スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配偶者ビザの更新 申請から取得までの期間

ワタシが結婚してイギリスに来るためのビザを取ったのが2012年の12月(実際のビザの有効期間は2013年の1月末から)。
このビザでイギリスに滞在出来る期間は約2年半。

2012年7月に変更したビザの条件のせいで永住権を取るためにはもう一度更新が必要で、2015年の秋に配偶者ビザの更新をしました。

今回はそんなビザ更新の覚え書き。
これから更新する方にも何かしら参考になるモノがあればいいかと思いまして。

ワタシの場合は、配偶者がイギリス国籍でイギリス国内からの申請です。

それとこの情報は2015年10月時点のもので、金額や条件もこの時のものです。
これから更新する方は、必ず最新情報を確認して下さい。
最新情報:UK Visas and immigration
最後に頼れるのは己のみ。
ワタシの情報を宛てにして問題が起きてもクレームは受け付けません。

ワタシが申請したのはFurther Leave to Remain (Marriage)、略してFLR(M)の"5 year route"。
業者は使わず、優先サービスも使わなかったので、Home Officeに書類を郵送での申請です。


流れとしては

2015/08/28: 郵便局からビザ関係の書類を郵送(翌日配達で記録が残るスペシャルデリバリー使用)
2015/09/02: ワタシの銀行口座からHome Officeよりビザ代£649の引き落とし
2015/09/04: Home OfficeからBiometric Residence Permit(以下BRP)登録して下さいのレターが届く。(その時の詳細記事はこちら
2015/09/08: 郵便局にてBRPの登録
〜その後、特にHome Officeからの連絡はなくBRPの手紙にあった8週間を目安にひたすら待つ。
2015/10/16: パスポート及びビザ関係の書類が郵送にて返却。同封の手紙にて『ビザが取得出来ましたよ。数日後にBRPカードも届きますよ』の旨あり。ビザは2015/10/15から有効
2015/10/19: 郵送にてBRPカードが配達(受け取りには本人と本人のIDが必要)

というかんじでした。

流れを見るとわかるように、ビザの申請が始まる前にビザ代はしっかり引き落とされてます!
むむぅ、こういう時には仕事が早い。
そしてもし不備があってビザが却下になってもこのお金は返金されません。。。

時期によっては申請者が多くてもっと時間がかかるかもしれないし、提出書類の内容などでもかかってくる時間は変わると思います。

ちなみにビザの書類を申請する半月程前に別途Immigration Health Surchargeとして500ポンドを事前に支払ってるので、かかったお金は1149ポンド。
これにBRPの登録料(たしか20ポンド程)とか郵送料とか、英語証明の試験代などが加算されます。


余談ですけど、BRPカードの出身地がHome officeの打ち間違いでTOKYPになってた件で、知人の日本人のBRPカード見せてもらったら、彼女のは出身地JAPANになってました。
だったら日本生まれの人、みんなJAPAN表記でイイんじゃないの!?

って、やっぱりTOKYPがちょっとひっかかってるワタシです。

あと、細かいところなんですけども。
結婚した時に名字を変えなかったけど、パスポートに別名併記として()で夫の名字を入れてみたんですよね。
単に珍しいので面白いと思って・・・
あくまで便宜的な措置とのことで、ICチップの名前は日本の氏名だけなんだけど。

でもビザの書類には『パスポートの記載と同じように記入』などの表記があり、前回のビザ申請での記入と同じように夫の姓も記入したら・・・
ワタシのBRPカード、ファミリーネームが夫の名字、ファーストネームがワタシの氏名

つまり、仮にワタシの本名がヤマダ・ハナコで夫の姓がスミスだとしたら
氏:スミス
名:ハナコ ヤマダ
みたいな表記になってるわけです。

ワタシとしては
氏:ヤマダ・スミス
名:ハナコ
と、したかったわけなんですけども。
(ビザのアプリケーションフォームだってちゃんと姓にヤマダ・スミス(仮)、名をハナコ(仮)と書いてある!)

