スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーミンガム散歩 ギャラリーへ

前回に引き続き、バーミンガムの街歩き。

今回は市街地のほぼ中心にあるBirmingham New Street Stationから西側、先日記事に書いたバーミンガム公共図書館をさらに越え、わりとお洒落なバーやレストランの並ぶBrindleyplace辺りからスタート。

ここにはなかなか面白い、そしてバーミンガムでは数少ないコンテンポラリーアートのギャラリー、Ikon Galleryがあります。

ikon01.jpg

このギャラリーの建物は、元々学校だったもの。
ikon02.jpg

内部はリノベーションしてきれいになってますが、元々の建物もちゃんと残してあります。
ikon04.jpg
こちらは外部みたいな内部

ここのギャラリー、普段は1〜2人のアーティストを取り上げて、だいたい2つのフロアに渡って展示していることが多く、展示内容も2ヶ月ごとぐらいに変わっていくのですが。

ワタシが行ったときは、ちょうどこのギャラリーの50周年記念の展示として80年代にIkon Galleryで展示をしたアーティスト29人によるグループ展が行われていました。

ikon03.jpg
こちらはイギリスのアーティスト、コーネリアー・パーカーの作品

実は、数年前初めてこのIkon galleryを訪れた時にも、コーネリア・パーカーの展示をしていたのです。

ikon2007_01.jpg
その時の展示。

数年を経て、久しぶりに訪れたギャラリーでまた同じ作家の作品に巡り会うと、なんかちょっと古い知り合いに再開したような・・・何だそりゃ、な感想ですがそんな気分。


その他、ワタシがわりと好きだったのはこちら。
ikon05.jpg

なんだか仰々しい、こちらの装置。
いったい何の装置でしょう?と問われて、さっぱりわからなかったのですが。


正解は綿菓子製造機(←すぐに正解がわからないように、白文字で書いてみました)

ちゃんと毎朝実演製造しているのだそうです。

あと、こちらのギャラリーで好きなのがエレベーター。

3階建ての建物なので階段で行けるのですが、行くと必ずエレベーターに乗ってみます。
だってここのエレベーター、歌ってくれるのです。


そんなIkon Galleryから市街地の中心に戻ってくると、街のメイン広場ヴィクトリア・スクエアの横にはBirmingham Museum and Art Galleryがあります。
brham08.jpg

こちらの建物、内部の装飾も素敵ですが。
バーミンガム、実はビクトリア時代に活躍した、ロセッティなどラファエル前派のコレクションが充実してます。

ロセッティはこんな絵を書いた人
preview_1927-p7.jpg
(Birmingham Museum and Art Galleryのコレクションより)


ここから今度はBirmingham Cathedralを横切って、Snow Hill Stationの駅の方に向かって行くと、駅前から可愛らしいアーケードが続いてます。
brham09.jpg
グレート・ウェスタン・アーケード

ここのアーケードには可愛らしいお店やお洒落なお店が多いのです。
brham04.jpg


これが、同じような作りでもグレート・ウェスタン・アーケードから5分と離れていない、街の目抜き通りから裏路地に入ったところにあるこちらのアーケードなんかは、シャッター商店街みたいで、裏寂れて、荒んだ観がハンパなかったりするのですが。
brham03.jpg
作りはキレイなのに、もったいない。

バーミンガム、アーケード商店街の光と陰を見るようです。


以上、ワタシの独断と偏見で廻ったバーミンガムの街歩きでした。


余談ですが実は、このグレート・ウェスタン・アーケードに気になるお店がありまして。
sushipassion01.jpg

ジャパニーズ・レストランではなく、あえて『寿司&刺し身』のレストラン。
シェフはポーランド人との事ですが、ワタシの周りでもなかなか評判のよいお店。

日本人としては、そのパッション受け止めておきたい。
ということで次回はバーミンガムでお寿司堪能です。



さらにおまけ
楽器屋さんのディスプレイでこんなの発見
brham06.jpg

カラオケ発祥の国(?)から来たワタシにも、こんなカラオケナイトは斬新!
しかも、よくみたらコマネチ?



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。