皮から手作り、餃子

ロンドンに来て、最初は中華系スーパーで冷凍になっている餃子の皮など買ってたのですが、
これがどうも、うまく解凍出来ない。。。
霜の具合か、片側べたべたでくっついてて、反対側は乾燥してパリパリだったりするので
市販のは諦めて、もっぱら餃子は皮から手作り。

つくるのは面倒だけど、手作りのもちもち感はやっぱり美味しい!

折しも、スーパーでフリーレンジの豚ひき肉を見つけたので
週末に思い立って餃子作り。

皮に時間がかかるので、週末みたいに時間がないとなかなか作れない。。。
せっかくなら、作りだめして冷凍しておこう!
と、分量多め。

gyoza01.jpg
いろいろなレシピがあるけど、今回は薄力粉と強力粉をミックス
しかも普通の強力粉がなくて全粒粉のものを使用。

強力粉入れると、もちもち食感になるけど、作る時に皮を伸ばすのが大変。
弾力で戻ってくる。
焼き餃子なら薄力粉だけでもよいかも

gyoza02.jpg
粉をお湯でこねて30分ほど寝かせます。

gyoza03.jpg
餃子作りで一番のハードワークがこれ。
生地を伸ばします。

いつもは1つずつ丸くしてますが、今回大きく伸ばして切り分けてみようかと。

ちなみに留学してた時、春節に合わせて餃子パーティーしたときは、
中国の友人の指導の元、麺棒がなくてワインボトルで餃子の皮作ってましたが結構なんとかなるもんです。

某ブログでパスタマシンで皮を伸ばして、四角く切り分けて棒餃子にしているのを見て、
うちはパスタマシンないけど、丸より四角の方が切り分けやすいし包みやすいのでは、
と思ったのですが。。。

結局、でっかいのを均等に薄く伸ばすのってそれはそれで大変!
ここにきて強力粉が災いして、伸ばしても伸ばしても戻ってくる(泣
ぎゅうぎゅう体重かけて伸ばしたら、手のひらが真っ赤になって痛いです

横で「いつもの丸いのがいい」とほざくTを一蹴して手伝わせ、なんとか皮が完成

具をちょっと作りすぎたので、1つ1つの餃子に目一杯詰め込んだら
こうなった
gyoza04.jpg
なんかパンパン
明らかに太い。

全粒粉混ぜた事もあって、なんか見た目が餃子じゃない

焼き上がっても
gyoza05.jpg
餃子に見えない。

ジューシーだし、味はとっても美味しかったんですけどね。

ちょっとパスタマシンの導入を考えました。
義兄がもってるので、ちょっと借りてみて、良さそうだったら購入しようかな。



餃子作りで手のひらが痛くなった日曜日は、Tがサンデーロースト作ってくれました。
sundayroast01.jpg
庭に(フラットメイトが)植えたケールが青々育っているのでちょっと拝借。

美味しいランチに、つい昼からワイン。
週末の贅沢です。




↓ポチッと頂けると励みになります

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR