スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの結婚式 day4

ついに最終日を迎えたインドの結婚式。

4日目は朝8時くらいにホテルに送迎のバスが来ました。

会場は3日目と同じレセプションホールのようなところ。

私と、マレーシア人のKちゃんはそれぞれサリーを頂いて、新婦Aちゃんの親戚のおば樣方4、5人に囲まれて着付けしてもらいました
kekkonshiki05.jpg
Tのほうは若い男衆と一緒に、たぶん南インドの民族衣装を着用

そうして始まった結婚式4日目
これが(たぶん)メインイベントです。
kekkonshiki04.jpg
まずは外に出て、騎馬戦のような感じで担がれた花婿が花嫁に花輪を首にかけようとして、押し問答の末に成功。
拍手が起こって、みんなが写真を撮る。
わたしもよくわからないまま皆にならう。

次に生花で飾られたベンチに移動
RIMG7244.jpg

RIMG7218.jpg
足下にはなにやら小道具が
この肉団子みたいに見えるのは、染料で色付けしたライスボール

「これ後で放るから、あんまり近くで見てると米団子が飛んできて色がついちゃうわよ。」
って、参列してたおば様からアドバイスを頂きました。

で儀式が始まったのですが、祈祷師らしき人が何やらお経のようなものを唱えては、親族の女性達が新郎新婦の足下にミルクをたらしたり
kekkonshiki07.jpg

水差しで水を注ぎながらぐるぐる円を描いてまわってみたり
kekkonshiki06.jpg
よくわからないままに儀式は粛々と執り行われて行きます。

一応新婦のAちゃんから事前に『ヒンドゥ結婚式のしおり』みたいなのを貰ってて、そこに儀式の手順や意味もだいたい書いてはあるんだけど、初めて見るものばかりでなかなか分からない。

時々まわりのインド人参列者から「ちょとそのしおり貸して」って言われて。
貸したら、今何やってるのか確認してたから「なんだ、みんなが分かってるわけじゃないわ」ってちょっと安心。

次に室内に移って、儀式続行
室内だけど、ステージの上で火焚いてる。
RIMG7292.jpg
火災報知器とかついてないんだろうな・・・

時々両側にある送風機からすごい勢いで花びらをまき散らしたり
RIMG7278.jpg
これの風力、けっこう激しい

でも日本の結婚式よりも緩いかんじで、式の最中もみんな会場うろうろ、出たり入ったり。

ちょっとタバコ吸いに行ってきたり、ちょっとお茶してきたり、ちょっとご飯食べてきたり。

自由だなぁ。

ステージのたき火の煙で目がしょぼしょぼしてきたころ、周りのおば様達に
「ねぇ、ご飯食べた?お腹すいてきたでしょ。隣の部屋にお昼用意してあるから、ご飯食べてきちゃえば?」

と言われ、儀式の途中で抜けて出て隣の部屋に行ったら、結構な大広間でみんな入れ替わりでやってきてご飯食べてる。

式の途中だけどね。

なので私たちもご飯頂きました。

座ってると、配膳係がやってきて、給食当番のようにバケツに入ったおかずを一品ずつ盛ってくれる。
RIMG7317.jpg
お皿はバナナの葉っぱです。

食べ終わって戻ったら、まだ儀式続いてます。
RIMG7288.jpg
花嫁がホロリと涙を流してたけど、お嫁に行く感慨なのか、たき火の煙にやられたのか分からないくらい、部屋はモクモク。

結局式が終わったのが午後3時くらい。
なんか、新郎新婦がぐったりしてた。

このあと一旦ホテルに戻って、夜は披露宴です。

せっかくサリー着たので、このまま着て夜も出たいと思ったら、着付けを手伝ってくれたおば様に
「あら、ダメよあなた同じ衣装なんて。普段着でも何でも良いから違うのに着替えてらっしゃい。」
って言われました。

結婚式、4日も続くともう着る衣装がないです。。。
しかも、朝と晩で違うもの着るとなると。

日本から持ってきたワンピースと、現地で買った衣装2着、本日着たサリー(でも朝着たので、夜には着回せない)しかないので、仕方なく日本からのワンピースを再び着て、夜出かけました。
インドの結婚式、衣装はたくさん必要デス。

RIMG7318.jpg
夜は、昼間よりさらに一回り大きな会場。
結婚式、日を追うごとに会場が大きくなって行きます。

ここでも、飲んで、食べて。

新郎新婦はステージの上で、順番にゲストと写真を撮ってましたが、だいぶ疲弊している様子。

kekkonshiki02.jpg

でもカメラを向けられると笑顔で対応していたAちゃん、お疲れさまです。

この結婚式が終わったら、新婦の実家のある南インドのチェンナイに行って、また現地のお寺とかをいろいろ回らないといけないのだそうで、まだしばらくは休めない、と。

これ、新郎新婦とその親族にとってはほんとに体力勝負だと思います。

加えて新婦の方が全部出資するようなので、新婦の父も大変。
マハラジャでも娘が3人いたら結婚式費用で破産するってどこかで聞いた気がするんだけど、それだけお金かかってるってことらしいです。

でもおかげで、貴重な体験が出来ました。


↓ポチッと頂けると励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : インド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。