光のお祭り Diwali

diwali_deli03.jpg
こちらは2011年に行ったデリーのDiwali

週末に、インド人の友人がヒンドゥー教のお祭りDiwaliのお祝いをするというので彼女の家があるロンドン西部に遊びに行ってきました。
diwali_london03.jpg

彼女の住むロンドン西部、ヒースロー空港からもほど近いエリアはインド系の人が多く住むエリアでもあり。
駅からの道すがらもそれらしい花火があちこちで上がっていました。

このお祭りはヒンドゥー教の新年のようなものらしく、当日は新月となるので毎年日にちが変わるのですが今年は10月23日。

このディワリは光の祭りとも言われるように、家中をキャンドルで飾ったり(インドではギーというバターの上澄みを使ったオイルランプ)花火を打ち上げたり。
diwali_deli02.jpg

イギリスで花火がいっぱい打ち上がる11月5日のガイフォークスの日の前後だったりするので、この時期はあちこちで花火が上がってます。

友人宅でもキャンドルに火が灯されてました。
diwali_london02.jpg

火の元には十分注意ですが、キャンドルだけで灯りをとると、部屋の中も電気とは違った厳かな雰囲気。

diwali_london04.jpg
友人が用意してくれたスナック類も、パコラやサモサ、パパドなどインド風。
この中のポテトとミントソースを使ったサラダのようなものがすごく美味しかったんだけど、キャンドルのみの灯りで、暗くて何が入ってたのかよくわからず。

友人の旦那さんはイタリア人で、集まった友人は日本人のワタシを含めイギリスやスペインなどいろいろで、スペイン人の友人が食前酒にサングリアを用意。

サングリアを飲みながらのインド料理もなかなか乙なものです。

さらに友人の伯母や従兄弟やその子供達など、親戚も集合。

食べて飲んでしゃべって、盛り上がってきたところで始まったのがTeen Pattiというポーカーのようなインドのカードゲーム。
diwali_london01.jpg
ペニーや2ペンス硬貨を積み上げて、いざ勝負。


このゲーム、ディワリで親戚一同集まった時などに嗜んだりするのだとか。

そういえば、ワタシの実家では毎年正月に父の実家に帰ると家族総出の花札大会が開かれてました。
なんかちょっと似てる?

買っても負けても家族や親戚間で小額の小銭が動くだけなのですが、やっぱり小銭を賭ける事でゲームの白熱感はだいぶ変わってくるもんね。


ワタシの周りのインド人の友人は叔父やら伯父やら叔母やら伯母やら、従兄弟やら再従兄弟やら、とにかく親戚が多いしその結束も強いイメージ。

そんな大人数でもゲームに対応出来るようにか、インドポーカーは手札3枚。
かなりの大人数でも楽しめます。


そんなこんなで夜も更けて行き、気がつけばワタシの終電の時間が・・・


あぁ、花火してない!
友人が作ったメインの料理も食べてない!(スナックで結構お腹いっぱいにはなってるんだけど)
デザートも食べてない!

と、帰り際にバタバタして、結局メイン料理とデザートをタッパに入れて持たせてくれた友人。


でも残った人達は、これからポーカーに興じつつ深夜のインディアン・ディナーとなるのでしょうか。


幸いこの日は夏時間終了日。
普段より一時間長くなるので、夜更かしにはちょうど良かったのかしら。

花火が出来なくて残念でしたが、今週末には家の近くの公園で花火大会があるのでそっちで花火満喫しよう。
10分で終わる花火大会ですけどね。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR