スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病人食

ある朝、Tが突然吐き気に襲われ、起き抜けにトイレにダッシュ。


今までも前日にひどく飲んでの二日酔いで、このような症状でトイレにダッシュする事はあったりして、そんな時は自業自得と放置してたワタシですが。

この日の前日は普通に家でワタシが作った夕食食べて、特に飲みすぎたわけでもなく。
前日まで何の予兆もなかっただけに。

食中毒?
もしやワタシの調理した夕食で!?
(でも、ワタシはまったくどうもない)

などとちょっとオロオロするワタシをよそに、原因不明の体調不良でトイレの往復を繰り返す夫。

水を飲んでも吐き気がするから、と水分摂取も拒否。


日本だったら、無理にでも水分補給。
出来ればポカリスエットとかアクエリアスみたいなのを飲ませたいとこだけど・・・


結局なにもいらないから、と言われなす術もなく。
幸い私も家で仕事で、時々様子を見に行く程度。

私が小さい頃、体調を崩したときはとにかく水分補給にスポーツ飲料などを飲んで、母がお粥やすり下ろしたリンゴなどの消化の良いものを作ってくれたりしたけど。

とりあえずお粥は断固拒否され。

こんな時異国ではどう対応したらいいのかしら。

以前一緒にベトナムを旅行した際にTが食あたりをおこしたときは、「こういう時にはダイエットコークがいいんだ」というワタシには初耳な情報でとりあえずダイエットコークのみ口にしてたT。

さらにワタシが体調を崩して食欲がない時には
「しっかり食べて栄養取った方がいい!あと唐辛子やスパイスに殺菌作用があるから!」
とココナッツも入ってクリーミーでこってりスパイシーなラムチョップ入りのカレーを作ってくれたT。

食欲がないところに、刺激物とラムチョップのヘビー級。

気持ちはありがたいけど・・・
お粥が恋しい。みそ汁でもいい。やさしいお出汁もいい。でもラムチョップは無理っす。

と、Tとの間に根本的な病人食に対する認識の違いを感じたのですが。


今回のTの不調、ワタシに何が出来る!?


ちょっと症状がマシになってきた午後、本人の希望によりコーラおよびジンジャーエールを買ってきて飲ませる。


さらにちょっと食欲が出てきたらしい夕方。
自分が食べたいものを作る、と台所に立ったTが作りはじめたのはまたもやカレー。
しかも本格インド風のスパイス調合から入る野菜カレーと、レモングラスやコリアンダーたっぷりのちょっと東南アジア風なエビカレーの2種!

おいおい、空きっ腹に刺激物を大量に入れて大丈夫っすか!?
と、心配するワタシをよそに、結構しっかり食べてる。

そしてどうやらモリモリ回復してる様子。

翌朝にはすっかり調子を取り戻したらしく、夕食の残りのカレーを朝から食べてました。
けっきょくは疲れがたまったのだろうと本人は言ってますが。


それにしても、なんか体の構造とかが違うのかしら?
そしてこのカレー信仰はどこから来てるの?
(Tの実家も普通のイギリス人家庭で、病人食にカレーを出す気配はないし)


何にしても夫にここまでされると、ワタシが体調を崩した時にお粥を作ってもらえる可能性は万に1つもなさそうだけど、かといってラムチョップやカレーは厳しい。

結局自分で食べたいものを作るしかないのですね。


体調を崩さないように、日々気合いで乗り切ります。



これから季節の変わり目、皆様もどうぞ体調など崩さぬようお気をつけ下さいませ。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



                       
スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメントどうもありがとうございました〜。
私も以前具合悪いときに(ほとんど皆無ですが)、ダンナがイングリッシュ・ブレックファストの朝食を作ってくれたことがあります。
食欲ないのに、見ただけでも「げーっ」て感じでした。(笑)
お粥が一番いいけど、こっちならポリッジだったらまだ許せるかも?

Re: No title

ねこなすさん:こんにちは。具合の悪いとき、特に食欲がない時に朝からイングリッシュ・ブレックファストはなかなか辛いですね。。。旦那様としては、栄養つけて早く元気になって!っていう心遣いだったのでしょうか。
ウチの夫もそうですが、消化にいいものを、とかいう考えはないのですかね。
ポリッジ、牛乳が入ったり甘いのは実はちょっと苦手なのですが、お出汁や野菜スープの延長みたいなのだったら結構ありかもしれません。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。