スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かのレースに参加してる気分

一昨日から昨日にかけて、ロンドンでは大規模な地下鉄のストライキ。
大規模っていうか、地下鉄全線運休。

事前にロンドン交通局からのメールでストライキがあることは分かってたけど。
フタを開けてみれば、やっぱり混乱。

仕事によっては、自宅勤務とか自宅待機できる人もいたりするけど。
そんなこと言ってられない人だっていっぱいいる。

ワタシの仕事場でも
「余裕を持って朝7時前に家出たのに・・・」と言いながら、ぐったりお疲れ気味で午前10時過ぎに出勤してくる人も。

今回のストライキがあったからというわけではないけど、ワタシは少し前から自転車通勤はじめてみました。

ロンドンでの自転車走行は基本的には車道を走るので、今でも片道2車線以上の大通りでの右折や、数車線ある大型のラウンドアバウトではドキドキするし、片道通行ばかりの道路で同じ道をグルグルまわることが度々あって、はじめていく場所なんかは事前に念入りに道をチェックして行ってますが、ロンドンでの自転車走行にもだいぶ慣れて来た。

恥ずかしながらロンドンに来てすぐの頃、自転車の交通違反(赤信号無視)で警察に止められ交通安全の講習を受けたことのあるワタシ。(詳しくはこちら→自転車で交通違反

信号や交通標識はキッチリ守るし、右折や左折も手での方向指示を出したりと、かなりの安全運転を常日頃心がけてるわけですけれども。
最近怖いのは他の自転車。

朝の通勤時間に市街地に向かう大通りを走ってると、一番左端の斜線は自転車集団が列をなしておりワタシもここに加わるわけですが、先を急ぐあまりか結構無理な追い抜きやマナーの悪い人達もいてヒヤッとすることも多い。


それからロンドンの道路は自転車の巻き込み防止用に、車の停止線の前に自転車用の停止線があることが多いのだけど
cyclelondon01.jpg
こんなかんじ(gizmag.comから写真お借りしました)

通勤時間帯はここが自転車でいっぱいになるのです。

信号が変わったら自転車は再び左側に寄って走行するのですが、後ろには車がいるのでみんなのスタートダッシュがすごい。
特にこの時のスタートダッシュでその後の順番が決まってくるので、高速で飛ばしてく自転車組の人達は信号待ちでジリジリと前ににじり寄って行く。

さらに赤→青となる日本の信号機と違って、イギリスでは赤→黄→青となるのですが(というか赤と黄が一瞬一緒に点灯)
みんなこの黄色で猛ダッシュ開始。
自分も先頭集団に加わってしまうと、好む好まざるに関わらず猛ダッシュに加わるしかなく。
毎回なにかのレースを出走するみたいだなぁ、と思いながらスタートダッシュに参加してます。


とはいえ、先週のような真夏日が続いたり、昨日のような地下鉄のストライキがあると自転車のありがたいこと。
これも天気がよく、日が長いこの季節だからなんですけども。
雨が降らなければかなり快適です。

現在ロンドン東部のゾーン2に住んでますが、ロンドン北部、南部のゾーン2〜3内、東部よりだったらゾーン3〜4くらいは自転車の行動範囲。(ロンドン西部には仕事でも私用でもあまり行くことはなし。)

そうはいっても夜間の走行はまだまだ怖くてビクビク、出来れば避けたい。
加えてロンドンでは自転車の盗難も怖い。
目の前でワイヤーチェーンを切って自転車盗難をしてるのを目撃してしまったこともあるし、こういう自転車もよく見かける
bicycle01.jpg

自分もクソ重たいチェーンで可能な限りグルグル巻きで施錠したり、フェイクのガムテープや何やらで装備した自転車で可能な限り防御してるつもり。
でもサドルとかペダルとかパーツで持ってかれたらどうしよう、とか時々頭をよぎるので治安に不安のある場所にも自転車では行かない。


余談ですけど、『青信号』というのを英語で言う時にどうしてもBlueと言いそうになってしまうのはワタシだけでしょうか。
感覚として信号機はの色は、青、黄色、赤、と日本語が染み付いてるのか青=グリーンがすぐに出て来なくて、以前にもとっさに青信号をブルーと言ってフラットメイトに「日本の信号ではブルーなの?」ってつっこまれたことがあります。
それからイギリスの信号機の黄色はYellowではなくAmberだってのも、イギリスに来てだいぶ経ってから知りました。

頭で思い描いてる色はたぶん一緒なんだけどね。

ところ変われば色も変わる。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

自転車

まやさん〜

そうそう、自転車すごいよねえ〜
日本と違って、車道を走るでしょ〜あれは怖いですよ。
ブンブン走ってるしね。

地下鉄に自転車ごと乗れるのは有り難いけど、
そこまでして自転車持ってどこ行くの?と思ってしまう。
レンタル自転車ができて、みんあ利用してるのかな?

地下鉄がストで止まってる時って?学校はどうなるんだろ?
私の娘(今は日本にいる)も地下鉄通学なので、心配です。
ハムステッドに部屋を借りています。
学校はゾーン1、部屋はゾーン2です。
歩くのはちょっと無理だし、自転車は危ないよ!

全面ストなんて、日本じゃありえません〜

Re: 自転車

さっちゃんさん:こんにちは。
イギリスでは自転車は車道ですけど、きちんと方向指示(手信号)とかだせば道を譲ってくれるドライバーも多いので、慣れてくれば年中渋滞のロンドンでは車よりも速かったりして悪くはないです。
電車に自転車乗せてる人は、案外遠くまで行く人かもしれません。うちの夫も以前ノルマンディーまで自転車で行ったことがあるのですが、ポーツマスまでは電車で行き、そこからフェリーに乗ってフランスを自転車でまわってました。
ストライキですが今回はバスや地上線(オーバーグラウンド、ナショナルレール、DLRなど)は動いてたので、いろいろ駆使すればなんとか目的地にはたどり着けると思います。
道路やバスは超混んでましたけども・・・でも学校なんかだと学生が苦労して行っても先生が来てなくて休講になる可能性も大きい気がします。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。