恐怖の運転

マニュアル車の運転免許を取ったのが、約15年前。
その時、教習所の車で運転して以来マニュアル車は運転してない。

そして免許を取った後、車の運転をしたのはオートマ車で合計3回。

もう一度言う。
日本で免許とって15年近く経つけど、運転したのはAT車を3回。
その3回を全て合計しても、時間にして5時間以内、距離にしてせいぜい70kmくらいだと思う。


そんなワタシが、今回いきなりイギリスで運転デビューした。
今回運転したのは、イギリス南西部コーンウォールからデボン州にかけての約170kmくらい。
drivemapCW.jpg
この辺り。


実は休暇でちょっとコーンウォールに行っていた。
Tが車を出してくれ、行った先でTの友人と合流し楽しく過ごし。

帰る日。
Tに「はい、じゃあ運転お願い。」
と車の鍵を渡された。

Tは以前から、ワタシにも運転して欲しいとコトあるごとに言っていた。
しかし15年来のペーパードライバーのワタシにいきなりこの仕打ち。

しかもただでさえペーパードライバーなのに、Tの車は仕事道具なども積んだバンでバックミラーもない。
車両幅も全然つかめない。
それでいきなり練習なしの車道走行。

鬼だ。

まるで獅子が我が子を千尋の谷に突き落としはい上がってきた子だけを育てると言う超スパルタ、獅子の子落とし。
ワタシが這い上がれなかったら、どうなるの?

そもそも15年ぶりのマニュアル車。
クラッチってなんだっけ?ってレベル。

鬼教官のようなTに指導されながら、エンストを繰り返しながら私道から公道に出て、ワタシすでに半泣きでパニック。

それでもTは容赦なし。
ギアのチェンジだって、1なのか3なのかもうグチャグチャだし、ワタシの後ろには長蛇の車の列が出来てる。

もう、ホントに怖かった。

今までもペーパードライバーだから、と人に言うと「でもまた運転すれば感覚が戻ってくるよ」と言ってくれた人がいたけど。
ワタシには戻ってくる感覚がある程、運転経験はない。

イギリスの田舎は美しいから、ドライブするにはいいと言う人は多いかもしれないけど。
そんなもの楽しむ余裕も何一つなかった。

丘陵地帯で先の見えないカーブも対向車も全てが恐怖。

Tの口調では、そのままロンドンまで運転して欲しそうだったけど。

無理です。
絶対無理。

途中のガソリンスタンドで、タマシイが抜けたようになってギブアップ。

それでも100マイル以上を誰も傷つける事なく、車も傷つける事なく、走った自分を自分で褒めてあげたい。

いやもう、ホント怖かった。

一夜明けて、ネットでマニュアル車の運転方法をいろいろ検索。
そうだ、半クラッチとか、そういえばあったな。
ってうっすら蘇って来た。

練習・・・イヤだけど。

いきなり丸投げされるくらいなら、練習するべきだよな。。。

憂鬱。



コーンウォールのことは、また改めて書きます。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

頑張って下さい〜

まやさん〜

私は車の運転が好きな方ですが、普段運転しない方にとったら、
突然の運転はさぞや、しんどい思いだったでしょうね・・・。
心中お察しします。
多分隣に乗られていらした、Tさんも心配されていたと思いますよ・・・。


私はこの自宅(東海地方)から東京まで一人で運転していくので、
長距離も気になりませんし、大好きな音楽を大音量でかけて、
高速を走るのは気分も最高です!

ちなみに、私の旦那様は運転嫌いです。
長距離はもっぱら私の運転です。

息子の大学が東京方面でしたので、在学中はよく息子のところに行きました〜

Re: 頑張って下さい〜

さっちゃんさん:励ましありがとうございます。
運転がお好きでしたら、イギリスの田舎道は最高だと思います。
高速道路も無料だし、日本のような防音壁もなく景色も存分に楽しめると思います。

うちの夫は仕事で毎日車を使うので運転には慣れてますが、好きなわけではないようで。
さらに運転すると酒が飲めないと言う最大の理由で、常々ワタシに運転するよう言ってたのですが。。。

ワタシは今回の経験がトラウマで、運転がさらにイヤになりそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん:こんにちは。
ご結婚おめでとうございます!
完全ペーパードライバーの私に同意してくれる方がいるとうれしいです。同じ恐怖を分かち合えるっていうのかしら(笑)
住む状況が変わると、仕方ないのかもしれないんですけどね。最初は怖いですよね・・・
イギリスってほとんどマニュアル車だし。
でも対応策は練習あるのみ、ですかね・・・
お互いぼちぼち頑張りましょうね。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR