花火を楽しむ

11月5日のガイフォークス・デイ前後のこの時期、イギリスではあちこちで花火が上がるのですが。
(ガイフォークス・デイの説明はこちら☆

ウチの近所でも、自治体主催の花火大会が先週末に行われ、花火大好きなワタシは張り切って見学に。

と言っても、周りを住宅に囲まれた公園なので、こじんまりと10分くらいで終わってしまうんですが。
日本の花火大会のような場所取りもナシ。

去年は15分ほど前に会場に到着したら、凍えるような寒さの中待つ羽目になり。
今年は開始直前の5分前到着でしたが、それなりの場所を確保。

で、こちらの花火大会によくあるように、ノリノリな音楽がジャーンとなって花火がスタート。
fireworks201401.jpg

最前列じゃないワタシの位置からでも花火から30m程。
かなり花火との距離が近い。

fireworks201402.jpg
花火もかなり低い位置で上がったりするので、周りの木に火の粉がかかったり。

風向きによっては、若干観客側にも火の粉飛んできます。
幸い、寒い時期でみんな着込んでいるので火傷の心配はあまりなさそうですが。


で、花火も終盤。
音楽の盛り上がりとともにババーンと打ち上げて今年も10分ほどで花火大会終了。



そして今週末は、これも毎年恒例のロンドンのイベントLord Mayer's Showのパレードとその花火。
今年はパレードに出遅れて、行ってみたら長ーい行列の最後、ロードメイヤーの金の馬車がギルドホールに入って行くところでした。
こちらは去年のパレードの様子☆

でもギリギリ、市長さんの公邸であるマンションハウス前で繰り広げられていたセレモニーはチラッと見えた。

LMS2014_04.jpg
こちらがそのマンションハウス

ゲストの観覧席の中央の赤いガウンの右側の女性がたぶん去年の市長さん
LMS2014_05.jpg
ってことは、左の赤いガウンに黒い帽子の人が今年の市長さん?

LMS2014_06.jpg
歩兵が観覧席に銃を向けてみたりとか

LMS2014_07.jpg
なんだか儀式が執り行われ、すべてがギルドホールへとひきかえして行って終了。


帰りはBankからLiverpool Street方面へ歩いたのですが、近辺の道路がすべて車両通行止めになっているため、普段交通量の激しいバス通りもこの通り。
LMS2014_02.jpg

とっても静かでちょっと不思議な感じ
LMS2014_01.jpg

こちらは道案内をしてくれたおじ様
LMS2014_08.jpg
古風な衣装です。


この日の夕方はテムズ川での花火大会。

昨年地下鉄のTemple駅の前に陣取っていたら、見事真っ正面から花火が上がったので今年もその場所を狙って行きます。

余裕をかまして行ったら、結局花火開始ギリギリの5分前に駅に到着。
駅を出たところはすでに人で溢れてたけど、それでもある程度の隙間もあるし、道路も車両通行止めになってるので、道路に出るとまだまだスペースはあり。

去年はあそこから上がったから、と自信を持ってスタンバイしてたら・・・

ババババーンと花火開始。

LMS_fireworks201401.jpg

あれー、去年と場所が違う!

目論みが外れ。
見事花火が手前の木とかぶってます。。。

そして追い打ちをかけるように、花火開始3分ほどで降り出した雨。
これがどんどん激しくなって行って、最後は土砂降り。

でも木の裏だった事が幸いして、周りにそれほど人もいなかったので傘をさしての花火鑑賞。


帰りは人でごった返して駅の外まで人が溢れてる地下鉄を諦めて、土砂降りの中を一駅分歩いてバスで帰宅。

次の花火は大晦日のテムズ川でしょうか。
これ、以前に一度行った事があるんだけど人が多すぎて全然見えなかったので、見に行くかどうか考え中。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR