スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の野草狩り

先週末のことですが、Tの幼なじみの女友達を訪ねてロンドンの北にある地方都市に行ってきました。

ちょうどその週の木曜日、4月23日はSt George's Day。
イングランドの守護聖人セント・ジョージの日でした。

近年東京でもアイルランドの守護聖人セント・パトリックスの日には、緑の服来た人や、ギネスの着ぐるみが表参道を練り歩くパレード等やってますが、それに比べたらまだまだ地味で知名度の低い聖ジョージの日。

しかしTと彼の幼なじみのCちゃんによると、このSt George's Dayの前後に生えてくる食用キノコがあるという。
その名もSt George's Mushroom。
日本名はユキワリというので、日本にも生えるんですね。
spleeds15.jpg
こちらはWikipediaからお借りした写真。

Tもキノコ図鑑3冊持ってるキノコ好き。
ワタシも食べることに関してはキノコ大好きですが、キノコ狩りとなると食用キノコの知識はほとんどなく、普段はTのキノコ知識もそこまで信用していませんが。
Tの友人Cちゃんは野草やキノコの知識も豊富で、さらにはこの4月下旬に生えてくるキノコは少ないのでSt George's Mushroomの見分けもつけやすい、というので。

週末の朝から3人でキノコ狩りに繰り出しました。

お目当てのキノコは草地によく見られるらしい。

まずはTが数年前にこのキノコが生えてるのを見た、という公園に行ってみたのですが
spleeds01.jpg
少し前に綺麗に芝刈りがなされたようで、キノコのキの字も無い様子。

その公園から続く森林地帯に入って行きます。
spleeds05.jpg

spleeds03.jpg
途中の牧草地では牛柄の馬が寄って来た。

フレンドリーなのかと思いきや、ガブリガブリと本気なかんじで噛んでくる。
馬に本気で噛まれるとかなり痛い。
ワタシは20年近く前に馬に噛まれた跡が未だに腕に残ってる。

spleeds04.jpg
「食い物持ってないのかよ」と言ってるようだったのだけど・・・

そのうちイチモツがびよーんと伸びてきたので、発情期か!?興奮してきたのか!?
とビビったワタシたちは一目散で放牧場を後にした。
ホントは単に用を足すだけだったのかもしれないけど。。。

実は高校時代は馬術部でしたが、春先の発情した馬はマジ怖い。
乗馬用の馬は大抵去勢してあるけど、一頭いた種馬は春先になるとよく引き綱ぶち切って暴走してた。

さらに少し歩いてくと農家があって
spleeds02.jpg
Cちゃんはここで新鮮な平飼いの鶏卵を購入。

さらに歩きながら、Cちゃんによる野草講座をふまえての野草狩り。

spleeds06.jpg
Wood Sorrelというこちら、カタバミの一種かと思われます。
葉っぱをかじるとかなり酸っぱい。
シュウ酸を含んでるらしく、日本語で検索すると食べない方がよい、と書かれてるサイトが多いですが、英語では食べられる野草として出てきます。
魚料理やサラダに酸味のアクセント、みたいな利用法。

spleeds08.jpg
こちらはガーリックマスタードという、その辺どこにでも生えてる草
その名の通りの味がするらしいのですが、ワタシがかじったのはちょっと苦みがありました。

spleeds07.jpg
こちらはワイルドガーリックというもの。
厳密には別種らしいですがギョウジャニンニクのような植物。
以前にロンドンのお洒落レストランで口にしたこともありますが、葉っぱをかじるとニンニクとかニラのような味。

歩いてるだけでもニラのような匂いが立ち上ってくる。
これは餃子とかに入れたら絶対美味しそう!

spleeds14.jpg
可憐な花が咲いてますが、花は葉よりも強力なニンニク味

犬が歩かなさそうな所を選んで、このワイルドガーリックを持参の袋に摘んでいきます。

他にもネトル(イラクサの一種)など摘んだのですが。
このネトル、もうその辺どこにでも生えてる草でロンドンでもよく見かける。
一見シソのような葉っぱなのですがうっかり触ると触った所がピリピリ痛い。ホントに痛い。
ワタシはこの草に刺されてから、大嫌いになったのですが、これをお茶にしたりするといろんな効能があるらしく、花粉症等にもいいらしい。

Cちゃんは、若い葉っぱの下から絶妙な角度で摘むと刺されないというのですが。
真似してやったワタシは見事に刺されました。
それでもなんとか1つ摘み取って、指でよくもんで刺毛をとって食べてみた味は・・・うーん
そんなに美味しいもんではない。

でもこれをよく乾燥させてお茶にすると、独特の風味があります。

Twiningsからもお茶がでてまして
1-FHHRN0614-20-F10710 copy
飲んだことがありますが。

Cちゃん自家製の乾燥ネトルの葉を3枚ほど煎じたものは、より香りや味が強くてワタシは結構好きです。
Cちゃんはこの乾燥ネトルをウォッカに大量に漬け込んだネトルウォッカも作ってましたが。
これはちょっと・・・ワタシにはキツすぎ。

他にもワラビのようなものとか生えてたけど
spleeds12.jpg
ワタシには、どれが食用なのか見分けがつかないので見送り。

spleeds09.jpg
こんなかんじの収穫物

朝ご飯は農家の卵とワイルドガーリックのオムレツを作ってもらいました。

大量に摘んできたワイルドガーリックは、アーモンドやオリーブオイル、ハードチーズなどとブレンダーにかけて、特製ワイルドガーリックのペストソースとしてCちゃんから1瓶お土産に
spleeds10.jpg
アーモンドのかわりにカシューナッツなんかでも作れそうです。


結局セントジョージのキノコは見つけられませんでしたが、爽やか散歩とおいしい朝ご飯にお土産付き。

spleeds13.jpg
若葉が芽吹きだした早春の森歩きはなかなか気持ちいいです。

森とはいってもCちゃん宅から歩いて20分程度
犬の散歩や、近所から散歩に来てる人達もたくさんいるのですが。

spleeds11.jpg
ドラクエのような格好で歩き回ってる人達の一団なども見かけました。
ライブ・アクション・ロールプレイといって一部の人たちに人気の遊びらしいです。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。