取っ手のアイロン細工とか素敵です。

Ely06.jpg
中に入ると圧巻の身廊!

でもその前に
Ely07.jpg
入り口は行ってすぐの床に迷路があります。
ツアーガイドさんの話を横で立ち聞きした限りでは、これクリアすると天国に行けるらしい!
でも団体さんが天国めざしてたので、私は後回しに。

この大聖堂、特筆するものはたくさんありそうだけど、そのひとつがステンドグラス
Ely08.jpg

ステンドグラスは19世紀ぐらいの比較的新しいものみたいだけどとにかくきれい!
Ely09.jpg

気になるのは、ステンドグラスに描かれてる内容
もちろんほとんどは聖書からの話とか、大司教の肖像とかだけど。

ノアの箱船とかキリストの受難とかならなんとなく分かるけど
聖書の内容よく知らないし、ラテン語とか読めないので

例えば、この人たち何してるんだろう
Ely11.jpg

ちょっと、ぐりとぐらみたい?
mag146_01.jpg
(福音館書店より)
とか

Ely16.jpg
キリスト様の光背、救命用の浮き輪みたい・・・(不謹慎)

とか、乏しいイマジネーションをフル稼働です。

内部には、別料金でステンドグラス博物館があるらしいのですが、今回は入らず。
ちなみにこの大聖堂、普段は入場料がかかるらしいのですが日曜日は無料でした。

身廊を抜けると、珍しい八角形の間。
Ely13.jpg

これまた別料金で、この塔の上にも上がれるようなのですが、
生憎とこの日はすでに定員オーバーで上れず・・・

でも日曜日のミサに備えてか、ずっとパイプオルガンの練習が続いていて
Ely12.jpg
なんとなく厳かなBGMで拝観出来ました。

Ely10.jpg
祭壇横の彫刻とかも立派です。

帰りに入り口の迷路に挑戦しようとしたら、先ほどとは別の団体さんが挑んでおり、
私の入り込む余地なしで、なくなく断念。

天国、行きたかったなぁ。。。

外に出た後はランチを求めて徘徊。

Tがここはちょっと・・・こっちもちょっと・・・
と難癖つけるので、歩いていたら川に出てしまった。
Ely14.jpg

前出の『トムは・・・』の中で、ビクトリア時代に凍った川をスケートでイーリーの大聖堂まで滑っていくシーンがあるんだけど、たぶんこの川だろうな、と思っていたら川沿いにパブ発見。

Ely15.jpg
遅めのランチでサンデーローストにありつきました。
肝心のビーフが、ドライで薄っぺらくってちょっと残念な感じだったけど
空腹は何にも勝るスパイス、で完食。

その後、本格的に土砂降りになり帰路につきます。

本当は夕食には美味しいバースデー・ディナーと行きたかったんだけど
遅いランチでたらふくローストを詰め込んだせいで、あまりお腹もすかず。

Waitroseで買ったマッシュルームのラビオリに、やたら酸味が際立つ自家製トマトクリームソースという
手抜きディナーになってしまった。

来年こそは、誕生日に美味しいもの食べよう!

でもイーリーの大聖堂満喫の1日でした。
もしまたイーリー行く機会があったら、今度は塔にも上ってみたいな。
あと、迷路に挑戦。ぜひとも天国へ。


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR