スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いGPって?

イギリスに来てから、水(硬水)のせいか、室内の暖房などで乾燥するのか、時々肌のトラブルがでるようになって。
症状があんまりひどいと、登録してる近所のGP(一般開業医)に行くのです。

GPはイギリスに来てすぐに登録し、その後は引っ越しするたびに近所に登録し直して。
現在も家の近くで、土曜日も開いてる比較的大きくて複数の医者がいるGPに登録してて、何かあるとここに行くのですが。


先日も皮膚のトラブルでGPに行ったときの事。

診察してくれた女医さんにも何が原因かわかりかねてるようで、一通り診察した後、ワタシの前で皮膚科の専門医に電話をかけて、電話でなにやら聞いている。

イギリスではとりあえず何かあったらGPに行って、そこで解決しなかったら専門医に紹介してもらうようなケースが多いのですが。

結局電話だけでは分からなかったらしく、そのまま電話で何やら日時を決めて電話を切ったあと
「じゃあ皮膚科の専門医紹介するから、明後日の朝10時にここの病院に行ってちょうだい」
と言われ。

でも言われた日には、すでに抜けられない仕事が入ってる。
「あの、その日時だとちょっと難しいんですけど」
と言ったら。

「あら、じゃあ仕方ないわね」
で、おしまい。

とりあえず、これじゃないの?的なかんじでGPで薬を出されたけど。
日時を改めて専門医の予約なども、ナシ。

こういう時、患者の都合とか、聞かないの!?


なんか腑に落ちないまま、家に帰ってTにこの話をしたら。

「えっ、明後日!?そんなに早く専門医の予約取れたの?
普通、専門医の予約とるのってすごく時間がかかってヘタすると何ヶ月も先とかなんだよ。
そんなにすぐ予約が取れたなんて、そのGPすごくいいGPだよ。
仕事休んででも行くべきだったのに!どうして断ったの!?」

と、むしろ断ったワタシを責めてる口調。

でも、会社員と違ってフリーランスの仕事なんてそんな直前に断れないし。
そうなると、医者にも行けないの?

なんだか余計に腑に落ちない。


こんな時、日本だったら直接皮膚科に行って診てもらえるのに。

GPが専門医でないのは分かってるけど。
それにしても、Tの言うように専門医の予約がすぐ取れる医者が『良い医者』で、都合が悪くてそれを断ったワタシがいけなかった、みたいに言われるとなんだか・・・


GPで出してもらった薬はあまり効いたとは思えなかったのも、ワタシが不満に思った一因なのです。


結局、GPの判断で専門医に診てもらえるかどうか決まるし、初診のGPの判断が間違ってて深刻な病気にすぐに気づかなかった、なんて話も時々聞くと不安になるけど。

これがこの国の医療システムなので、何かあったら諦め・・・でしょうか。




本文とは無関係ですが、こんな時は猫に癒されたい
pubcat22.jpg
最近ほぼ毎日遊びにくるパブ猫パッチ。
うちで昼寝して、お腹が空いたらパブに帰って行きます。




↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。