スピタルフィールドの期間限定レストラン

知り合いからスピタルフィールドに1ヶ月限定のレストランがオープンしてるという話を聞きまして。


早速行ってみようと、ホントは土曜のディナーに予約してたんだけど、Tとケンカしてて結局キャンセル
仲直りして日曜日のランチに出直して行ってみました。

こちらは11月14日から1ヶ月間のオープン。
こういう風な期間限定のレストランって最近増えてきてるようで。
Pop up Restaurantと呼ばれてます。

場所はオールド・スピタルフィールド・マーケットからブリックレーにに向かって歩いて行く途中。

日曜のお昼は生憎な雨でしたが。
お店の入り口、外から見ると大きなリボンがかかったような
deluxe12.jpg
(写真はFaceookより)

で、リボンテントの中がこんな感じで
deluxe01.jpg

早速入店。
一応予約して行ったけど、この日は雨だからかそんなに混んではいませんでした。

deluxe06.jpg
カウンターにはワインがずらり

deluxe02.jpg
壁にはお皿がずらり

お皿にはいろんな言語で『Surprise』とかかれてる様子
日本語で『驚き』ってのもありました。

前もってネットでメニューを見てたので、だいたい食べたいものは決まってましたが、それとは別に本日のスペシャルとして、鴨肉とパースニップ・ピューレが黒板に出てました。

早速前菜
deluxe03.jpg
Tはスモークしたトナカイ(!)のお肉とマリネしたブラックベリーとマスカルポーネ添え

ワタシはビーフのアジア風サラダ
deluxe04.jpg

「あれ、事前にオンラインで見た写真とちょっと違う」と内心思ったのですが
(オンラインの写真はこちら☆
食べたら、お肉が香ばしくて柔らかくて。
『アジア風』にあまり期待してなかったんだけど、思ってたより美味しい!

ちなみにこのレストラン、出してるメニューのレシピを帰りにもらえるのです。
『お家でレストランの味が再現出来る』というのもこのレストランの特徴。


そしてメインは、鴨肉と迷った末にロブスターとトリュフオイルのタリアテッレに。
と思ったら、Tも同じものを注文。
ホントは2人で違うものを頼んで、2種類をちょっとずつ味見したいと思ってたけど。
2人ともロブスターの誘惑に勝てず。

ワタシの中ではこのロブスターとトリュフオイルへの期待が結構大きかったのですが。。。

deluxe07.jpg
なんかね。
ロブスターが全然プリプリしてなかったんですよ。

あんまりプリプリしてなさすぎたので、思わず日本の擬音語『プリプリ』感たるものをイギリス人のTに力説してしまった。

でもロブスター以上にがっかりだったのがパスタ。
もう完全に茹で過ぎ。
もうパスタが、お風呂に浸かりすぎて逆上せてぶっ倒れてるような状態ですよ。

ソースが美味しかっただけに、この柔らかパスタの食感の残念さが際立つというか。
これこそレシピもらって帰って、家で自分で作ったらレストランよりも美味しく作れそうな予感。

Tも全く同感のようで
「ソースは良いのに、食感最低」


食後にTがコーヒーを頼んだら、小さいシュトーレンが3つ付いてきた。
ワタシ、このドイツのお菓子がとっても好きで。
季節的にもクリスマスの頃に出回るので、見つけたら買ってみたりするのです。

でワタシもTのシュトーレンもらってたら、ウェイトレスさんが
「あら、3つじゃケンカになっちゃうかしら。もう少し出してきましょうか?」

と言って
deluxe08.jpg
ドン、と追加で6つも持ってきてくれた(笑)

「食べきれなかったらお持ち帰りでどうぞ」
って紙袋まで付けてくれて。
ワタシ、そんなに物欲しそうだったかしら。

でも、これとは別にしっかりデザートも食べてるんですよ。
deluxe09.jpg
パネトーネのブレッドバター・プディング

パネトーネはたぶんイタリアのクリスマスのお菓子だと思うのですが。
これもワタシの好物で。

普段はパンを液体に浸した感触があまり好きではないワタシも、このデザートは美味しく頂きました。


ちなみにドイツのクリスマスのお菓子シュトーレンも、イタリアのクリスマスのお菓子パネトーネも大好きなんですが、イギリスのクリスマスのお菓子クリスマス・プディングは苦手なワタシ。

ドライフルーツぎっしりで甘くて、アルコール分もたっぷりで。
散々食べて飲んで、お腹パンパンのところにあのデザートが出てくるのは、正直つらいのですが。

そのことをTに言ったら
「あれはチャレンジなんだよ。クリスマスで散々食べた後に誰があんな重たいデザート食べたいと思う?誰もホントは食べたくないんだよ。だから時にはケーキにコインを埋め込んだりして、いろいろ工夫するんだ。」
とね。

確かに、去年のT家のクリスマスプデングにはコインが埋め込まれてて、みんな一喜一憂してた。
25th06.jpg

そうなのか?
クリスマス・プディングってそういうポジションなの?


トータルで前菜とデザートは美味しく、メインが残念だった2勝1敗ですが、お店のサービスの感じなどはとても良かったです。

お会計の時にちょっとした(結構な?)サプライズ!
とともに、このレストランのコンセプトというか意味がわかりました。

でもビックリしたので、今日のお料理のレシピもらってくるの忘れた。
残念パスタをお家で美味しく再現したかったな。。。

ちなみにお店のすぐ外にこんなコーナーもあります
deluxe10.jpg

deluxe11.jpg
お子様用って書いてあるけど、ちゃっかりターキッシュ・デライトお持ち帰りしたT。

デザート食べて、シュトーレンのお持ち帰りもあるのに、まだ食うか。



毎日の開催ではないけど12月14日までのこのレストラン。
機会があったらもう1回くらい来てみたい。

レストラン情報はこちらにあります
https://www.deluxerestaurant.co.uk
http://www.londonpopups.com/2014/11/the-deluxe-one-month-pop-up-restaurant.html



11月そろそろ終わりのモーベンバー。ポチッと頂けると励みになります↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんか、パスタ美味しそうなのに残念でしたね〜。
ほんとポップアップのお店が多くなりましたね。
で、私もクリスマス・プディング嫌い!
ダンナも、子供たちも。(笑)
我が家では、クリスマスの時期、ミンスパイもクリスマス・プディングもまったく食べません。
1度、また試しに食べたら美味しく感じるかも、と思って買ったことがあるのですが、やっぱり不味かった〜。(笑)

Re: No title

ねこなすさん:パスタはホントに残念でした。茹で時間を2分減らせば残念度も半分くらい減るのに。
毎年恒例のT家のクリスマスでは、残念ながらミンスパイもクリスマス・プディングも必須アイテム。プディング登場時にはブランデーいっぱいかけて、火をつけて出すくらいのエンタテイメント要素まで入ってます。。。
このプディング食べるために直前に腹ごなしのための散歩に出るくらいの気合いの入れ様で、ワタシには逃げ道がありません(涙)
イギリス人はコレが好きなのかと思ってましたが、ねこなすさんの旦那さんもお子さんも好きではないんですね。
案外、好きで食べてる人は少ないんですかね。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR