スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の気配

空気はまだ冷たいけど、昨日、今日と日差しの暖かさに春を感じた週末。

先週末にはうちの近所は小雪がちらついたりしてて、でも近所の森を散歩したらブルーベルがずいぶん芽吹いていてもう少ししたら一面青く咲くブルーベルが見られるんじゃないかしら。
spring201602.jpg
ついでに、少し先をピョンピョン走ってく鹿を目撃。
キツネやリスはそれほど珍しくもなくなったイギリス暮らしでも、鹿は初めて。

今週末は日差しもあってさらに春めいてきた感じ
spring201601.jpg

先週はニャンコ先生の訃報があって、何かの拍子にふと思い出しては悲しくなったりして。
そのせいか、東日本大震災から5年目だった事もニースなどで目にしつつも心に余裕がなかったせいかぼんやりと通り過ぎてしまった感じで。

今日も日差しを浴びて歩きながら、こんな春めいてきた日に実家の日当りの良い部屋で干したばかりの布団の上でニャンコ先生とゴロゴロしてる時が至福だったなぁ、とか。
ちょっと思い出しホロリ。


それから、ワタシにはこうして春めいてくるとなぜか読みたくなる本がある。
泉鏡花の『春昼・春昼後刻』という本。
短い短編の2編で春のぬるいようなけだるいような、それでいてぞくっとするような、夢の中のような何とも不思議な後味の話。
初めて読んだのは学生の時の春休みでちょうど今ぐらいの季節。
旅行で行った中国の上海から成都行きの2泊3日の電車の中で読んでて、時々顔を上げると車窓に一面の黄色い菜の花畑が広がってたのを覚えてる。
それ以来春になると、時々ふと読みたくなる本。

何となく今、無性にあの本が読みたい。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。