スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産前日

先日、無事に出産をしました。

人の出産話には興味ないかもしれませんが、貴重な体験だったので出産の事など書いてみます。
ちょっと生々しいハナシもでるかも。

まず兆候は予定日を3日程過ぎた夜中、何か出そうな妙な感覚があってトイレに行こうとしたら、いきなり破水。
陣痛とか全然ないんだけど、とりあえず病院に電話して指示を仰ぎ、Tも起こす。
病院からは、「取りあえず病院に来て」と言われ、一応入院準備の荷物など一通り持って、午前3時頃Tの運転で車で病院へ。
電話で指示されたバースセンターへ行くと、上の階のトリアージに行くよう指示され、病院内をウロウロ。
トリアージでワタシの血圧や心拍、胎児の心拍を40分程測り、特に陣痛もないし胎児も問題ないという事で、一旦家に帰される。

破水して24時間経過すると、母子ともに感染などのリスクが高まるらしいので、家で様子をみて、同日夜までに出産の兆候が出なかったらもう一度病院に来るように指示される。
ワタシも、時々水が漏れるような感覚はあるものの特に陣痛などないのでそのまま帰宅しちょっと休んで普通に朝食をとる。
でも午前10時を過ぎた頃から生理痛のような痛みが時々くるようになって、「陣痛かな?」と。

病院の持ち物リストの中に、スナックや飲み物、とあり、両親学級の時も「食べられる時に食べておいて。産んだ後もお腹が空くかも。摂るなら炭水化物がいいわよ」
と言われていたので、お米を炊いておにぎりを用意。
やっぱ、疲れてる時はお米が食べたい。

そのうちだんだん陣痛が等間隔で頻繁にくるようになる。
午後2時を過ぎたくらいに10分間隔くらいで陣痛がくるようになったので病院に電話すると
「もうちょっと家で様子見て間隔が5分になったらまた電話して。痛みがキツいようならシャワー浴びたりマッサージしたりしてみて」
と言われ。
破水してるけどシャワーは大丈夫なの?と思ったけど、お風呂に入らなければシャワーは大丈夫らしい。
実際温かいシャワーを浴びてる間は、痛みが少し和らいだ気もする。

そのうち間隔は5〜6分くらいになり、再び病院に電話すると
「10分で3回陣痛がくるようになったらまた電話して。それまでは家で待機」
と言われ。
えー、3分間隔ってこと!?
大丈夫?
病院行く途中で産まれちゃったりしない?

ってか、陣痛の間そうとう痛いんですけど、3分間隔で陣痛きてから車のって病院来いって。。。
歩くのもやっとなのに、鬼だ!

と思いつつ、仕方ないので待機してたけど。
この日がまた、9月にしては記録的に暑い30度近い日で、もう汗だくで痛みに耐え。
やっぱキツいので、陣痛が4分間隔くらいになったところで、もう一度病院に電話してちょっと大げさに
「陣痛の間隔が3分間隔になってる」
と言うと、ようやく病院に来てよし、の許可が出ました。

痛みに耐えてヨチヨチ歩いて車に乗り込み、病院に着いたのが午後6時頃。

希望していたバースセンターに通されて、痛みが来たら痛みの緩和にGas & Air (笑気ガス?)を吸うようにと、ボンベにつながったマウスピースを渡される。

で、痛みが来たらコレを吸うんだけど、吸い込みすぎなのかなんだか手や顔から胸元にかけてしびれるような感覚が。
助産師さんにこれを訴えるも「大丈夫、みんなそんなもんだから」と言われ。
でも痺れがくるので出来るだけ吸わずにいたんだけど、痛みはどんどんキツくなるので、だんだんガスに頼るように。
吸っても相変わらず痛いんだけど、多少吸った時の方が痛みが和らぐ気もする。

体の方も、ガスに慣れてきたのかだんだん痺れなくなってきた。
でもガスの副作用か、途中何度かリバース。
もうヘロヘロでゲロゲロ。

一応Tには、出産時の痛みでワタシが暴言を吐いたりするかもしれないけど、それはホルモンとか色々あって本意ではないから気にしないで欲しい、という事を事前に言ってあるけど。

イギリスでは基本的にパートナーの立ち会いがほとんどのようで、事前にも病院への持ち物リストと一緒にパートナーの立ち会いの心得みたいなものを書いた紙などもらいましたが。
病院についてから、Tは隣で励ましてくれたり、飲み物を飲ませてくれたり。
途中何度かトイレまで連れて行ってくれたり、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれました。

ちなみにバースセンターは個室にトイレやシャワーもついてて、産んだ後も同じ部屋で退院まで休めるので、それもあってバースセンターでの出産を希望。

その間にも助産師さんが子宮口を確認。
イギリスでは妊娠中の検診でも基本的に内診とかないので、産むときになって初めての内診。

もう陣痛は1分間隔で来てるのに、どうやら子宮口が出産OKなサイズまでなかなか開かない。
そうこうするうち真夜中をまわって、母体の体力が消耗するので新たな痛み止めとしてPethidineと吐き気予防の注射を打ってもらう。

もうこの頃には、ワタシも意識が朦朧としており注射打たれたのもうろ覚えなのですが。
取りあえず痛みが和らぐならなんでもしてって感じです。

でも結局そこからさらに2時間程様子を見ても、子宮口は開き切らず。
胎児の心拍が下がってきてる事もあって、ついに「帝王切開いきますか」という流れに。

もちろんこれには本人の同意が必要なんだけど、正直この辺りの記憶がワタシの中ではあやふやで。
でもこのままいくと胎児へのリスクが高まるとの事で、二つ返事で合意したような気がする。

そうと決まればバースセンターで出産できないので、病院内の1つ上の階にあるシアターと呼ばれる手術室に移動。

長くなったので、続きます。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ギリギリまで?

さっちゃんです。

無事に生まれておめでとう御座います。

話には聞いたことがありますが、本当に生まれるギリギリまで自宅で待機するんですね?
日本じゃ、考えられないかも?
私の時は陣痛の間が5分になったら入院だった気がします。
特に破水したら、感染予防に入院とか?

今からがもっと大変ですね。
母乳は出ますか?
焦らず、私はマッサージが効果あって、桶谷式がいいと言われていますよ。
乳房の基底部分を移動させる?っぽいマッサージだったかな。

異国の地で風習や文化が違うので大変でしょうけど、頑張って下さいね。

ありがとうございます!!

鍵コメさん:コメントありがとうございます!イギリスの事、というより最近はワタシの個人的な事ばかりで、しかもこの頃ちょっと放置気味のブログですけども、時々でものぞいて頂いてると思うと嬉しいです。
子育てなんて一人相手にするのもなかなか大変で、ここにきて改めて保育士さんとかすごいなぁ、って思います。
これからは子育ての事なども書いてみたりすると思いますが、また時々のぞいていってプロとしてのアドバイスなどもあれば是非伺いたいです!

Re: ギリギリまで?

さっちゃんさん:ありがとうございます。
イギリスのNHSとよばれる国営の医療は、今予算が足りなくていろいろ問題らしく、ギリギリまで自宅待機で産んだ後もなるべく早く家に帰されるようですが、何しろ無料なのでしょうがないのかな、と。
帝王切開でも2泊3日で退院しましたが、その後も自宅に助産師さんやヘルス・ビジターと呼ばれる人が来てケアをしてくれるので、そんなに悪い事ばかりでもない気もしますし。
たしかにこれからの子育ての方が大変そうですが、イギリス流儀の中で頑張ってみようと思います。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。