スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東風カブの漬物

イギリスに来て初めて食べたものに、ファラフェルというものがある。

コレ自体は別にイギリスの食べ物というわけではなくて、たぶん北アフリカから中東辺りの食べらしいのですが。
ひよこ豆(空豆なんかもあるらしい)のコロッケのようなもので、いろんな種類の野菜の付け合わせなどとともに食べることが多く、フードマーケットなどの屋台でもよく見かける。

でも今回はそんなファラフェルではなく。
その付け合わせの中によくあるカブの漬物。
ちょっとピンク色で酢っぱくて、和洋問わず漬物好きなワタシの心に引っかかったのです。

これ、家で作れないかしら。

早速レシピを検索したらわりと簡単そうに作れそう
参考レシピはこちら☆

まずはカブを買ってくる。
といってもイギリスのカブはこんなの
pickledturnip01.jpg
ちょっと紫で、日本のようなカブの漬物を作ろうと思うとキメが荒くて大味らしいのだけど。
中東風の漬物はコレで大丈夫そう。

これに色味を付けるビートルート。
レシピでは小さめの1つで良さそうだったけど、個人的にビートルートも好きなので小さめを3つ一緒に漬け込む。
後は月桂樹の葉を1枚とニンニク1片、お酢、塩、水

カブとビートルートは刻んでおき、ニンニクもスライスして煮沸消毒した瓶に入れ
pickledturnip02.jpg

水に塩を溶かして月桂樹の葉も入れて沸かし、冷めたら酢と合わせてカブの入った瓶に流し込む
以上。
pickledturnip03.jpg

コレを1週間程暗くて涼しい室温で保管し、その後で冷蔵庫に入れたら食べられる。
6週間ぐらい日持ちもするらしい。

という事で待ってみました。

pickledturnip04.jpg
1週間も経つと全部が真っ赤になって、どれがカブだかビートルートだかわからない

味見をしてみると結構酸っぱめだけど、ちょっと置いた方が酸味はマイルドになるらしい。

で、ある日の夕ご飯にTがファラフェルを作ったので、付け合わせに
pickledturnip05.jpg
レシピよりもニンニクがちょっと多かったのか若干ニンニク強めですが、なかなかいいお味。

カブもそれなりに美味しいけど、一緒に付けたビートルートもパリパリしてて美味しい。
(カブは大きめの角切りですが、ビートルートは固いかと思ったので薄切りにしました)

さっぱりしてるので、揚げ物の付け合わせにしたり、刻んでサラダに入れたり。
彩りもきれいなのでリピートしそうなお漬物です。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。