スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winterville@ビクトリア・パーク

すっごく冷え込んだけど、雲1つない快晴だった土曜日。

キーンと冷たくて澄んだ感じは、ちょっと東京の冬の様でもあり。
(ロンドンの冬はドンヨリが多いので、スッキリ終日晴れた東京の冬が恋しい)

午後から散歩にビクトリア・パークに行ってみました。

Vpark_w01.jpg
お昼過ぎ、日中で一番暖かいと思われる時間ですが、この通り日陰にはまだ霜が。

鼻や耳が痛くなるような寒さ。
毛糸の帽子をかぶってこなかったことを激しく後悔。

Vpark_w02.jpg
公園の入り口ではクリスマスツリーの販売が行われてました。

販売員はお揃いで、サンタの帽子にスコットランドの伝統スカート(って言うとホントは怒られる)、キルトを着用。
伝統的にはあのスカートの下には何も履かないらしいのだけど、この寒さ。
毛糸のパンツとか履いてたりしないのかしら、と下世話なことをいろいろ考えてしまう。

Vpark_w03.jpg
公園内の木々はすっかり葉が落ちて、低い冬の日差しに長い影を落としてます。

ちょっと前に公園を通りかかった時に、一部に囲いが出来て移動遊園地を組み立てていたのが完成して稼働してるようなのでちょっとのぞいてみようと中に入ってみました。

Vpark_w04.jpg
こちらWinterville。

元旦まで1ヶ月ほど営業。
詳しい情報はこちらのリンクへ☆

入場だけなら無料。
中は結構広くて、移動遊園地とは別に子供用のキッズ・エリアなんかも充実。

移動遊園なので、よく見るとこの通り
Vpark_w05.jpg
トラックの荷台部分が観覧車に。
トランスフォーマーみたい。

ワタシが気になったのはこちらのゴミ箱
Vpark_w06.jpg
螳螂拳!?を繰り出してきそうなんですけど。
ゴミ箱の容量の割に無駄にでかい。

Vpark_w07.jpg
そして顔がなんかヤラしい。

園内には大小さまざまなテントがあって、食べ物や飲み物から、雑貨や衣類、日時によってはライブなどのイベントなど、いろいろ見て回れます。
テント内にATM完備してるところもあり。

Vpark_w08.jpg
こちらは食べ物メインのテント

Vpark_w11.jpg
こちらのバーでは、ホットワインを求める人で長蛇の列。

Vpark_w10.jpg
ホットワインあちこちで売ってるんだけど、寒い日にはこの暖かそうな湯気についつい惹かれてしまいます。

Vpark_w12.jpg
さりげなく置かれた柊に、クリスマスっぽさを感じたりもしますが

Vpark_w09.jpg
こういうクリスマス要素の一切ないモノも結構みかけます。
超個性派ドレス!

Vpark_w13.jpg
テントによっては、わりとエキセントリックな恰好した人が多いところもありました。

でもこれだけじゃ終わらない。
Vpark_w14.jpg
こちら、アイススケートのリンクも併設

そして、
外は寒いしあんな一枚刃の付いた不安定な靴で自信ないわ、という人のためには
Vpark_w15.jpg
ローラースケート場も併設
こっちはDJブースとミラーボール付き。

なかなか盛りだくさんな所です。

でも日が暮れて電飾が付いてからの方がきれいかなぁ。
余裕があったら今度は夜来てみようかな、という感想で結局アトラクションには参加せず。

ホットワインでも飲んで帰ろうかと思ったけど、一杯4.5ポンド。
じゃあ家に帰って自分で作ろうかな。
と、帰路につきました。

Vpark_w18.jpg
午後4時前、すでに日が暮れようとしてます。

寒いけど、晴れた冬の日って結構好き。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。