コーンウォールの旅 その1

先週、イギリス南西部のコーンウォールに行って来た。

地図で言うとこの辺り。
mapCW.jpg

きっかけは、Tの友人夫婦が休暇で1週間ホリデーコテージを借りたんだけど、1部屋空いてるし一緒にどうかと誘ってくれた事。
普段はランカシャーに住む彼らになかなか会えないし、今年はじめに生まれた彼らの娘ちゃんにも会いたいし。
夏の間Tの仕事が忙しくって休暇も取ってなかったし。
ちょうどその前の週末にTが用事でサウサンプトンの近くに滞在してたので、そこから直接向かうという事で即決定。

ワタシはまず電車でニューフォレストの近く、クライストチャーチまで電車で行ってTと合流。
cornwall1501.jpg
今回はドーセットまでなのでWaterlooからの出発。

コーンウォールの端っこペンザンスまで行くならパディントン駅から6時間弱くらいの電車が出てます。

クライストチャーチで車で来てるTと合流し、ここからドライブ。

西に向かうとだんだん丘の多い丘陵地帯になって行きその向こうには海!
cornwall1504.jpg
まだまだコーンウォールまで少しありますが、地形がだんだん変わってきます。
(イングランド中部はひたすら平らな平野部が多い)

途中の道路で、警報機が鳴りだしたので見てたら
cornwall1503.jpg
かわいい路面電車が通過中。
観光用?
周りは道路と牧草地しかないようなところですが。

この後近くのビーチで一度休憩。
ドーセットとデボン州の境目辺りです。
cornwall1505.jpg

cornwall1506.jpg
けっこう荒波。

この日の天気はとっても変わりやすく。

出発時は薄曇り。
その後雲の切れ間にラピュタに出てくる竜の巣みたいな雲が見え、やがて土砂降り、そして快晴で虹が見える。
というのがロンドンを出て30分以内の車窓からの天気。

荒波を見ながら、海岸に一軒あるカフェでお茶をして再び出発。

海岸までの途中の村では、ちょっと妙なカカシが

cornwall1507.jpg
ここにも

cornwall1508.jpg
そこにも

cornwall1509.jpg
あそこにも

いたる所に設置してあって。
動物よけ?
魔除け?
カカシ祭り開催中でした。


さらに先にすすむと、シャーロックホームズの出てくるコナン・ドイルの小説『バスカヴィル家の犬』にも出てくるダートムーアと呼ばれる荒野が広がってきます。
cornwall1510.jpg

ちょっと遠回りだけど、Tの希望でダートムーアのど真ん中を走る道を行きます。

野生のポニーなどもいるところですが
cornwall1511.jpg
放牧された羊とか

cornwall1512.jpg
ウシとかが、特に柵もないので道に出てたりします。

延々と荒野が広がる中には
cornwall1513.jpg
バスカヴィル家の犬にも出てくる刑務所もあります。

隠れるものもあまりなく、底なし沼も点在してるのでここからの脱獄は至難の業のようです。

そんなところを抜けて、やって来たのはNewquayという大西洋側に面したイギリスのサーフィンの名所からすぐの村。
ここで合流したのは以前こちらの記事☆でも登場した友人夫婦。

ワンコのアインシュタインと生後5ヶ月になる娘のあっちゃんを連れて週末からコーンウォールに来ていた彼らと合流。

滞在先のコッテージはベッドルームが2つある長屋の一画。
誰かのお家に遊びにきたような感覚です。

夕飯はG君が鶏のトマトシチューを作ってくれ、翌日の計画など練ります。
乳児もいるので無理なくのんびり。

まずは翌日イギリス版モンサンミッシェル、セントマイケルズマウントに向かいます。

cornwall1514.jpg


つづく・・・


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR