ロンドンの夏至

今日は夏至。
イギリスに行って思ったのは、夏の日の長さ。

サマータイムで1時間ずれているのを考慮しても長い!
わたしが2年間住んでたバーミンガムはロンドンよりもさらに北でロンドンよりさらに10分くらい日が長い。

バーミンガムの本日の日没は午後9時34分
ちなみに東京は午後7時1分
でも実際の日の入りが一年でもっとも遅いのは夏至の1週間後くらいらしい。


夕食前にちょっと一杯と午後6時くらいからパブで飲みはじめ、外が明るいので調子に乗って飲んでて気が付くと10時近くなってたりすることもしばしば・・・(ll゚Д゚ノ)ノ

去年2010年の夏至の日はロンドンにいて、夏至の夜のイベントでもないかと探してみたところ、ロンドン市庁舎にてクラシックのコンサート(無料)とのこと。
仕事が終わった午後7時過ぎに早速行ってみた。

ロンドン市庁舎(Guildhall)は金融街、通称シティのど真ん中
前の広場になにやらピアノが並んでる
2010_geshi_02.jpg

2010_geshi_01.jpg
ピアノは中古で一つ一つペイントしてあって、ご自由にお引きください、みたいに放置。
かわいい。

そして午後7時過ぎ、まだこんなに明るい。

イベントはどうやら9時過ぎから始まるらしい。
ので、一度出直す。


再び、9時過ぎ
2010_geshi_03.jpg
ようやく薄暗くなってきたところで、ピアノの上のろうそくに火が灯され、演奏者の音大の学生さんたちが着席。
演奏が始まる。

弾いていたのは、ショパンの「21のピアノのための夜想曲」
2010_geshi_05.jpg


途中強風によりろうそくの火が、一台のピアノの裏のビニールカバーに燃え移るハプニングあり。

日も暮れて、空の色が刻一刻と変わってくのを眺めながらショパンを聴く。
なんか風流

演奏が終わった10時半過ぎにはようやくとっぷり日も暮れる。
2010_geshi_06.jpg

一年で一番日の長い日の夕暮れ、ちょっと素敵なひと時でした。
この日、天気がよかったのもラッキー。



↓ポチッと頂けると励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ロンドン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR