スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車で交通違反

イギリスでは自転車は基本的に車と同じ扱いでルールも車に準じてます

でも大通りを右折するときは中央分離帯に寄って車と同じように曲がるのがわりと怖い。
特に片側が二車線以上あると、走る車の間を縫って道路の真ん中走るのがかなり怖い。

先日市街地の交通量の多い大通りを自転車で右折しようとしたときのこと。

二階建てバスなんかの隙間を抜けて右折できる自信がなかったので、日本の原付のようないわゆる二段階右折を試みた訳です。

直進から方向転換して二段階目。
車も来てなくて歩行者が渡りはじめたので、つい一緒に渡ってしまったところで・・・
Σ(゚ロ゚;) 警察官が二人


ピッピー「はい、そこの自転車の君!歩道に寄せて止まって!!」


やってしまった・・・車両の信号はバッチリ

警官「君、なんで止められたか分かってる?」
私「はい・・・」
警官「これからちょっと調書とるからそこに自転車止めて」

とここでまた、
ピッピー「はい、そこの自転車の君!歩道に寄せて止まって!!」

と、私の後から来た自転車が止められてました。
ちなみに私の前にすでに二人ほど調書をとられていました。

むむー、つい渡っちゃいたくなるところで取り締まりしてるんだよね、これが。
こりゃ一本取られました

とか言ってる場合じゃなくて

こちらの紙をもらい、罰金30ポンド、もしくは指定日時の交通安全セッションに参加で罰金免除ということになってしまいました。


結局後日、消防署で開かれた違反自転車セッションに参加。

自転車事故の悲惨さを物語るビデオと、実際にトラックの運転席から自転車がどう見えるのかという実技研修を受けて参りました。

帰り際には、反射板やホイッスルなどの安全グッズまでお土産に頂いて・・・

会場には自転車で行ったのですが、帰り道は違反にビクビクするあまりなかなか右折のタイミングがつかめず、本来なら片道3、4Kmのところを12、3Kmのものすごい遠回りをして帰ってきました。


↓ポチッと頂けると励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。