スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまたま家にハギスがあったので

1月25日にスコットランドの詩人ロバート・バーンズの生誕を祝って行われるバーンズナイト。
そしてバーンズの生涯や彼の詩を祝してこの日に伝統的に食べられると言うスコットランドの伝統料理ハギス。

ハギスは羊の臓物のミンチ、オーツ麦、ハーブやスパイスを羊の胃袋に詰めて調理した詰め物料理
原材料や調理法を聞いただけではあんまり食欲そそられないというか・・・
今までは正直微妙、って思ってました。

イングランドに住んでるとそれほど食べる機会があるわけでもない。
わざわざハギスを買う事もなく過ごしてきたけど。

週末に義弟夫婦が家に来てサンデーローストを作ってくれ、ついでにそこそこ大きなハギスを置いて行った。
2人だけでは食べきれない量の肉を買ったからと、ワタシ達の他に義両親なども招いてローストビーフを作ってくれた義弟だけど・・・
余る程のローストビーフがあるのになぜわざわざハギスを持って来たのか・・・
義弟宅で持て余したので残飯処理において行ったのでは?
と邪推してみたりもして・・・

最近では胃袋ではなくビニールに詰めてあるものもあるのだけど、義弟が置いて行ったのはちゃんと胃袋に入ったヤツ。

まぁでもそんな経緯で、奇しくも1月25日に我が家にハギスがあったので
やっぱり今夜はハギスでしょ。

以前にソーセージにハギスを混ぜ込んだようなものは食べた事あるのですが、ちゃんとハギスを食べるのは初めてのワタクシ。
ちょっと調べると、本場ではウィスキーをかけて食べたりもするようですが
酒飲みのTが珍しく「オレはウィスキーよりも普通のグレイビーソースがいい!」というのでグレイビーで。
ざっくり盛りつけたら全然美味そうにみえないけど・・・
haggis01.jpg

結論から言うと、美味しかったです。
実を言うと全然期待してなくて、恐る恐る一口食べてたんですけど。
内蔵系のちょっとコリコリした食感やオートミールのプチプチ感?
スパイスやハーブが効いてるしあんまり臭みもないし

以前に日本のテレビ番組で、ハギスが不味いイギリス料理の代表みたいな扱いを受けてましたが
(それもあって食べる前はちょっとビビってたのもある)
臓物料理は下ごしらえをきちんとすれば、臭みもなく美味しく頂けると思う。

逆に言えば、ヘタなところで食べると悲惨な事になるとも思う。

モツ煮とかホルモン焼きとかだって美味しいものは美味しいけど、ちゃんと処理しないと獣臭かったりしてキツいもの。

ちなみに以前撃沈した臓物料理に、フランスのノルマンディーで食べたトリップ(牛の胃袋)のカーン風煮込みがあるのでけど(その時の記事☆
あれだってカーンの名物料理だって言うし、別のところで食べてたらまた違った感想になったのかも。


まぁこうしてバーンズナイトにハギスを食べたー、ってイベント達成感で書いてみたけど。
じつはハギスがまだまだいっぱい残ってる。

美味しかったって書いたけど
毎日食べるのは少々重い。

ついでにロバート・バーンズという詩人をよく知らなかったので
この機会にちょっとググってみました。

『蛍の光』の原曲『Auld Lang Syne』の作詞をした方だったんですね。
と言っても原曲の歌詞、知らないんですけど。

37歳という若さで心疾患で亡くなってるのですが、奥さん含めた4人の女性との間に12人の子供がいたそう(日本語版wikipediaでは奥さんとの5人の子供の他に9人の私生児とあるけど、英語版では12人の子供で内7人の私生児とある)

情熱的な夭折の詩人というなんだかドラマチックな人生。

と妙なゴシップに気を取られてしまいましたが


ハギスを食べ、ロバート・バーンズに思いを馳せてみたバーンズナイト。




↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。