イギリスの電車のチケットがややこしい!

今月、仕事でバーミンガムとロンドンの間を何度か往復する機会があって、前もってオンラインでチケットを予約したんだけど、その過程がなんだかとっても分かりづらくてめんどくさい!

まずNational Railのホームページから乗車駅と降車駅、日時を指定して検索。

すると指定した前後の時間の電車の詳細情報やチケットの値段が出てくる。

ここまでは割とスムーズ。

近い時間帯で一番安いチケットがハイライトで出ているので、それを指定。
ちなみにここでは往復で指定。

ちょっと時間はかかるけど安いチケットがロンドンーバーミンガム間の片道6ポンド、往復で12ポンド。

かなりお得な感じなので、ポチポチと選択して[Buy Now]をクリック

するとLondon Midlandという鉄道会社のウィンドウが開くんだけど、National Rail のページで表示されてた安いチケットが出てこない。

よくわからないので、National Railのページに戻っても、そこから直接チケットを買える方法が出てこない(あるかもしれないけど分かりづらい)

仕方ないので、今度は行きと帰りを片道ずつで検索。

するとやはり片道6ポンドのお得なチケットが表示されたので、まずは往路をポチっと選んで[Buy Now]をポチッとすると今度はGreater Angliaという鉄道会社のウィンドウがオープン。

まずは名前などの情報を登録するように求められていろいろ登録してログイン、そこで往路片道6ポンドのチケットをゲット。

続いてNational Railで復路を片道で検索すると、再び安いチケットが表示されるので選択して先に進むと、今度はCross Countryという鉄道会社のページがオープン。

ここでもログイン情報を登録するように求められて、言われるままに登録してログイン。

結局往復バラバラで別の鉄道会社から買うことで、お値段は当初の据え置きだったけど、めんどくさい!

さらにこれとは別にもう一枚、別の日程でバーミンガム→ロンドンの電車のチケットが必要だったので、再びNational Railで検索、選択、で先に進めたところ、今度はVirgin Trainsのページが開いて、再びログイン情報の登録を求められ。。。

同じ区間を走るのに、切符一枚買うたびに毎回違う鉄道会社にログインして買うのとか、意味がよくわからない!

ちなみにNational Railでチケットのオプションで鉄道会社も選べるんだけど、同じ路線を9つの鉄道会社が運行している模様。


むむー、あんまり意味がよくわからないので調べてみたところ、もともとBritish Rail(国鉄)が1994年に民営化。
国鉄を数十社の民間会社が継承し、それぞれ独自に列車を運行。

一応共通ブランドである「National Rail」のブランドを用いて切符の共通化などが行われてるようですが・・・

うーん、分かりづらい。
とっても分かりづらいです。

なんか、もっとわかりやすい、素敵なシステムにならないかしら。

と思っているのはワタシだけではないハズ!


↓まぁめんどくさいと思った方も、安くチケット買えたんだからいいんじゃないという方も、ポチッと頂けると励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR