南イタリア マテーラを散策1

前回書いた通り、義弟の結婚式で来たマテーラですが1993年には世界遺産にも登録され、2019年の欧州文化首都にも選出。
(欧州文化都市/首都とは、欧州連合加盟国の指定都市にてその年1年間集中的に各種の文化事業を展開。観光客の誘因や経済効果も大きい事業として注目されるのだとか。by wikipedia)

実は義弟の結婚式があるまでは名前も知らなかった街なのですが・・・
少なくとも今までワタシが見たどんな街とも違う独特な街です。

matera31.jpg
まずはそのロケーション。
周りはグラヴィーナという渓谷に面していてかなりのスペクタクル。

もとは8世紀ころからグラヴィーナ渓谷の斜面の洞窟に人が住みはじめたらしいのですが、旧石器時代の集落跡もあるらしく、とにかく古くから人が住んでたようです。

matera17.jpg
マテーラから渓谷を挟んで向かい側。
こちらにも古い洞窟が多数あり。

その後16世紀頃には人口も増えて建て増す住居が増えて、特異な景観が出来上がって行ったようですが
matera20.jpg

20世紀になると街は荒廃し、貧しい貧民窟となり大家族がせまい洞窟住居で家畜と同居するなど衛生状態も悪かったらしく、戦後イタリア政府が新市街を建設し住民を強制移住させ、洞窟住居は一時はほぼ廃墟になっていたようです。

1993年にユネスコの世界遺産に登録され、現在は文化遺産として見直されて、修復や建物の再生活動が行われてるという事。

matera19.jpg
今もほとんど廃墟の洞窟住居エリアと、その上の新市街のコントラスト。
でもこのエリアの洞窟も内部を改装してるものもあり、将来的には宿泊施設などとして利用されて行くのではと思います。

matera04.jpg
昼間の様子も素敵だけど

matera03.jpg
夕方とか

matera26.jpg
夜景も素敵

10月後半は観光のピークからは少し外れるのか、それほど観光客で混み合うわけでもなく。
晴れると昼間は暖かいけど(20℃くらい?)、夜は肌寒く長袖の上着が必要。
でも暑すぎず、寒すぎず、過ごしやすかったです。

昼間のシエスタタイムは店も閉まって閑散としてる印象

matera10.jpg
時々、観光客をのせたかわいい三輪タクシーが走ってます。

でも夜も9時を過ぎた頃のヴィットリオ・ヴェネト広場は、どこから人が湧いてきたのかかなりの賑わい
matera32.jpg

この広場の地下には巨大な貯水槽パロンバーロがあり、3ユーロで見学出来ます。
materawater01.jpg
広場の下、貯水槽の入り口

materawater02.jpg
時間によって、英語で説明してくれるガイドさんがいます。

materawater03.jpg
戦後、人々が洞窟を退去したあとは人知れず忘れ去られてたけど1991年に広場の再開発で再び日の目を見たそうです。

マテーラのランドマークにもなってるタワーの横の大聖堂は現在こんな状態でした
matera34.jpg
ちょっと残念

マテーラには結局4泊しましたが。
ある朝起きたら・・・
matera21.jpg
すごい霧

ちょっと早朝散歩でもしてみようかと歩いていたら霧はすぐ晴れたので、高台に出てみたら
matera22.jpg
霧だと思ったのは雲!?
渓谷の方から流れてきてます。

そのままブラブラと狭い小道を歩いて行くと行き止まりに。
でもその行き止まりからの景色がなかなか絶景でした。
matera23.jpg
正面に岩窟教会

matera24.jpg
味わい深い古そうな門

matera28.jpg
廃墟の洞窟

廃墟の洞窟は内部に入れるものもありますが、ビックリするくらい広いものや不思議な小窓で隣の洞窟とつながってたり、迷路のよう。

義弟カップルの泊まっていた洞窟ホテルの部屋の奥にはこんな部屋につながってました
matera35.jpg
ワインセラー?

それから内部を公開してる洞窟などもあり
matera36.jpg
こちらは義弟カップルのホテルの隣の洞窟。
かなり広い内部は入り組んでて迷路のよう。

洞窟内のこちらの扉は
matera29.jpg
洞窟ホテルの部屋に直通。
この洞窟直通部屋には結婚式でベストマンを務めた義弟の親友夫婦が滞在してて、「あそこの扉に裏が私達の部屋なの。洞窟見学してる人の話し声とかも聞こえるよ」と言ってました。

結婚式も含めて、マテーラには4日半滞在しましたが旧市街の細い小道や階段をぶらぶら歩くだけでなかなか楽しいし。

マテーラの街中では猫をよく見かけるので
materacat01.jpg
猫の後をつけてみたり

materacat06.jpg
猫の後をつけてみたり2

長くなりそうなので続きます。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR