久しぶりの日本にて

ちょっと放置気味で久しぶりのブログになってしまいましたが、3週間の日本滞在を終えてイギリスに戻ってきました。

日本での3週間はあっという間でしたが、戻ってきてみたらロンドンも年末に比べてだいぶ日が長くなった気がする。
気温はまだまだ寒いですけどね。

久しぶりの一時帰国では、毎度のことながら最初のうちは赤信号を無視して渡って白い目で見られたり、エスカレーターで逆に立ってたり(東京近郊)、お店で店員さんに話しかけられて返す敬語がぎこちなかったりするわけですが。
帰る頃には、まだまだやり残したこといっぱい。
未練タラタラのままスーツケースの半分以上に食べ物をギュウギュウに詰め込んで戻ってきました。


実はワタクシ、今年は厄年。
正月の三箇日は厄払いにご利益のありそうな寺社仏閣を渡り歩こうかとも思ったのですが、友人の提案で「あそこに行けば国宝級の仏像がたくさんある」ということで。
年明け早々、東京の国立博物館に初詣(?)に。

気合いも入れて、着物で出陣。
数ある仏様に手を合わせて拝んできました。

JPNY02.jpg
こちらは、たしか国宝にもなってた十二神将。
迫力あります。

特に商売繁盛の神様、大黒様には念入りに手を合わせてきました。

でも周りを見ると、どんなに神々しい仏様でも博物館で拝んでる人ってあんまりいないですね。
一説には、博物館などの仏像は魂を抜いてあるそうですが、長いこと信仰の対象になってきたのだからやっぱり何か宿ってそうな気はするのです。


さらに久しぶりに行ってみた場所。
水族館。
JPNY01.jpg

ロンドンにもロンドン水族館なるものがあるのですが、入場料26.50ポンド(2015年1月現在。日本円で5000円弱くらい)とびっくりのお値段。
値段を確認しただけで、ワタシは未だ入ったことのない場所です。

しかし日本の水族館で魚を見ていると、聞こえてくるのは
「この魚たべられる?」とか
「この魚、煮付けにすると美味しいよね。唐揚げもいいなぁ」とか。
伊勢エビの水槽を前に「美味しそー」と声をあげてる方もいました。

前にロンドンで、熱帯魚や観賞用の魚などを置くペットショップに行った際。
ウニを見て「美味しそう!」とコメントしたワタシに、夫のTからは「これだから日本人は・・・」と返されましたが。
今回水族館に行ってみて実感。
ワタシの感性は120%日本人ですとも。

でも後日ニュースで、ここの目玉でもあるマグロやカツオの回遊する大水槽の魚が、去年12月のアタマには165匹もいたのに、今月20日の時点で7匹に激減。
原因不明の魚の大量死ということで、いろいろ心配です。


後はもう、久しぶりに会う友人達と夜な夜な飲み歩いたり。
居酒屋最高。
楽しかったなぁ(遠い目)

そして、そんな友人と入った串カツ屋にて、珍妙な食べ物発見。
JPNY04.jpg

見た目はシイタケの串揚げのようにも見えるこちら、オレオの串揚げ。

お品書きに肉や野菜に混じって『オレオ』とあったので、何が出てくるんだろう、と頼んでみたところホントにオレオが揚がってきた。

お味の方は、思った程悪くはなかったけど。
とても甘い。
香りも甘い。

でもなんていうか、その『オレオに衣つけて揚げてみようか』というチャレンジ精神がすごいな・・・と。
恐るべし、ジャパニーズB級(C級?)グルメ。


しかし厄年とはいいつつも、特に厄払いもしないまま今のところ今年の出だしは快調。

祖母がわざわざイギリスに出してくれた、たった一枚のお年玉付き年賀はがきで見事切手シートが当たった。
くじ運のないワタシにしては上出来。
あとはこのハガキをどうやって7月の期限までに引き換えようか。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR