スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供と話す英語力

以前ワーキングホリデーでイギリスに来ていた時に半年ほどイギリス人家庭でベビーシッターをしたことがあります。
ベビーシッターというか、6歳と9歳の女の子の相手だったのでベビーでもないんだけど。

要は学校の送り迎え、習い事に連れて行ったり、簡単な夕食を作ったりして、母親が帰ってくるまで子供の相手をしてました。

子供と話してて思ったのは、学校で習わなかった単語がいっぱい出てくる。
さらにちょっと発音が怪しいと容赦なくダメだしされる。

ということで、当時子供達にスパルタ的に鍛えらたことも今のワタシの生活である程度役に立ってるかと思われます。


今でも覚えてるのは、ある日学校から帰って来て6歳になる下の子とお絵描きをしていたときのこと

「猫の絵描いてー」と頼まれたので、お易い御用、と猫を描いた

catpicture01.jpg
(再現イメージ)

そしたら「ポー描いて」と言われた。

そこでワタシ???
ポー?
貧困なワタシのボキャブラリーにない単語

分からなかったので、「ポーって何?」って聞いたんだけど
子供の方も「ポーはポー」と言うばかり。
結局よくわからず。

「えー、ポーって何?ポー?プー?とりあえずプー描いとく?」

と猫の絵にpooを描き足した
catpicture02.jpg


そしたら子供激怒。

「ちーがーうー! (#`Д´)ノ PAW

ワタシにはpawが分からなかった。。。

結局子供の言う通りに描き直してこんな感じになりました。
catpicture03.jpg


言葉って難しい。
日本語だったら全部『足』で済むのに。

あれから状況もだいぶ変わって英語もちょっとはマシになり今ならpawだって分かるけど、でも今でも子供に絵本の読み聞かせとかすごい苦手。
Tの甥っ子達相手にたまーに頼まれたりするんですが(なんでワタシに!?)と思いながら、発音を4歳児にダメだしされつつたどたどしく読んでます。

最近はワタシもちょっと知恵をつけて、甥っ子の好きな海洋生物ばかり載ってる図鑑のような絵本(ストーリーなし!)を広げて、タコやエビの解説などしてやりすごしてます。

オバちゃん、ストーリー性のあるもの読んであげるにはもうちょっと修行が必要デス。



こちら本物のpaw
pubcat14.jpg


でもベビーシッターをしてて、ホントは一番分からなかったのは世話をしてた子供達のお父さんが話すグラスゴーなまりの英語でした。
自分でもビックリするぐらい解らなかった。
グラスゴー訛は今でも理解出来る自信ナイです。。。


↓肉球好きな方、ポチッっとプリーズ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。