配偶者ビザの更新 提出書類

今回はビザの更新に伴って提出した書類の覚え書き。
ビザの種類はFurther Leave to Remain (Marriage)略してFLR(M)の5 year routeに該当するものです。

私の場合はイギリス国籍の配偶者、子供なし、イギリス国内からHome Officeに郵送にて申請。

提出したのは以下の書類

自分の現在のパスポート
・(必要であれば、過去のパスポート)
パートナー(配偶者)のパスポートの全ページカラーコピー
自分のパスポートサイズの写真2枚 (FLR(M)のアプリケーションに指定の方法で添付)
パートナーのパスポートサイズの写真1枚 (FLR(M)のアプリケーションに指定の方法で添付)
FLR(M)のアプリケーションフォーム
イギリスの大学院の修了証 (英語力の証明)
収入証明
 自営業のカテゴリーFに該当する書類(別途記載)

2人の関係の証明として
・日本の婚姻届受理証明書をイギリスの大使館経由でイギリスの登記所に記録すると発行してもらえるイギリスのMarriage Certificate
上記のMarriage Certificateがあれば問題ないとは思うけど、一応
日本の簡易版婚姻受理証明書(戸籍謄本などと同じフォーマット)
簡易版婚姻受理証明書の英訳(自分で翻訳)
2人で写ってる写真十数枚まとめて封筒に入れて。
 写真は付き合ってる当時から現在までの、お互いの家族や友人達も含めたものや旅行などのもの中心に。
 写真の裏に短い説明書いておきました。

一緒に住んでいる事の証明
大家からの手紙
住所証明用に2人の名前宛の公の機関からの郵送書類最低6点もしくは、各々の名義の場合は各6点づつの計12点(具体的書類は別途記載)


と、まぁこんなところだったと思います。
何か抜けてないかな・・・?
他に思い出したら後から追記しておきます。



ビザの申請の書類に関して、ワタシはとにかく出せるものは全て出して(Home Officeの)誰が見ても明らかなようにしておきたい!念には念を入れてクドいくらいの証拠/証明の提示をしておきたいんですが。

一方の夫は、なるべくスマートに賢く見せたい、とか訳のわからん事を言う。
夫の言い分は、必要最低限の書類だけ出して「自分、ちゃんとHome Officeの意図は理解してますよ。必要なものはそろえてあるけど、余計なものはゴチャゴチャ付けてません。洗練されてるでしょ。これならイギリス社会でもやっていけるでしょ」というアピールらしいが。

必要書類が全部揃ってたって、Home Officeの手違いと思われる処理でビザが却下された知人を見てきたワタシにしてみれば、夫のやり方はぬるい!
そもそもHome Officeがそんなスマートさを優遇するとも思えない。
これで、何かの書類が不足してるから後から追加提出でも求められたら洒落にならん。

そんなわけで申請書類を巡って、夫とは意見が対立。
ビザ申請の話が出るたびに荒れる会話。

最終的に「じゃあ、自分のやり方で好きにやってよ!」
という事で、ね。
パートナーとして必要な最低限の書類は準備してくれたけど、夫は後半ほぼノータッチ。

何じゃソラ! ( ゚Д゚)㌦ァ!!

と、むかついたりもしましたし。
実際ダラダラと長いだけでさっぱり要領を得ない英語のガイダンスなど読みながら夫を呪いたくもなりましたが。

すべて終わった今となっては、まぁいいや。
一応必要な書類は用意してくれたし。

上記の住所の証明書類に関して。
受け付けられる書類の種類や条件はFLR(M)のアプリケーションフォームに記載されてますが。
ワタシ達の場合、銀行口座や保険、光熱費など、共同名義の書類が何一つない状態。
なので、各々の名義で同じ住所に送られてきた公の機関からの書類(最低3機関)を、各々2年間に渡って6点以上。

ワタシ達の場合
ワタシ
・銀行の明細3点
・銀行からのクレジットカードご案内の手紙
・HM Revenue & Customs のTax Returnお知らせの手紙 2点
・携帯電話の契約変更時の手紙

・TFL(ロンドン交通局)の駐車違反のお知らせの手紙
・NHSの歯医者の予約確認の手紙
・車の保険会社の手紙(保険内容にワタシの名前の記載あり)
・National Trustのメンバーシップの手紙
・DVLAからの道路税に関する手紙
・ビジネス保険に関する保険会社の手紙
・Student Loan会社からの手紙

1人6点あればよいのだけど、日付が偏ったりしてたので7点ずつの計14点提出しました。

それから収入証明の書類。
収入証明に必要な書類はAppendix FM 1.7に収入の種類別に詳細があります。


うちはワタシも夫もSelf-EmploymentとしてHM Revenue & Customsに登録してあるので、以下は会社員などほとんどの方には関係ないかと思われますので、興味のある方以外はスルーして下さい。

ワタシ達はSelf EmploymentのカテゴリーF(前会計年度1年分の収入証明)です。

提出した書類
・前年度のTax returnのSelf Assessment
・Tax Returnすると最後に出てくる、税額が記載されてるStatement of Account
・HMRCのClass 2 National Insurance contributionのレター
・HMRCからのUnique Tax Reference Number (UTRはStatement of Account にも記載あり)
・前会計年度に該当する期間の銀行明細全て
・ビジネス用のアカウントがなかったり、アカウントが監査を受けてなかったので、Home Officeの公認の組織に属する会計士からのアカウント認証の手紙。

夫とワタシの2人分を用意しましたが、ワタシの公認会計士の手紙が用意出来なかったのと、夫の分だけで最低収入分は賄われたので最終的には夫の分だけの提出となりました。


一部の書類は住所証明などと重複していたり、他の項目とカブっていたりするので、書類に見出し用のA4用紙を付けて
『Appendix FM 1.7 Section X. 1 ・・・・・・・・・・・』
というように収入証明に必要な条件要項の記載されてる部分をコピペして、『それに対して○○を添付しました』(実際は英語)
というかんじで該当書類をまとめてみました。


最終的に送った書類はこんな感じ
visadoc15.jpg
総量約1.3kg
ファイルなどは使用せず、必要があればダブルクリップで項目ごとにとめてます。




↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR