スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプだホイ@Sussex

義姉家族に誘われて、週末Susexにキャンプに行ってきました。

地図で言うとブライトンの近く
map_campingss.jpg
この辺り

金曜の午後にロンドンを出発
ちょっと道が混んでたけど、車で2時間ほど。

現地で義姉家族(夫婦と甥っ子2人)と合流。

車から荷物を下ろして早速キャンプの準備開始・・・
のはずが。

ん?
あれ?

なんか、無くない?


まさか・・・

テント忘れた!!!?


なんて迂闊!なんてアホ!
キャンプに来てテント忘れるなんて。


義姉がキャンプ場近くの町のアウトドア用品店を検索してくれて、慌てて買いに走るワタシとT。
田舎のお店は、店じまいが早いので時間との勝負。

幸い無事にお店を見つけ、サマーセールで半額になってた一番安い2人用テントを購入

町にはスーパーなどもあるので、夕食の買い出しなどもあればついでにと思ってTが義姉に連絡すると
「これから準備するのもなんだし、フィッシュ&チップスでも買って来て」

ということで、夕食フィッシュ&チップス。


キャンプ場に戻ると、義兄が薪をくべてキャンプファイヤーを用意。
持ち帰ったフィッシュ&チップスが冷めないうちに、早速みんなでキャンプファイヤー囲んで夕食。

義兄が「日本にはキャンプの歌はないの?」というので、たぶんワタシが唯一知ってるキャンプの歌『キャンプだホイ』を披露。

昔小学校でこの歌を習った時には、まさか将来自分がイギリスでフィッシュ&チップス食べながら歌う事になるなんて想像もしなかった。

夕食後、まだ日も長いのでTと散歩に出る。

sussex03.jpg
あちこちにこういうフットパスの表示があるので、パスに沿って行くと

sussex08.jpg
森の中や

sussex01.jpg
畑の中などを歩けます。

sussex05.jpg
こちらの牧草地は馬を放牧中

sussex07.jpg
フレンドリーな馬が興味津々で寄ってきます。

柵などないので、でっかい馬が自分に向かって走ってくるとビビります。
(この馬は、ワタシ達の前をそのまま通り過ぎて水飲み場に向かっていったので、ホッ)

sussex09.jpg
サセックスのこの辺りは、サウスダウンズと呼ばれる丘陵地帯があり。

このサウスダウンズはイングランド南東部の海岸沿いをはしっていて、白亜の崖で有名なセブンシスターズの方まで続いてます。
white_crif_01.jpg
(以前Seafordに行ったときの白亜の崖)

キャンプ場に戻る頃には辺りも薄暗くなって来て。
甥っ子2人(1歳と4歳)を義姉が寝かしつけたら、あとは大人4人でキャンプファイヤー囲んで酒飲みながら夜は更けていきます。

日本と違うなぁ、と思うのは、時々遠くでショットガンを撃つような音が響いてること。
義兄曰く「うさぎ狩りでもしてるんじゃないの?」

そういえば、ワタシ達も散歩中にhareという大きめの野うさぎを見かけた。
キャンプ場では小さいウサギRabbitがあっちこっちでピョンピョン出てくる。

うさぎ狩りかぁ。
でもこの暗い中でウサギ見えるのかしら。

この日買ってきたテントは2人用とは言え2人入ったらキツキツで、押すな、蹴るな、境界線越えてオレのテリトリーに入るな、と若干の諍いはあったものの就寝。

翌日はスッキリ晴れて、お昼は近くのパブまで散歩がてらランチに行こうという事になり。

歩きたくないと愚図る4歳幼児をなだめすかしての散歩。
なかなかタイヘン。

sussex11.jpg
歩いてると、途中で乗馬中の人とすれ違ったり。

この辺り、馬のレーストラックや、乗馬クラブなどもちらほら見かけます。
いいなぁ。馬、乗りたい!

実はワタクシ、高校時代は馬術部だったのです。
もうかれこれ10年以上は馬に乗ってないですケド。

sussex16.jpg
こちらは道端の無人らしい野菜の販売所。

野菜の他、花や野菜の苗を売ってるところもありました。

そしてたどり着いたパブ。
お庭が素敵ー!
sussex13.jpg

そして広いー!
sussex14.jpg

大人達、まずは一杯。
ワタシは冷えたサイダー。うまー!

そして前菜のガスパチョに続いて来たランチのメイン
sussex15.jpg
Hake(白身の魚)にハーブとケイパーの効いたサルサ・ヴェルデとサフラン風味のソース。
美味しかったです。ご馳走さま!

戻ったキャンプ場では、早速キャンプファイヤー
sussex18.jpg

義兄が本日の夕食を仕込んでます
sussex19.jpg

この義兄、野菜嫌いでローストの付け合わせの野菜とか全然食べない人だけど、料理は上手い。
彼の作る、煮込み料理やビーフ・ウェリントンは絶品。
夕食にも期待が持てます。

sussex20.jpg
本日の夕食メニュー
牛のホホ肉の煮込み。

キャンプファイヤーで4時間ほど煮込んだ肉は、柔らかくて美味しかった。

その後、キャンプファイヤーでマシュマロ焼いたりしつつ(初体験。これキャンプでやってみたかったのです!)
みんな疲れてて早めに就寝。

ところが・・・
夜中、キャンプ場の近くで結婚式だか何だかのパーティーをしていたらしく。

田舎だからか、騒音も気にせず夜中から明け方にかけて、観客を煽るDJのMCと、あまり上手いとは言えないベタなセレクトの音楽が、風向きによって大きくなったり小さくなったりしつつずーっと聞こえていて。

明け方からは、今度は山鳩が近くで鳴き出し。
そのうち、起きだした甥っ子が前夜のマシュマロを巡って何やら愚図ってるのが隣のテントから聞こえ。

なんとなく疲労感いっぱいで起きた日曜日。
朝食後は早めにロンドン帰ってきて、家でゴロゴロ。

たまにキャンプも良いけれど、
やっぱお家がイチバン。


こちらは庭にテントや寝袋をだして干してたら、興味津々でやって来たコ
pubcat15.jpg



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。