スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸気自動車とクラシックカー

とある週末、家の近くで『蒸気自動車フェア』という看板を見つけ、他にする事も無かったのでちょっと行ってみようかという事になった。

近くと入っても家から車で15分くらいの牧草地みたいなところでやってるらしく。
着いた駐車場はこんな感じ。

steam02.jpg
で、何か妙なものが走ってる。

駐車場から会場までは、隣の牧草地へ移動となるのだけど、ちょうど連絡用の輸送車が来たので乗り込む事に。
トラクターに牽引された荷車のような。
steam03.jpg
気分はちょっとドナドナです。

会場では一応入場料として大人8ポンド徴収。

会場に入るとまずは
steam07.jpg
クラシックカーが整列。

steam08.jpg
ここまで運転して来たんですかね。

続いて、ふれあい動物広場のようなコーナーも
steam09.jpg
柵の外にも・・・左の紫の服のおじさんの連れ、犬かと思ったらヤギでした。

さらに、ふいごで火をおこしての馬車馬用の蹄鉄作りの実演
steam12.jpg

実際に馬に装着するところまで、やってる
steam10.jpg
これ、熱々の蹄鉄を馬の蹄に合わせながら調整していくので、タンパク質の焼ける独特の匂いがします。

ちなみにこの蹄鉄は魔除けとか幸運を呼ぶラッキーアイテムでもあるらしく、昔ワタシが馬術部だった学生の頃、いらなくなった蹄鉄を磨いて文化祭などで売って部費の足しにしたりしてました。
でも、ここで見た馬車馬の蹄鉄は、乗馬用の馬と比べてでっかい!

そんな蹄鉄の鍛冶屋を眺めていたら、横を通り抜けてく1人乗り蒸気自動車が
steam14.jpg

どうやらこれから、本日の目玉の蒸気機関車が大集合。
steam18.jpg

メイン会場に続々と集まって来てます。
steam01.jpg

steam06.jpg

なんかモクモクしてて、風下にいるとなかなか排気がすごいです。
でも普段見慣れない蒸気自動車の集合はかなりの迫力。

このあと、一般客も試乗させてくれたり。

今回、蒸気自動車目当てで見に行ったけど、他にもなかなか盛りだくさんで

steam17.jpg
こんなゴッツい軍用車などもあり

steam16.jpg
タンクの試乗会なんかもあり、

steam13.jpg
マニア向け(?)なクラシックトラクターもあり

steam15.jpg
この辺は売りに出してたりもします。

steam11.jpg
あとは、鷹匠の実演などもあって。

周りの芝生でゴロゴロ飲んだり食べたりしながら、半分ピクニック感覚で鑑賞。

普段見られないものがいろいろ出てきてなかなか楽しいイベントでした。


そうしたら同じ週の平日に、今度は家から徒歩10分ぐらいの芝生の広場でクラシックカーのイベントが開催。

仕事終わって、晩ご飯も食べた夜8時頃ちょっと見に行ってみました。

classiccar04.jpg
昼間からやってたので、すでに帰りはじめてる車も多く、ちょっとまばらですけど。

classiccar07.jpg
クラシックなロールスロイスとか

classiccar06.jpg
昔のタクシーとか

これまた面白い車がたくさん来てました。

classiccar05.jpg
こちらは帰路につく車の列。
みんな普通に運転して帰ってます。


実はウチの大家さんもクラシックカーを所有してまして。
classiccar01.jpg
年に数回、主に夏しか乗らないようなんですけど。

先日たまたま、どこかのクラシックカー・フェアに参加するとかで車庫から出して調整してて。
「ちょっと乗ってみる?」
ってことで隣の村まで20分程、近所のドライブに乗せてもらいました。

classiccar02.jpg
モーリスというイギリスの車で、確か1938年製だったかな。

もちろんシートベルトとか無くて
classiccar03.jpg
写真がブレブレですけど、ドアに年季の入ったこんなロープが付いてるだけ。

でもクラシックカーはシートベルトしてなくても違法ではないらしいです。

乗り心地は悪くなかったですが、独特のエンジンオイルの匂いみたいなのがします。
あと、すきま風が結構くるので冬は寒そう。
でもなんか貴重な体験でした。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。