BRPカード登録時の氏名の確認ではまとめて1列で表記されてたので、間違ってるわけではないと思うんだけど。
実際のカードに記載された氏名の段組みとか、手紙の宛先がMrs H. Y. Smithみたいになっててちょっともやっとした次第。




↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




     



スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

役立ちましたー!

はじめてコメントさせていただきます。
大変、参考になりました!
今日、ちょうど、自分のブログにビザの延長の話を載せたんですが、相変わらずビザのいろいろわからなくて、延長に関する詳細が載っているサイトが少なくて、ブログ村で見つけて、たどりつきました。
ありがとうございます。また、遊びに来ます。

Re: 役立ちましたー!

Mifofo-tonさん:初めまして。コメントありがとうございます。
私が最初の配偶者ビザを申請したのが、『永住権まで5年ルート』に切り替わってすぐだったので今回の更新に関しても前例があまりなく日本語での情報は少なかったので、載せてみました。
少しでもお役に立てたなら、これ幸いです。
ビザの申請ってホントいろいろ大変で・・・出来るものなら2度とやりたくないですが。
また2年半後に試練が待ってるんですよね(泣)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

まやさん。はじめまして、突然のコメント失礼いたします。
イギリス人の配偶者としてビザ申請予定のため、大変参考になりました!ありがとうございます。私もパスポートに夫の名字が括弧書きされているのですが、やはり申請書にもそのまま記入し、ビザやBRPにもそのように表記されるのですね!!今回の更新時もBRPはfamily name Smith, first name Hanako Yamadaのままですか??だったら自分の名前だけで申請したいなぁと思う次第です。可能であればお返事頂ければ幸いです。

Re: はじめまして。

ゆささん:初めまして、コメントありがとうございます。
ビザの取得では自分も苦労したし、他の方のブログを参考にしたりもしたので、自分のブログが誰かのお役に立てたと思うと嬉しいです。
ワタシは最初の配偶者ビザはパスポートにくっついてくるタイプでBRPはなかったので、更新時に初めてBRPを取得しました。それがこの記事に書かれてるものです。

これはワタシの勝手な考えで責任は持てませんが、自分の名前だけでの申請は可能だと思います。そもそもパスポートもICチップには夫の名字は入ってないですし。
ちなみにワタシが車の運転免許をイギリスで書き換えた際、やはり書類に『パスポート通りに記入』とあって、こちらは自分の氏名だけで記入したので、運転免許証は日本名のみですがIDとして問題なく使ってます。
だからビザの申請書類が全部一貫して自分の名前だけだったら、ビザも自分の名前だけで申請できそうな気がします。
夫の名字は括弧書きですし、日本のパスポート申請する時には「あくまで便宜上、括弧書きで記載する」という扱いだったと思うので。
ワタシは何となく、夫の名字が入ってた方が入国審査の時とかに説明が少し楽になるかな、とか安易に考えてBRPにも夫の名字つけてみましたけども。(結果はなんだか微妙ですが。)
責任は持てませんが、参考程度にワタシの考えを書いてみました。

Re: はじめまして。

まや様。
早速の丁寧なお返事、ありがとうございます。
そうなんですよね、便宜上の表記だけってのを考えると私の氏名だけでも全然申請可能じゃないかと思いますね。実際日本から提出する書類、戸籍謄本などは日本の氏名だけですし。。。このように強気で申請してみるのもありかなと思ってきました(笑)同じ境遇の知り合いもおらず、何が正解かが分からない中、このようにブログに残して下さって本当に有難いです。今後はHome officeに質問するのもお金かかるようですし、、、。もちろん正解は一人ひとりによって異なるということを頭に置きながら、これからもまやさんのブログを参考にさせて頂きます。どのような名前で申請するかは、イギリス生活でどうしたいかをもう少し考えてみたいと思います。また壁にぶち当たったら質問させて頂くかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願い致しますm(__)m
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。