スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハコ入り娘 〜子連れで一時帰国〜

ただいま日本に滞在中。

5ヶ月半のよっちゃんを連れての里帰り。
よっちゃんにとっては初めての飛行機&外国へ。

と言ってもよっちゃん本人はよく分かってないですが、母ちゃんはもう準備段階からドキドキ。
今回は1ヶ月程になる里帰りなので、Tは後半の2週間程合流する予定。
ということは、行きはワタシとよっちゃんの2人で12時間近くのフライトを過ごすのです。

ちょっと高いけど飛行機は直行便で。
だって乳児連れで乗り継ぎなんて、なんだかハードル高くて。

使ったのはBritish Airways。
座席の予約時にバシネットが付けられる席を予約。
バシネット自体は搭乗時に客室乗務員にいうと、離陸後に取り付けてくれました。

BAのバシネット、こんな感じです。
BA_carrycot01.jpg
ベビーベッドっていうよりは箱ってかんじ。

この写真は座席に座った状態で撮ったんだけど。
見ての通り、位置が高いので座席からは中が見えない。

ワタシのように160cmもない小柄な人には、赤ちゃんを中に入れるのも、よっこらしょっと持ち上げないと入れられない。

中に入ったよっちゃんは
BA_carrycot02.jpg
こんな状態です。
この箱を固定するベルトが顔のところにかかってて、邪魔&赤ちゃんを入れにくい作りになってます。

とは言え12時間近いフライトで、よっちゃんは半分ぐらいはこのバシネットの中で寝てくれたのでだいぶ助かりました。
このバシネット、航空会社によって規定は違うようだけどBAでは12kgくらいまでの赤ちゃんだったら入れられるようにはなってますが、5ヶ月半のよっちゃんが入って上下パツパツ。

もう少し大きい赤ちゃんにはチャイルドシートの貸し出しがあるようなので、よっちゃんも帰りはそちらにしようかと考えてます。

今回空港まではTが送ってくれて荷物のチェックインも手伝ってくれたし、搭乗口までベビーカーを持ち込めたし(ただし畳んだ時に航空会社指定のサイズに収まる大きさのもの)、日本の空港には両親が向かえに来てくれたので、荷物はそれほど苦にならなかったのですが。

到着荷物を受け取ってから到着ロビーにでるまでの、ベビーカーとスーツケースを両方引いてた短い期間にちょっと無理をしたようで、出産後から煩っていた手首の腱鞘炎が悪化してしまいました。。。

それにしてもよっちゃん、生後半年経たずに海外旅行かぁ。
ワタシの初海外旅行は19歳、初飛行機は20歳の時だったのになぁ。


↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先回のコメントへの返信ありがとうございます♪

そして赤ちゃん連れでのフライトお疲れさまです。赤ちゃん連れての外出は一苦労なのに、長旅はハードルが高いですね。近い将来私も赤ちゃん連れで里帰りを考えているのでそれまでにもっと外出経験をつまなくてはと思います。

手首の腱鞘炎ひどくなりませんように、そしてゆっくり楽しい滞在となりますように。

Re: No title

Maggyさん:ワタシも最初の2ヶ月くらいは赤ちゃん連れの外出は一苦労でかなり出不精になっていました。自分のカラダも万全じゃないですしね。
でも、周りの友人たちに言わせると、まだ歩いたり出来ないうちの方が飛行機とかは楽らしいですよ。

腱鞘炎の方は、おかげ様で日本で整形外科にかかってほぼ直りつつあります。
GPでは「温めてマッサージしとけばいいから」で全然良くならなかったので、やはり専門医に行くべし、と思う今日この頃です。
プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。