Beetroot三昧

このところ、なぜかTが立て続けにビートルートを買ってきて、家に常備状態。

日本では、ロシア料理屋のボルシチぐらいでしか食べた事のないこの野菜。
最近ほぼ毎日食べてます。

スーパーでも水煮や缶詰など売ってますが、Tが買ってきたのはこれ
beetroot.jpg
生のやつ

まったくなじみのない野菜を前に、ネットでレシピを調べてみました。

まずはこれ
beetroot02.jpg
ビートルートのハンバーグ。
チップスとサラダを添えて。

参考にしたのは、友達がお勧めしてたこちらのサイト
Green Kitchen Stories

肉は一切入ってませんが、オーツやフェタチーズなどが入って、ガーリックが効いてて食べ応えあり。
すごい色してるけど、美味しかったです。

続いては、王道(?)のボルシチ!
beetroot03.jpg

地域によって、具がゴロッとしてたりいろいろあるようですが、
ワタシが思い描いたのはこれ
beetroot05.jpg
去年の夏に、リトアニアで友達の結婚式に行った際に食べたもの

これがすごく美味しかったので、出来上がりイメージはこれで。

自分のために、レシピの覚え書き。

材料
野菜(人参、玉ねぎ、キャベツ、セロリなど、冷蔵庫にあったものを適当に)
生ビートルート(このときは1.5個)
レモンジュース
ベイリーフ
スープストック
トマトジュース
ディル
サワークリーム

野菜とビートルートは千切りにして、すこし油を入れた鍋でしんなりするまで炒める。
そこに、水、トマトジュース、レモンジュース、ベイリーフ、スープストック(ワタシはビーフストック)を入れて煮込む。
しばらく煮込んで玉ねぎもキャベツも真っ赤に染まってくたくたになった頃
味見したら、ビートルートの甘さが際立ってて、入れすぎたかなと後悔。

最後にフレッシュなディルを刻んで散らし、器に入れてサワークリームをのせて出来上がり。

結婚式では、塩ゆでポテトと付け合わせにピロシキが出ましたが、
今回はポテトなしで、ライ麦パンと一緒に。

beetroot04.jpg
味見の時点で甘過ぎたかな、と思ったスープも
サーワークリームとライ麦パンの酸味でいい感じに。
結構美味しく出来た!


あとは、日々の食事の付け合わせにサラダ
beetroot06.jpg
下茹でするレシピもあるけど、ワタシは生のままで投入
シャキシャキして、素材の甘みがあって、酢やレモンのドレッシングとよく合います。

でも1つ言えるのは、調理すると手もまな板も包丁もすべて真っ赤に。。。
一緒に和えたり、煮込んだモノもすべて真っ赤に。。。

あとから知った事ですが、このビートルート、ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質など
豊富に含んでいていて栄養価が高いらしい。
美容にもよさそう!
今更だけど、俄然興味がわいてきました。

これからは時々使ってみようっと。


↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR