イースターの疑問

クリスマスに次いでキリスト教の大きな宗教イベントでもあるイースター。

ワタシはキリスト教徒でもないので特にこれと言った知識はなく、だいたいの話は夫家族から聞くものなので、偏ったりしてる部分もあるかと思われますがあしからず。

イギリスでは金曜日から祝日。
この日はグッド・フライデーと呼ばれていて、キリストが磔刑となった記念日。
イースターとはそもそも『十字架にかけられて死んだイエス・キリストが3日目に復活した事を記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭』(Wikipediaより)なのです。
磔刑となったと言われるグッドフライデーの午後3時には教会で典礼があるらしい。

そして3日目のキリストの復活を祝うのが復活祭、すなわちイースター。
イースターの日曜日には教会でミサがあり、家族で羊のローストを食べたりするのですが。

『金曜日から3日目』は月曜日なのでは?
それとも金曜日を1日目と数えるの?
という疑問が出てきたのです。

もちろん月曜日もEaster Mondayとしてイギリスでは祝日なのですが、メインイベントは日曜日なので月曜日は特に教会でミサとかもないみたいだし。


今年、このイースターホリデー中フランスから友達が遊びにきてたのですが、彼女曰く
フランスは金曜は祝日ではなく、Easter Mondayに教会へ行ったり、家族でイースター用の食事をしたりするのだそうで。

キリストが復活したのは日曜それとも月曜日?
些細な事ですが、気になってしまいまして。

とはいえ、宗教的に全く関係ないワタシにも4連休はありがたい事ですし。
日曜におおいに食べて飲んで、翌月曜日が休みってのは全くありがたい事で。

日曜日には、義姉のお宅で美味しいラムのローストにありつきました。

ちなみにラムの付け合わせの定番であるミントソースが、義姉宅近辺のスーパーでは軒並み売り切れなので買ってきてきて欲しいと連絡を受けたのですが。
南アジア系の多いウチの地元のスーパーでは、ミントソース平積み状態で売ってました。

他民族なロンドン、地域によって需要も様々。

それから日曜日に甥っ子、姪っ子達が庭でエッグハントをするのを楽しみにしており
大人達が前日の夜に庭にチョコエッグを隠したらしいのですが、日曜の朝、破られた包装紙や食べかけのチョコの残骸となってしまっており

「ミステリーよね」と義姉が言ってましたが
どうやら庭に出入りするキツネもしくはリスにやられたのでは、という結論です。

ロンドンのキツネ、チョコレートも食べるのかしら。
油断ならん。


そしてカードを贈りあう文化のイギリス、イースター時期にはカラフルなイースターエッグやかわいいウサギちゃんモチーフのカードなんかも出回ってますが、義両親からはけっこうガチな感じのカードを頂きました。
EasterCard01.jpg



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR