スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のハギスはベジタリアンで

1月25日はスコットランドの詩人ロバート・バーンズにちなんだバーンズナイト。
スコットランドではこの日、伝統的にハギスを食べるらしい。
ということを聞きかじって、去年の1月25日に初めてハギスを食べてみたのです。
その時の記事☆

ハギスはなんぞや、というと一言でいえば羊の臓物料理。

ところがそんなハギスのベジタリアンバージョンがあるという。
数日前に義母から「ベジタリアンのハギスが意外に美味しかった」という話を聞いて、今年のバーンズナイトにはこのベジタリアンのハギスを頂いてみました。

さっそくWaitroseで入手
Veghaggis02.jpg
ラベルについてるように『Great Taste gold 2011』を受賞。

ちなみにこのGreat Tasteというのはイギリスで言うところの食のアカデミー賞のようなもの!?
で、このGreat Tasteの受賞ラベルのついてるものは、あんまりハズレることがない気がする。
今回も期待が持てます。

さて気になるのは、羊の臓物のベジタリアンバージョンとは何ぞや、というところですが。
原材料を見ると、メインにオーツ麦、水、植物性マーガリン、とあり、その後に豆類や野菜やキノコがポツポツと入っているもよう。

調理方法は、水を張ったトレイに入れてオーブンで70分、もしくはレンジで10分。
ということで、レンジでチンしました。

そういえば去年は家にレンジがなくて、ハギスをひたすら2時間くらい茹でた気がする。
電子レンジ万歳。

出来上がりはこんなかんじ
Veghaggis01.jpg
見た目に、すっごく美味しそう、というものではないのだけど。

オーツ麦がプチプチのモチモチ食感で、かなりしっかり味もついてて。
なかなか美味しかったです。
しかも腹持ちしそう。

去年のハギスは1kgくらいあって、1日では食べきれず、残ったものは翌日の弁当になったり、翌々日にジャガイモと混ぜてコロッケにしたりしてなんとか消費したけど。

今回は3人分のハギスを買ってきたので。
残った分は、翌日付け合わせのジャガイモや野菜と一緒にバブル&スクイークにして消費。
このBubble & Squeak というのは、ロースト料理をしたときの残り物をぎゅっとまとめてお焼きみたいにした、イギリス版の残り物レシピ代表みたいなものです。

見た目はたしかにハギスそっくりで、でもベジタリアンということで味は全く別物だけど。
なかなか美味しく頂きまして。
これはこれでアリかな、と。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。