バーミンガムでお寿司を頂く

Snow Hill Stationの駅前から伸びるグレートウェスタン・アーケードの一画にあるこちらのお店
sushipassion07.jpg

元々は、こちらでも書いたインドア・マーケットで、ポーランド人シェフがカウンター席だけの小さなお店を構えていたのですが。
sushipassion08.jpg

いつもわりと混んでて盛況だったようで、レストランとして改めてこちらにオープン。
しかもこの8月にオープンしたばっかり。

イギリスで、日本人でない人の経営する寿司屋には正直不信感いっぱいで、今までにも日本で見た事のない、時にはちょっと衝撃的な寿司を目の当たりにして来たりもしてるのですが。


海からも遠い内陸地のバーミンガムで、ポーランド人シェフによるお寿司。
初めて聞いた時には、先入観一杯で疑ってかかってたワタシですが、バーミンガム在住の日本人の友人がすすめてくれた事もあり、先日この友人と2人で一緒に行ってみました。


ショーウィンドウとカウンター横には、8月だけど五月人形がディスプレイ。
ウェイトレスのユニフォームなど、若干『欧米人の考える日本、でも日本人には違和感』的なところもありますが、お店の内装も、小物もなかなか日本的にまとまってます。

こちらfacebookからお借りした店内の画像
sushipassion09.jpg
カウンターがライトアップしてあったりするものの、落ち着いた雰囲気で良い感じ。

お店もこじんまりしていて、カウンターにシェフが2人、ウェイトレスが1人でお店を切り盛り。

久しぶりのお寿司、何を頼もうか迷ったのですが、まずは盛り合わせ的に色々入ったものをセットで頼みました。
sushipassion02.jpg
こちら、握り、巻物、お刺身が入った、確かDavid set
件のポーランド人のシェフの名前はアダムというので、デヴィッドって誰だ!?

でも内容はいたって普通のお寿司で、イギリス的な斬新すぎて日本人が引くようなネタもなし。
しいて言えば、シャリがかなりギュウギュウとみっちり握られてるので、ちょっとでもお腹いっぱいになりそうな予感。

デヴィッド・セットを2人でシェアした時点で、わりとお腹いっぱいになって来たのですが、なんか巻物も食べたいねー。

ということで、次はドラゴンロールを頼んでみました。
sushipassion04.jpg
(左端の一個はすでに食べてしまいました)

これは海老フライとかんぴょうの裏巻きにアボカドと鰻をのせたモノ。

おいしかったけど、海老フライがちょっとお弁当に入れる冷凍海老フライみたいなかんじ。
やっぱりご飯がみっちりしてて、これで結構お腹いっぱい。

お茶を頼むと、何度でもお湯を注ぎ足してくれるので、お茶をのみながら小休止。

友人は、メニューにジャパニーズ・レモネードを発見。
思わず頼んじゃいました。

sushipassion05.jpg
これ、ジャパニーズ・レモネード
写真後ろ、冷たいお茶を頼むと「お〜い、お茶」が出て来ます。

ラムネ、ビー玉落として開栓するとき、ブシューっと少し飛び散らせましたが・・・
懐かしー味がしました。

なんかラムネが置いてある辺り、日本人心を刺激します。


夜8時半を過ぎた辺りで、平日にも関わらずほぼ満席。
他のお客さんを横目で観察するのもなかなか楽しい。

このお店、刺身のつまの大根を、鉛筆削りの大きいのみたいなので太めの長ーいらせん状に切り出してあるんだけど。
カウンターのはす向かいに座ってるイギリス人らしき若い男性、この大根を食べようと箸で取ったのはいいけど、大根がすごーく長くて、1本の長いうどん食べてるような図になってる。

あと、ワタシもカウンターに座ってるのですが、先ほどから何かあるたびに目線が合うこの人
sushipassion03.jpg

お店のディスプレイの、剣道の防具着たマネキン。
写真では分かりづらいけど、防具の中からずっとこっち見てる。。。
結構リアルでこわい。

ちょっとお腹がこなれたところで、ワタシは気になってたこちらを追加注文
sushipassion06.jpg
ウニー!ウニの軍艦巻きですよ。
ウニなんていつ以来かしら。

付け合わせのワサビが饅頭みたいだけど、そんなの気にしない。
久しぶりのウニ、幸せ。


友人はお腹いっぱいなのでデザートに移行。

でも、デザートメニューを見てたら不思議なものを発見
Wasabe ice creamy

おそらくワサビの誤字かと思われるのだけど。
味もさながら、アイスクリームではなくアイスクリーミー。
気になる要素がイロイロ。

フルーツサラダに生姜シロップ、というのも気になったけど。
友人は結局無難に、グリーンティー・アイスクリーミー。

フルーツの添えられた抹茶アイスが出て来ました。


まだオープンしたばかりだからか、マイペースなウェイトレスさんは全然メニューを覚えてなかったけども、久しぶりのお寿司やお刺身、楽しく美味しく頂きました。

日本と比べたら、ネタなどは少ない(特にワタシの好きな白身の魚とか少ない)けど、見事な飾り巻きやお稲荷さんなんかもあって、ポーランド人シェフの寿司に対するパッション感じました。

イギリスに来てから、バナナ巻きやマンゴー巻きなど見て憤慨してたワタシには、こちらのお寿司かなり満足。

今回お酒は飲んでませんが、お腹いっぱいで1人25ポンドほどでした。
ご馳走さまです。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR