スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れで一時帰国 〜復路〜

気がついたら前回のブログから1ヶ月以上も経ってました。

楽しかった日本への一時帰国も終了し、後ろ髪を引かれる思い出イギリスに戻ってまいりました。。。

前回往路の飛行機のバシネットについて書いてみましたが、帰りは同じブリティッシュ・エアウェイズですがバシネットの位置に取り付けるタイプのベビーチェア(?)を用意してもらいました。

こんなの
BA_carrycot03.jpg
ただしこれは足元のバーが少し浮いてて、本来あるべき位置よりもリクライニングしてしまってる状態です。

この状態でよっちゃん昼寝してくれたんだけど。
後で気がついて本来あるべき位置に座面を戻したら、よっちゃん全然寝てくれず母ちゃんは苦労しました(涙)

一番座面を起こすとこんな感じ
BA_carrycot04.jpg

でも行きの箱形バシネットよりは、こちらの方が子供の出し入れはしやすかったです。
ベビーチェアについてるハーネスの留め金のプラスチックが少し割れてて、とっても止めにくかったですけども。


さて今回の一時帰国は、4月上旬まで日本にいられるたので期待したのは桜の花。
ちょうど満開が見られることを期待してたのですが。。。

3月22日に東京が開花宣言したにもかかわらず、それから寒くて全然桜が開かない。
4月に入っても3分咲き行くかどうかという微妙なところで。

帰る前日も近所はこんなかんじ
2017blossoms01.jpg

ワタシはもっとこういうのが見たかったんですよ
2017blossom03.jpg
(数年前の千鳥ヶ淵)

しかも。
イギリスに戻って来てみれば、イギリスは3月がポカポカ陽気だったみたいで既に葉桜になりかけてる。
どちらも満開を見逃したのです。

ワタシ、昔から花見には人一倍気合い入れて参戦するタイプでして。
誠に無念。

あとは、今回の一時帰国は初めての乳児連れということで、思わぬ粗相等に備えてスーツケースの半分くらいが子供の着替え。
しかもイギリス帰国の数日前におむつパックを使い切って新しいパックを購入したので、大量のおむつが余っており。
これを実家に置いておいてもしかたがないので、帰りのスーツケースは子供の着替え&おむつでスーツケースがほぼいっぱいという展開。

貴重な日本食がほとんど持って帰って来れなかった。。。

2017spring02.jpg
誰も見たくないかもしれませんが、クッション材がわりにおむつを敷き詰めたスーツケースの写真も載せておきます。

夫のTは仕事の都合で3月の後半からワタシ達に合流したのですが、帰りの飛行機は同じ便の値段がべらぼうに高かったので別便にて一日早く帰国して、ワタシ達の帰国便に合わせて空港に向かえに来てくれました。

ということで、結局行きも帰りもよっちゃんと2人で飛行機搭乗となったのですが、客室乗務員の方々がかなりいろいろと気を使ってくれたのと、よっちゃんがまあまあ良い子でいてくれたので、なんとかなりました。
しかも帰りの便では、少し空席があったので3人掛けの中央にワタシの席を取って両隣を空席にしてくれるという粋な計らい。
バシネット取り付け可能な席は足元に荷物が置けないので、隣を空席にしてもらったのはすごい助かりました。


余談ですが、今回の来日でTがブルボンのルマンドを大変気に入り、ワタシが帰る時の荷物にルマンドを持てる限り買って来て欲しい、との要望があり。(Tの荷物にもすでにルマンド入ってマス)
スーツケースは既にパンパンで、ルマンド詰め込んだら粉々になりそうな様子だったので、仕方なく手荷物でルマンド持ち帰り。
だもんで、機内持ち込み手荷物の中身はほぼおむつとルマンドという異例の事態。



↓ポチッと頂けると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。