日本のこと

先日特に用事もなく1人で週末を過ごすことがあって、ヒマだったけど友達の少ないワタシはTの次姉の家に遊びに行きました。

ちょうどTの長姉も甥っ子2人連れて遊びに来ていて、昼間は子供連れて公園に遊びに行ったりしたのだけれど、夜は子供達を寝かしつけてから、長姉、次姉、次姉の夫と晩ご飯。

その時、次姉の夫から「日本人である君に聞きたいことがあるんだけど」と改まって質問。
さらに「もしかしたら、PCじゃないかもしれないんだけど」と言う。
横にいる長姉、次姉から「だったら聞かなけりゃいいじゃないのー!」とヤジが飛ぶ。
このPCってPolitical Correctness、もしくはPolitically Correctのことで要は偏見や差別のない公平な、ということ。

日本人のワタシに対して、偏見もしくは差別になるかも、な質問?
なんでしょう?
と、ちょっと構えてしまいましたが。

「カミカゼについてどう思う?日本人はカミカゼについてどう思ってるのか聞いてみたいと思って。」

この次姉の旦那さんは40代だけど数年前に退役した元軍人で、そういう職業的な興味もあって聞いてるのかな、と思ったのですが、逆に気になったのは『カミカゼ』が偏見や差別的なことなのかな、ということ。

たしかに「KAMIKAZE」という単語自体がそのまま外国でも通用するくらい認知度のある単語だとおもうけど、使われてる意味としては侮蔑が含まれてることも多い気がする。

だから義兄も「Politically correctじゃないかもしれないけど」と前置きしてたし、
長姉も次姉も「まやちゃん、答えたくなかったらそんなの答えなくていいんだからね」といって義兄を責めてる。

でもそれが差別や偏見だという認識はワタシにはないし、出来ることなら、日本人として日本の事には答えたい。
とは言え、ワタシの神風に対する知識だって昔学校で習った社会科の教科書と、太平洋戦争を扱ったテレビドラマや映画くらいのもの。

当時の国策プロパガンダとか、戦争末期の学徒出陣で多くの若者も特攻に参加してたこととか、それに対して自分の思うところとか話してみたけど。
日本人がみんな同じように思ってるかは、正直よくわからない。

そしてそういうことが英語でちゃんと伝えられたのかも、どうだろう。



海外に出てから、日中や日韓の関係とか、日本の宗教に関してとかも聞かれることが多い。
仏教とか神道とか、日本人の宗教観とか、いざ説明してみようと思うと結構わからない。


最近聞かれてうまく説明出来なかったのは、日本の国債のシステム。

やはりT家族と集まって団らんしてた時のこと。
ヨーロッパの金融危機とかギリシャの財政破綻とか、なんだか堅いトピックで話題が進行していて、その中にいた銀行員の長姉の夫が「そういえば日本の負債総額ってすごい額だよね」と言われ。

うぐっ・・・
学生時代から、政治経済は苦手で日本語で説明出来る自信もない。

「じゃあ、どうして破綻しないの?」と他の人にも聞かれ、
「えーっと、日本の国債はほとんど国内で保有してるから・・・かな」
としどろもどろで答えてみたけど、ホントのところどうなんでしょう。

後で調べてみたところ、2013年に日本の負債総額が1000兆円越えたそうですね。
額が大きすぎて見当がつかないんだけど。


以外に知らない日本のいろいろ。
海外に住んでるからこそちゃんと知っておこう、と思った次第です。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR