Street Art バーミンガム編

イギリスの産業革命で栄えた街バーミンガム。

重工業で栄えた時代、街が煤煙で黒一色となりスモッグで太陽が隠された様子は「ロード・オブ・ザ・リング」の暗黒の国「モルドール」のモデルにもなったとか(Wikipediaより)

でも、第二次大戦中の大空襲で破壊された後、1960年代の無計画な都市再建設で素敵とはほど遠い、パッとしないコンクリートの建物が多いバーミンガム。

インドやパキスタン系の移民が多く、名物はバルチというカレー。

バーミンガムには2年住んでたけど、観光に来た人をどこに案内していいか分からずどうしよう、というような名所の少ない街でした。

でも3年ぶりに訪れたら、街の中心部の再開発で図書館やらターミナル駅やらが変身。街のいたるところで再開発が進んでるようでちょっと街中も様変わり。

そんなバーミンガムで数少ないアートシーン、カスタード・ファクトリー周辺で見つけたストリート・アートなどを載せてみます。

そもそもカスタード・ファクトリーとは、その名の通り昔カスタードの工場があった建物を利用して、ギャラリーやデザイナー系のお店、イベントスペースの入った複合施設。

市街地から徒歩10分ほどの廃れて廃屋となった工場の多いエリアにあります。(くわしくはこちら)

こちらが、そのカスタード・ファクトリーの建物
Br_art01.jpg
ネクタイ締めてお出迎えです

昔のカスタードの名残
Br_art03.jpg

Br_art05.jpg
周辺の列車の高架下にはこんなのや

Br_art04.jpg
こんなの

Br_art06.jpg
こちらは、既存のアンテナを活かしてます

Br_art07.jpg
"Mmmm Custard"って。リアルでわりと恐い

こちらはカスタード・ファクトリーの入り口前
Br_art09.jpg

カスタード・ファクトリー内部
Br_art10.jpg

Br_art08.jpg

4年前に住んでたときよりお店も増えてて、行った時には閉まってたけどお洒落な家具とか、ドレスの仕立て屋さんとかが出来てました。
Br_art11.jpg

イギリス人にもあんまり素敵な印象のないバーミンガム、アートや文化的なものも元々少ないところなので、少しでもアートシーンが広がってて嬉しいです。

↓ポチッと頂けると励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まや

Author:まや
2008-2010年の留学でイギリスに滞在。イギリス人のTとの結婚を機に2013年から再びイギリスに住むことになりました。
ことあるごとに心折れそうな英国生活と日々格闘。
在ロンドン。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
年別アーカイブ
このブログの記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR