スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不発弾

昨日から今日にかけて、家の前の道が警察によってずっと封鎖されてた。

で、さっきBBCのニュースに載ってたんだけど。
第二次大戦中の1940年代はじめにドイツ軍が空襲で落として行った爆弾の不発弾が見つかったらしい。

こちらがニュース☆

不発弾の大きさは500lb(=227kg)とのこと。
って、ええーっ!結構でかい!

とある建物の地下貯蔵庫の床に埋まってたらしく。

_84807233_bd19edb6-fb0c-42bf-94f7-d1726fe11092.jpg
こちらBBCのニュースから拝借した写真です。

とりあえず専門家を呼んで処理をしたらしいのですが、その間爆弾から200mの近隣住民が避難することになり、多くの人が近くの学校に避難して夜を明かすことになったようです。

ウチのすぐ前に警察のテープが貼ってあったので、もう少し近かったらワタシ達も避難するところでした。

それにしても、70年以上経ってまだまだ出てくるものなんですね。

一昨年、バーミンガムに滞在してた時に滞在先の前の道で、家の解体現場から第二次大戦中の手榴弾が出てきて道が封鎖されたことがあったのだけど。

イギリスに来てから、なんか不発弾の遭遇率が高い!

ニュースによると、ロンドンでは今年に入って3月にバーモンジー、5月にはウェンブリーでやっぱり不発弾が発見されて安全に除去されたのだとか。
これだけあるなら、まだまだ出てきそう・・・


余談ですが、今年は第二次大戦の終戦70年目。

日本では戦争末期には本土空襲や沖縄戦、原爆投下などで民間人にもずいぶんと犠牲が出てからの終戦。
学校での教育でも戦争がいかに悲惨で惨いものだったかと教えられ、8月の原爆記念日から終戦記念日にかけては苦くて重い季節なのですが。

日本の終戦記念日はイギリスではVJ Day (Victory over Japan Day=対日戦勝記念日)と呼ばれて、お祝いモード。

こういう時、外国にいるんだなぁと思う。
日本で教えられたことも、立場が違うと見方が180度変わるんだな、という当たり前のことに気づかされます。

日本では終戦記念日って「戦没者を追悼して平和を祈る日」という感じだけど。

バーミンガムでフラットシェアしてたマレーシア人の友達に「マレーシアも昔日本に占領されてたことあるしね」って言われたことがあって。
占領されてた側からしたら終戦によって占領から解放された祝うべき日なんだ、って思い至った。

こんな時期に家の近くから戦争の遺物が出てきたことで、戦争のことなど改めて考えてみたけど。

海外に出てるからこそ、客観的に見た自分の国の立場や歴史の知識を、日本人として恥ずかしくない程度には身につけておきたいと思った次第。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ややや、大変でしたね!
うちは空から人が降ってくる恐怖がありますが、地下にこっそり爆弾が眠っているのも怖いですよね。
今年は終戦後70年だったせいか、BBCでも広島・長崎の式典をとりあげていましたね。

ところで、パッチの『恨めし寝』、かわいすぎました。

Re: No title

yarnmaruさん:空から人が降ってくるのも相当怖いですけどね。地下の爆弾は70年以上こっそり眠ってたならそのまま眠り続けてて欲しいけど、『ワインと違って、長年寝かせてよくなるものじゃなし、むしろ年期が入って危険』とあるし、まだまだいっぱい埋まってそう。

足を踏まれて数日は警戒してるパッチを、夫は「ドラマクイーンだ」なんて言ってましたが、関係はだいぶ修復できて、また遊んでくれるようになりました。
でも家への出入りは禁止なので、雨の日にドアの前でパッチが待ってたりすると切ないです・・・

不発弾ってどこにでもあるのかな?

まやさん〜

日本にも不発弾てありますよね。
戦時中に攻撃された場所なら、どこにあってもおかしくないのかな?
やっぱり、日本と、対戦国とじゃ考え方とか、まるっきり反対なんだね・・・。

戦争か・・・色々考えてしまいますね。


ハッチと、仲直りされたんですねえ〜
これで、少しはネズミの心配は消えましたか?
家の中は侵入禁止状態だと、不安は募りますがねえ・・。

Re: 不発弾ってどこにでもあるのかな?

さっちゃんさん:日本でも不発弾が出て来たりしてますよね。沖縄などは特に多い印象があります。
同じ戦争についてでも、やはり敗戦国と戦勝国で全然扱いが違う気がします。

パブ猫パッチ、今も若干よそよそしい気はしますが・・・
出来る限りの誠意でもって信頼を取り戻そうと思ってます(笑)

No title

不発弾!こわ〜。未だにあるんですね。さて、配偶者ビザ更新の書類やらですが、うちも全く関与したくないというか、やれるとこは全部自分でせろ!なので(まあ……ごもっともですが)すでにストレスです。何も趣味のこととかする気にもなれません。更新については、自分の出生証明書類はいらないようですね。資金面でいろいろと記入するとこありますが!

Re: No title

じゅんこさん:こんにちは。ビザに関して、うちも同じようなスタンス!
確かにワタシのビザですが・・・あなたの国に住むためなんですよ!と認識して欲しいです。
ワタシも、ビザの事が片付くまではコレが気になって他のことに気がまわりません。
うちは夫婦2人ともSelf-Employed(職種は別)なので、タックスリターンとかUK Border Agency公認の会計士からの確認レターが必要とか去年の会計年度の収入証明が必要とかで。
ワタシの収入だけでは収入額が足りないので、夫の分の収入証明書類一式も必要で彼の協力不可欠なのですが。まぁー不機嫌・・。
おっしゃる通り、前回と若干書類が違ったりもするのでAppendixナントカを何度も読み返してますが、「どっかに書いてあったんだけど、どこだったっけ」みたいな事がしょっちゅうです。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。